03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

眼龍島 

眼龍島


 彦島江ノ浦沖の巌流島は、武蔵、小次郎の決闘の地として知られているが、ほかに『眼龍島』とも呼ばれ、次のような話がある。

 むかし、長門の国に、眼龍という杖術の名人が居た。杖術とは、剣の代わりに樫の丸木杖を使う武道の一つだ。
 丁度その頃、九州豊前にも、弁という太刀使いが居て、俺は天下一の剣士だ、と自慢し、ことあるごとに海を渡って来ては、眼龍の門弟たちに嫌がらせをしていた。
 そんなことが度重なって、とうとう堪忍袋の緒を切った眼龍は、弁に使いをおくり、杖術が強いか、太刀が勝るか、一度決着をつけよう、と申し込んだ。
 場所は、長門と豊前の真ん中に横たわる舟島だ。

 さて、いよいよ決闘の日が来た。

 眼龍は、長門赤間ヶ関の浜から小舟で舟島に渡った。その時、多くの弟子たちが、師と共に島に渡りたい、と申し出たが、眼龍は、
『一対一の勝負ゆえ、それには及ばぬ』と断った。
 弟子たちは仕方なく、対岸の彦島に渡って、舟島の様子を見守ることにした。そこが、今の弟子待町という所だ。

 たった一人で渡った眼龍に対して、豊前の弁は、もともと卑怯な男で、多くの弟子に囲まれて待っていた。
 いかに杖術の名人といえども、その多人数に、眼龍ひとりが、かなう筈はない。
 それでも臆せず、眼龍は正々堂々闘って敗れた。

 この試合の噂は次々にひろがり、心ある人びとの手によって、舟島に眼龍の墓が建てられ、そのうち誰いうとなく、舟島のことを眼龍島と呼ぶようになった。

 ところで試合に勝った弁は、卑劣な振舞いから、多くの弟子たちに逃げられ、道場も閉めざるを得なくなり、豊前小倉の延命寺の浜辺で、何者かに殺されてしまった。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:57 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

03

田部 

目で見る下関・豊浦の100年より
田部(大正末期)
IMG_8217_20170403115526d17.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:55 [edit]

category: 目で見る下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

03

旧下関駅前 

目で見る下関・豊浦の100年より
旧下関駅前(大正末期)
IMG_8216_2017040311533655d.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:53 [edit]

category: 目で見る下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

03

防長孤児院 

目で見る下関・豊浦の100年より
防長孤児院(大正末期)
IMG_8215_2017040311512305c.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:51 [edit]

category: 目で見る下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

03

豊北連合青年競技会 

目で見る下関・豊浦の100年より
豊北連合青年競技会(大正7年)
IMG_8214_201704031149025fd.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:49 [edit]

category: 目で見る下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

03

福浦金比羅百年祭 

目で見る下関・豊浦の100年より
福浦金比羅百年祭(大正末期)
IMG_8213_20170403114620410.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:46 [edit]

category: 目で見る下関・豊浦の100年

TB: --    CM: 0

03

採集した熱帯魚 

「下関水族館」さようなら そして ありがとう 記念集より
採集した熱帯魚
IMG_1007_20170403110807544.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:08 [edit]

category: 「下関水族館」記念集

TB: --    CM: 0

03

プールに収容されるイルカ 

「下関水族館」さようなら そして ありがとう 記念集より
プールに収容されるイルカ
IMG_1006_20170403110600308.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:06 [edit]

category: 「下関水族館」記念集

TB: --    CM: 0

03

下関大博覧会 

「下関水族館」さようなら そして ありがとう 記念集より
下関大博覧会
IMG_1004_2017040311032932e.jpg

IMG_1005_20170403110330f63.jpg

関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:03 [edit]

category: 「下関水族館」記念集

TB: --    CM: 0

03

オキゴンドウクジラ 

「下関水族館」さようなら そして ありがとう 記念集より
オキゴンドウクジラ
IMG_1002_201704031101031d5.jpg

IMG_1003_20170403110104923.jpg

関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 11:01 [edit]

category: 「下関水族館」記念集

TB: --    CM: 0

03

テールウォーク 

「下関水族館」さようなら そして ありがとう 記念集より
テールウォーク
IMG_1001_20170403105849a3c.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 10:58 [edit]

category: 「下関水族館」記念集

TB: --    CM: 0

03

イルカのジャンプ 

「下関水族館」さようなら そして ありがとう 記念集より
イルカのジャンプ
IMG_0999_20170403105628746.jpg

IMG_1000_20170403105629be3.jpg

関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 10:56 [edit]

category: 「下関水族館」記念集

TB: --    CM: 0

03

アシカの赤ちゃんテルー 

「下関水族館」さようなら そして ありがとう 記念集より
アシカの赤ちゃんテルー
IMG_0998_20170403105418a8f.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 10:54 [edit]

category: 「下関水族館」記念集

TB: --    CM: 0

03

与次兵衛ヶ瀬 

与次兵衛ヶ瀬


 むかし、弟子待の沖、大瀬戸の海に『死の瀬』と呼ばれる暗礁がありました。この瀬は潮が満ちれば波間に隠れ、干けば現れるほどのもので、むかしから座礁騒ぎの多い所でした。

 文禄元年(1592年)七月二十二日、太閤秀吉は海外出兵のため、肥前名護屋(佐賀県)に居りましたが、母の急病を聞いて大急ぎで帰阪の途につきました。
 秀吉の御座船は日本丸といって、朱塗りに金銀をあしらい、二階建ての屋形船で、約六十メートルもある大きな船でした。

 日本丸がこの大瀬戸にさしかかった時です。どうしたことか、この海峡の航行には慣れている筈の船頭、明石与次兵衛が、その操縦を誤って御座船を死の瀬に乗り上げてしまったのです。船は大きく傾き、まさに転覆しようとしています。秀吉の家来たちは、主君を助けることも忘れて、自分の逃げ道をさがすことで、上へ下への大騒ぎになりました。

 その時、秀吉のおそばについて離れず沈着な行動をとったのが、長府の初代のお殿様で、御年わずか十四歳でした。
 長府のお殿様は、素早く秀吉を船から救い出し、暗礁の一つの岩に立って、船頭たちをはげまし、救出の命令をくだしました。
 下関のあちこちの浜辺から何十隻という船がでました。その時、一番乗りをしたのが、彦島の二代目庄屋、河野弥左衛門です。
 弥左衛門は身近に居る人びと二十人をつれて死の瀬へ向かい、岩の上で、素裸のまま、二本の大小を下帯に差して救出を舞っていた秀吉を、無事、救い出しました。
 弥左衛門はその時の功績をほめられて、秀吉から金千疋という賞金を戴き、長府のお殿様は、正四位上持従に叙せられ、羽柴の姓を貰い、さらに甲斐守と称することを許されました。
 それで終われば、すべて、めでたし、めでたし、という訳ですが、世の中というもの、なかなかそうはゆきません。

 日本丸の船頭、明石与次兵衛は、門司大里の浜で秀吉の訊問を受けました。
 与次兵衛は、こう申し立てました。
『あなたが様が頼みとしている毛利輝元公は、いまだに、事あらばという野心を抱いて居り、中国路の諸大名はことごとく毛利氏についています。今、山陽の岸に近づくことは実に危険で、だから難所とは知りながらこの瀬の外を通ろうとして、座礁いたしました』
 その時、秀吉のそばに居た従者が秀吉に耳うちしました。
『与次兵衛というのは実は仮の名で、本当は北条家の執権、松田尾張守の五男ではないでしょうか。だとすれば殿に恨みの一刀をあびせようと計ったとも考えられますが』
 その一言で、秀吉は与次兵衛の申し立てを偽証と見て、その場で打ち首にしてしまいました。


 その後、いつの頃からか、『死の瀬』のことを『与次兵衛ヶ瀬』と呼ぶようになりました。


富田義弘著「平家最後の砦 ひこしま昔ばなし」より

-- 続きを読む --
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 10:45 [edit]

category: ひこしま昔ばなし

TB: --    CM: 0

03

下関米商取引所 

古写真集「関門浪漫」より
下関米商取引所
IMG_0336_201704031044107a0.jpg
関連記事

Posted on 2017/04/03 Mon. 10:44 [edit]

category: 古写真集「関門浪漫」

TB: --    CM: 0

03