06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ぶらり歩けば 

ぶらり歩けば

日曜日…多くの人が街にあふれる。
デパートやスーパーはふくれあがり、駅には人の波が高くうねる。
お隣の町、小倉や黒崎、博多にまで買い物に出かける人、リュックを担げば九州にしか山はないとでも言いたげな足取りで闊歩する人、遊園地や温泉などの観光地めざしてうきうきと改札口を走り抜ける人、人、人、
いつの頃からか、私たちはレジャーに踊らされるようになった。

日曜日…。
出かけるには些か億劫だし、それに金もない。
中にはそんな人もいる。
何の目的もなく雑踏に紛れ込んでうろつき、ただ時間を潰して帰ってくる。
そんな人もいるに違いない。

日曜日だから…。
どこかへ出かけなければ気が済まないという子供が、近頃は多いという。
子供同士で遊ぶ方法を知らない現代っ子たちは休日を待ちかねて、デパートや行楽地へ「行こうよ」「連れてってよ」と親にねだる。
パパゴン、ママゴンと呼ばれる親たちもまた、子供達を放任することが出来ず、急に相互を崩して一緒に出かけることになる。

日曜日…。
前夜から降り続いていた雨が昼過ぎに上がる。
新聞を隅々まで読み尽くして、あとは何をするでもなく退屈を囲っていた顔が、からりと晴れた青空を見上げて明るくなる。
だが、もう改まって出かけるような時間ではない。
そんな時、下駄をつっかけてぶらっと歩く近くの小路や小丘を歩いてみる気にはならないものか。

すみからすみまで、下関のことは何でも知り尽くしているという人は多い。
しかし、そんな人は大抵、赤間神宮、住吉神社、功山寺、水族館などを頭に描いているだけに過ぎない。

パンフレットで紹介され、絵葉書で売り出されたそれらも、下関の一つの顔であろう。
常に上品ぶって心の内奥を見せてくれない他所ゆきの顔だ。
だが、本当の姿はそんなところになんぞあろうはずがない。

下関の、もっとも下関らしい顔は、街を歩いていてふと眼に止まった路地に何気なく入ってみることにより接することができる。

一人通れば、野良犬でさえも避けなければならないほど狭い急坂を登ってみよう。
石垣の途切れたあたりに遠く海峡の波が光っていたりすると、私たちは永い間忘れていた下関の生き様をそこに見る思いがするに違いない。

ベンガラ色の出格子のそばに昔ながらのお地蔵さんが新しいよだれ掛けを貰って嬉しげであったり、響灘に落ちる太陽が真っ紅に染まってくるくる回るさまが谷あいの家並みを通して眺められたり、思わぬところに素晴らしい風景が私たちのまわりにはあるものだ。

何も考えずに、気軽に歩いてみるのもいい。
お寺の境内に佇んで天を衝くような古木を見上げるのも楽しいだろう。
墓地に入って歴史で名高い人の名前を見出しても、それがどんな人であったかなどは考えまい。

とにかく、自分の住んでいる町を歩くことから始めよう。
何度も何度も、暇をみては歩き続ければ、やがてそれらの路地や神社仏閣についても、いろいろ知りたいと思うようになる。
お墓の人物の事蹟を調べるのは、それからでも良いわけだ。

だから、ぶらたん氏も、むつかしいことはあえて考えず、ひたすら関の町を歩くことにした、とまあこういう訳である。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:39 [edit]

category: ぶらたん

TB: --    CM: 0

09

カラマツ 

やまぐちの山と自然より
カラマツ 10月
IMG_2978_20180709163423f0c.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:34 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

09

馬糞が岳 

やまぐちの山と自然より
馬糞が岳 7月
IMG_2977_20180709163202609.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:32 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

09

水之尾山 

やまぐちの山と自然より
水之尾山 11月
IMG_2976_20180709162944a8e.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:29 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

09

オオイワカガミ 

やまぐちの山と自然より
オオイワカガミ 5月
IMG_2975_20180709162716cca.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:27 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

09

柱穴 

炭鉱 有限から無限へより
柱穴 10月
IMG_2974_20180709162008726.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:20 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

09

楊貴妃の墓 

楊貴妃の墓


美女の死はさまざまな伝説を生む。
県内にも、各地に小野小町などの墓が残る。
これら美女伝説の中でもひときわ雄大なスケールを誇るのが、大津郡油谷町に伝わる楊貴妃伝説。
同町久津の二尊院には、十数基の小塔に囲まれた彼女の墓がひっそりと立つ。


温泉の水滑らかににして凝脂を洗ふ、と白楽天に歌われた楊貴妃。
その美しさは唐朝六代の玄宗皇帝を迷わせ、その子、寿王の妻だった彼女を自分のものとせずにはおかなかった。
二人の狂おしいまでの愛の日々。
名君と呼ばれた玄宗は政務をかえりみることなく、ついには安禄山の乱を招く。
そして、都長安を捨てて敗走する途中も、玄宗は彼女をそばから離そうとしなかった。
その姿に兵たちは命令を拒み、その殺害を迫り、楊貴妃は自殺する。

実は、彼女は死ななかった。
その死を見届けることを命じられた高力士はひそかに彼女を空ろ船(アシの船)に乗せて逃がす。
黄河を下った船は対馬海流に乗り油谷湾へ。
海岸に着いたとき楊貴妃はすでに息絶えだえで、ようやく「自分は唐の楊貴妃」と言い残して死んだ。
それを手厚く葬ったのが二尊院の墓という。

この話には後日談がある。
乱が鎮圧されたあと、都に戻った玄宗の夢まくらに楊貴妃が立った。
「私は日本で死んだ。しかし、今もって菩提を弔ってくれる人がいません」
彼女を忘れきれなかった玄宗は、大切にしていた印度の名仏師が刻んだ釈迦と阿弥陀の二体の仏像と十三重の石塔を供養のため日本に送る。
しかし、仏像と塔は油谷町へ届かず、京にある同名の二尊院に。
油谷町の二尊院側は引渡しを要求したが京の二尊院は拒否し、朝廷に訴えるまでの騒ぎになったという。
採決は「油谷側の訴えももっともたが、貴重な仏像を都から出すのも困る。半分ずつにしろ」というもの。
当時、日本一といわれた仏師、天照春日に偽物二体をつくらせ、京と油谷町で本物と偽物を一つずつ分け合ったという。
現在、京の二体は国宝、油谷町の二体は重要文化財に指定され、萩に移された石造り十三重塔も県文化財になっている。

しかし、楊貴妃の墓、仏像、十三重塔はすべて鎌倉後期のもの。
楊貴妃の生きた奈良時代とは大きく食い違う。
名もない墓をめぐる話は他にいくつもある。
二尊院の住職、田立智満さんは「あれは安徳天皇の墓」という。
「油谷町に平家が落ち延びたのは宗清などの地名から確か。
二尊院の紋は皇室と同じ十六弁の菊だし、墓が土地の風習に反し東を向いているのも都を望む心」

いずれにしろ、ひっそりと海をながめて立つ墓には、故郷を離れたものの持つ寂しさがただよっていた。


防長紀行第三巻 民話の里 マツノ書店刊より
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:13 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

09

沖ノ山電車坑道 

炭鉱 有限から無限へより
沖ノ山電車坑道
IMG_2417_20180709160944e69.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:09 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

09

馬車での運搬 

炭鉱 有限から無限へより
馬車での運搬(昭和14年)
IMG_2416_20180709160710be2.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:07 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

09

王子炭鉱 

炭鉱 有限から無限へより
王子炭鉱
IMG_2375_201807091603378a3.jpg

IMG_2376_20180709160338065.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:03 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

09

沖ノ山炭鉱 

炭鉱 有限から無限へより
沖ノ山炭鉱(大正3年)
IMG_2374_20180709160054f75.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 16:01 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

09

東見初炭鉱 

炭鉱 有限から無限へより
東見初炭鉱(昭和10年代)
IMG_2372_201807091557504e6.jpg

IMG_2373_20180709155751d27.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 15:58 [edit]

category: 炭鉱

TB: --    CM: 0

09

下関観光検定065 

【質問】

明治39年に赤煉瓦造りの洋館が、唐戸町に造られました。
この建物は、現在国の重要文化財となっています。
なんという建物でしょうか。

【答え】

旧下関英国領事館

【解説】

四国連合艦隊の下関襲来に通訳として参加、のち英国の駐日公使となったフーネスト・サトウの進言によって、下関に英国領事館が設置されたのが明治34年でした。
最初は赤間町で事務を取り扱い、まもなく西南部町の瓜生商会店舗内に移転。
それから五年後の明治39年に煉瓦造り瓦葺二階建ての領事館が建設されました。
領事館としては現存最古の建物。
平成11年に国の重要文化財となっています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 15:53 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

09

白滝山 

やまぐちの山と自然より
白滝山 10月
IMG_2973_201807091551084f1.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 15:51 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

09

寂地杉 

やまぐちの山と自然より
寂地杉 4月
IMG_2972_201807091548541c2.jpg
関連記事

Posted on 2018/07/09 Mon. 15:49 [edit]

category: やまぐちの山と自然

TB: --    CM: 0

09