10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

城下町長府のプロフィール 

城下町長府のプロフィール


 本州の西端山口県下関市にこの町があります。この城下町長府の歴史は古く、この地が「古事記」や「日本書紀」などの記録の上に登場してくるのは今から約1800年前の西暦193年、仲哀天皇・神功皇后が西国平定に際し、この地に仮皇居として豊浦宮(現、忌宮神社)を置かれてからと伝えられています。
 大化の改新(645年)以降、この地方は穴門、阿武の二つの国が合わせて長門の国となり、その国府(役所)が、ここ豊浦に置かれていたことから「長門の国の国府」がつづまって、長府と呼ばれるようになりました。次いで古代貨幣「和同開珎」の鋳銭所が、現在の長府覚苑寺あたりに置かれていました。当時、全国では武蔵をはじめ5ケ所で造られたことがわかっていますが、場所が特定出来るのはここだけです。また、聖武天皇の時代に、国の守りとして奈良に東大寺が、各国の守りとしてここ長府にも国分寺、国分尼寺が建てられました。
 壇之浦の戦いで源氏は長府満珠・干珠の島の周辺に陣を構え、平家を滅亡させます。ここから武家政治が始まり、長府には守護職が置かれましたが、南北朝対立や戦国時代の争乱期には、その中心的地位を失ってしまいました。その後、戦国時代には毛利元就に追われた大内義長が、長府功山寺で自害します。そして毛利元就自身も九州平定のために長府に本陣を構えるのです。また、戦国時代の武将として人気の高い豊臣秀吉も長府を訪れています。
 時代が移り、中国8ケ国を支配していた毛利氏は、それまで長門国他の領主であった毛利秀元(毛利元就の4男・穂田元清の子)を豊浦郡の全域を藩領として、大内氏の家臣である内藤隆春がいた長府の串崎城を再建し長州藩の支藩として長府藩をおこしたのです。(この秀元は豊臣秀吉から信頼厚く、秀元の“秀”は秀吉から与えられたものです。また、秀吉が母危篤のため佐賀から大阪城へ戻る途中、関門海峡で座礁した祭にはこの秀元が救出しました。)
 そうして、長府の城下町としての歴史が始まったのです。そして、城に近い場所には大身の武士を置き、外れるに従って軽身の家臣屋敷を配し、山陽道に沿って町人が住む形が設けられるという、城下町としては珍しい配置で中世以来の町並みの構成が重んじられた結果ではないかと言われています。残念ながら城は徳川幕府による一国一城の令により取り壊され、現在は石垣のみが残されています。
 また、長府といえば忘れてはならないのが、明治維新の中心として活躍した奇兵隊や長府報國隊の拠点として深く関わった地でもあり、高杉晋作や坂本龍馬ら多くの志士たちが、この地より日本の夜明けのために奔走しました。特に高杉晋作がわずか80人を率いて起こした功山寺挙兵は有名です。この挙兵がやがて、武士の時代を終わらすことになったのです。
 また、日露戦争で活躍した乃木大将が幼年期この地で過ごしたのです。昭和には、東洋一と言われた下関水族館が開館し、水産都市のシンボルとしてくじら館が建築されました。
 春夏秋冬、土塀(練塀)から見える四季折々の花や川沿いの草花を愛でながら、また、歴史的な町並みに往時を偲びながら、のんびり散策してはいかがでしょうか。


長府観光協会ホームページより
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 13:36 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

30

湯の原ダム 

ふるさとの水 より
湯の原ダム
IMG_2617_20171130133404925.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 13:34 [edit]

category: ふるさとシリーズ

TB: --    CM: 0

30

歌野川ダム 

ふるさとの水 より
歌野川ダム 菊川
IMG_2616_201711301331196b2.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 13:31 [edit]

category: ふるさとシリーズ

TB: --    CM: 0

30

歌野川 

ふるさとの水 より
歌野川 菊川
IMG_2615_20171130132905b4d.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 13:29 [edit]

category: ふるさとシリーズ

TB: --    CM: 0

30

中山渓 

ふるさとの水 より
中山渓 菊川
IMG_2614_20171130132632361.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 13:26 [edit]

category: ふるさとシリーズ

TB: --    CM: 0

30

功山寺 

功山寺(こうざんじ)


鎌倉時代創建、唐様(からよう)建築の美しさを保つ仏殿は、わが国最古の禅寺(ぜんでら)様式を残しており、国宝に指定されています。
また数々の歴史の舞台となったところで、毛利元就(もとなり)に追われた大内義長(おおうちよしなが)が自刃(じじん)したり、高杉晋作が明治維新の転機となる旗揚げをしたところでもあります。
初代秀元(ひでもと)をはじめ9人の藩主達の墓が仏殿裏にあります。
大内義長のものと言われている墓は、裏の墓地の奥まったところにあります。
また、坂本龍馬の盟友、三吉慎蔵のお墓もあります。桜と紅葉の名所です。
 
四季折々の花情報
[桜] 約30本
見ごろ:例年4月上旬~中旬
[紅葉] 見ごろ:例年11月中旬~12月上旬


維新回天の挙兵

元治元年(1864)、長州藩は存亡の危機にありました。
7月の禁門の変、8月の馬関戦争惨敗。さらに追い討ちをかけるように、幕府による長州討伐計画が進んでいました。
俗論(幕府恭順)派が主導権を握る長州藩はこれを恐れ、三家老切腹、藩主の蟄居謹慎によって幕府に従う姿勢を示したのです。
このとき敢然と立ち上がったのが高杉晋作でした。
都から落ちのびていた三条実美ら五卿を前に、わずか80人を率いて挙兵した晋作は、「これより長州男児の肝っ玉をご覧に入れ申す」と告げ、萩藩新地会所を急襲。
後に続いた者たちとクーデターを成功させ、長州を再び討幕へと導きました。
この功山寺挙兵をきっかけに、維新が大きく動きます。
「動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し」。まさに、日本の歴史を変えた瞬間でした。


国宝仏殿開扉と秘宝展

通常公開していない国宝仏殿の内部を、このたび4年ぶりに開扉し、「二十八部衆立像のうち現存する23躯」等の秘宝展が、下記の通り開催されます。
1.期間:平成24年、25年、26年の3年間
     毎年 春期(3月15日~6月15日)、秋期(9月15日~12月15日)
     時間 9時30分~17時(最終入館:16時30分)
2.仏殿拝観料 一般500円(20人以上の団体は400円)
  総合拝観料(仏殿、法堂・書院) 一般700円(20人以上の団体は600円)
  小・中学生は無料
3.見どころ
  仏殿内:千手千眼観音菩薩坐像、二十八部衆立像のうち現存する23躯など
  法殿・書院(七卿潜居の間)等:釈迦牟尼仏座像、韋駄天立像など


所在地 下関市長府川端1丁目2-3
交通 JR下関駅からバス23分(または、JR長府駅から下関駅行きバス約10分)「城下町長府」下車、徒歩10分。
料金 書院見学 大人300円、中高生100円、小学生以下は無料
営業時間 書院見学 9:00~16:30
お問合せ 功山寺 083-245-0258
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 10:13 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

30

すいか品評会 

下関・豊浦の100年より
すいか品評会 岡枝(昭和37年)
IMG_1568_201711301010475de.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 10:11 [edit]

category: 下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

30

粗起こし 

下関・豊浦の100年より
粗起こし 豊北(昭和30年)
IMG_1567_2017113010081965b.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 10:08 [edit]

category: 下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

30

種屋 

下関・豊浦の100年より
種屋 豊田中(昭和20年代)
IMG_1566_20171130100532f69.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 10:05 [edit]

category: 下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

30

掛稲運び 

下関・豊浦の100年より
掛稲運び 豊田中(昭和30年)
IMG_1565_20171130100313c9a.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 10:03 [edit]

category: 下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

30

山の田北町 

下関・豊浦の100年より
山の田北町(昭和40年)
IMG_1564_20171130100030246.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 10:00 [edit]

category: 下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

30

地域の史実と口碑伝説7 

地域の史実と口碑伝説7


試合の場所は舟島、すなわち今の巌流島ということになりました。
慶長17年、今から約350年前になりますが四月十三日両剣豪の決闘となります。
時に小次郎十八歳、武蔵二十九歳でありました。

小次郎は早朝から身支度におよび門弟に送られて島に渡り、武蔵の来るのを今や遅しと待ち構えていたのであります。
ところが武蔵は夕刻を過ぎましても姿を現さないので小次郎は苛立ってきました。

一方武蔵は前夜密かに小倉をたって、下関阿弥陀寺の船問屋小林太郎左衛門の家に留まりました。
これは武蔵が家老職の長岡興長に気兼ねしたものでありまして、まことに思慮深い行動であったと言わねばなりません。

武蔵はその朝遅く起きまして、船頭から櫓をもらって自らこれを削り木剣を作っておりました。
長岡興長は武蔵が昨夜からいないので、八方手を尽くして探し、ようやく所在をつきとめたのであります。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より


関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 09:55 [edit]

category: ひこしま発展誌

TB: --    CM: 0

30

木屋川河口 

ふるさとの水 より
木屋川河口 下関
IMG_2613_20171130095331320.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 09:53 [edit]

category: ふるさとシリーズ

TB: --    CM: 0

30

深坂溜池 

ふるさとの水 より
深坂溜池 下関
IMG_2612_20171130095130fb8.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 09:51 [edit]

category: ふるさとシリーズ

TB: --    CM: 0

30

壇具川 

ふるさとの水 より
壇具川 下関
IMG_2611_20171130094928c0b.jpg
関連記事

Posted on 2017/11/30 Thu. 09:49 [edit]

category: ふるさとシリーズ

TB: --    CM: 0

30