08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の地名37 馬関 

馬関


馬関は「赤馬」のつぎに「関」を記したときに、「赤馬関」となり、「赤」を省略したときに「馬関」となったものです。
「あかま」の「ま」を「間」または「馬」とあてたものです。

馬関は「馬関まつり」などと俗称のように使われますが、『明治五年一月十二日、豊浦出張所開庁についての伺書』という文書には、「馬関支庁記録と、公式文書に登場しています。
明治時代の初めには豊浦県があり、県庁の下の組織に赤間関の地域を統括する支庁として、「馬関支庁」が置かれていたことを示しています。


「下関の地名」下関市教育委員会刊行より
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:48 [edit]

category: 下関の地名

TB: --    CM: 0

14

海軍祭り 

徳山・下松・光・新南陽の100年より
海軍祭り(昭和9年)
IMG_8902_20170914104735007.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:47 [edit]

category: 徳山・下松・光・新南陽の100年

TB: --    CM: 0

14

鹿野競馬 

徳山・下松・光・新南陽の100年より
鹿野競馬(昭和10年)
IMG_8901_20170914104544106.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:45 [edit]

category: 徳山・下松・光・新南陽の100年

TB: --    CM: 0

14

葬列 

徳山・下松・光・新南陽の100年より
葬列(昭和7年)
IMG_8900_20170914104323424.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:43 [edit]

category: 徳山・下松・光・新南陽の100年

TB: --    CM: 0

14

由加社 

徳山・下松・光・新南陽の100年より
由加社(昭和3年)
IMG_8899_201709141041353df.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:41 [edit]

category: 徳山・下松・光・新南陽の100年

TB: --    CM: 0

14

象鼻ケ崎 

徳山・下松・光・新南陽の100年より
象鼻ケ崎(昭和10年)
IMG_8898_2017091410385792f.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:39 [edit]

category: 徳山・下松・光・新南陽の100年

TB: --    CM: 0

14

ソバの花 

ふるさとの味より
ソバの花(本郷村)
IMG_0709_20170914103349eff.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:33 [edit]

category: ふるさとの味より

TB: --    CM: 0

14

鯛漁 

ふるさとの味より
鯛漁(大畠)
IMG_0708_201709141028149b5.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:28 [edit]

category: ふるさとの味より

TB: --    CM: 0

14

茶摘み 

ふるさとの味より
茶摘み(宇部)
IMG_0707_20170914102431c14.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:24 [edit]

category: ふるさとの味より

TB: --    CM: 0

14

ソーメン干し 

ふるさとの味より
ソーメン干し(長門)
IMG_0706_20170914102224ee7.jpg

関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:22 [edit]

category: ふるさとの味より

TB: --    CM: 0

14

焼き鯖 

ふるさとの味より
焼き鯖(長門)
IMG_0705_20170914101947d03.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:19 [edit]

category: ふるさとの味より

TB: --    CM: 0

14

あとがき 1 

あとがき 1

方言が見直されているという。
裏返して言えば、地方色豊かな、そして、土の匂いのする方言は、今や瀕死の状態にあるわけだ。

私が「ふるさとのことば」に興味を持ち始めたのは、受験のために上京する満員の車中で同郷の女子大生が、しきりに連発する「だからサア」を、耳障りに思ったそのときからである。

当時九州から東京へ直通の列車は急行がわずか三本で、下関仕立ての「霧島号」の十一号車は、当然、下関弁だけが渦巻いていた。
そのような雰囲気の中で、一年先輩のその女子学生は、鈴を転がしたような美しい声で、東京弁をまくしたてていた。
それはまるで、故郷の言葉を忘れてしまったかのような流暢さであったが、私には、その美しい声が哀れに思えるほど、都会かぶれの軽薄さが心に残った。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:11 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

14

瀬戸内海のさかな より 

瀬戸内海のさかな より
シロアマダイ
IMG_0039_20170914100751cab.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:07 [edit]

category: 瀬戸内海のさかな

TB: --    CM: 0

14

シロギス 

瀬戸内海のさかな より
シロギス
IMG_0038_2017091410051183d.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:05 [edit]

category: 瀬戸内海のさかな

TB: --    CM: 0

14

テンジクダイ 

IMG_0037_20170914100257e62.jpg
関連記事

Posted on 2017/09/14 Thu. 10:03 [edit]

category: 瀬戸内海のさかな

TB: --    CM: 0

14