02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 さ…の部 

下関の方言 さ…の部

さくみち
 畦道。農道。

さこ
 迫。谷間。

さこんた
 左近太郎。唐臼。

ささいも
 里芋。

さざい
 サザエ。

ささぎ
 インゲン豆。

ささくる
 肌が荒れる。

ささみ
 醤油のカビ。

ささらほーさら
 いつも悪いこと続き。散々な目にあうこと。

さし
 途中の。
 まだ残ってるさま。

さしくる
 都合をつける。
 順番を入れ替えること。

さしげた
 雨用の下駄。

さす
 させる。

さそいざけ
 迎酒。二日酔いを覚ますために飲む酒。

さたなし
 便りがない。
 行方不明。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:50 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

31

彦島のけしき《江の浦》 

IMG_2231_2016033111293364a.jpg

IMG_2267_20160331112934bb4.jpg

IMG_2342_2016033111293623a.jpg


関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:30 [edit]

category: 彦島のけしき3

TB: --    CM: 0

31

白サルの湯 

白サルの湯 ~長門市~


 俵山温泉(たわらやまおんせん:長門市)は、薬師如来の化身であるサルによって発見されたといわれている。

 そのころ、全国でほうそう(天然痘)がはやったが、この温泉のおかげでたくさんの人びとがすくわれたという。これは、その温泉にまつわる話である。

 俵山に、弘法大師(こうぼうだいし)が開いた能満寺(のうまんじ)という寺がある。この寺の近くに、ひとりの漁師が住んでいた。たいそう働きもので、毎日、朝はやくから夕方おそくまで鳥やけものをとってくらしをたてていた。
 きょうも、漁師は、朝早くから身じたくをととのえて、
「うんと、えものをとれるといいなあ。」
 と、ひとりごとをいいながら、らように出かけた。
 ところが、きょうにかぎって、ウサギ一匹とることができなかった。日は西にかたむきかけている。きょうはもうだめだと、あきらめかけて帰りかけたとき、目の前の木立に動くものがあった。
 サルだ。しかも、白サルだ!
 漁師は、胸をわくわくさせて、弓に矢をつがえた。
 弓を大きくひ引きしぼるとひょうと放った。
 たしかに手ごたえはあった。が、おかしいことに、急所をはずしたとみえて、白サルは山おくにににげさってしまった。

 家に帰った漁師は、白サルのことが気になってしかたがなかった。サルを射そんじて、しかえしをされた話をたくさん聞いていたからである。
 しかも、きょうのサルは、ふつうのサルとちがう。いかにも神通力があるような白サルである。けがをしているにちがいないから、いまのうちに殺さないと、自分が殺されるかもしれない。そう思うと、夜も安心してねむることができなかった。

 つぎの日から、漁師はどうにかして白サルを見つけだそうと、毎日、毎日、山をさがし歩いた。それから十日ばかりたったある日、ようやく山深い谷で白サルを見つけた。
「こんどこそしくじっちゃなんねえぞ。」
 漁師はやる気持ちをおさえて、ゆっくりと弓を引きしぼった。ぴたりとねらいをさだめ、いまにも矢を放とうとして、漁師は弓をおろした。
 白サルのみょうなしぐさが気になったのだ。漁師は弓をおろしたまま、白サルのしぐさを追った。どうやらしろサルは、きずついたところを谷の川の水であらっているらしい。白サルは、なんどもなんども、谷川の水をすくっては、きず口をていねいにあらっているようである。

 漁師は、また弓をとりあげた。
 この機会をのがしては、二度と白サルにめぐりあえないかもしれない。漁師は力いっぱい弓を引きしぼって、矢を放った。
 矢は、うなりをあげて飛んだ。
 矢は、あやまたずに白サルののどにつきたったかに見えた。
 が、矢はそのまま一直線に飛んで、いつの間にかたちこめはじめたきりの中にすいこまれていった。白サルののすがたもきりの中にかくれて、どこにも見えなかった。
 おどろいて目をこらすと、むらさき色の雲にのった薬師如来(やくしにょらい)が、ゆうゆうと山おくにさっていくのが見えた。漁師は、思わずそこにひざまずき、両手を合わせておがんだ。

 やがて、ふらふらと立ちあがった漁師は、白サルのいた谷川におりていった。谷川の水をすくってみると、お湯のようにあたたかい。いったいどこから流れてくるのだろうかとさがしてみると、すぐそばの、大きい岩のわれ目からこんこんとわき出ているのだった。
 漁師はその水を飲んでみた。すると、からだじゅうに力がみなぎった。
 それから漁師は、急いで山道をおりて、このことを能満寺のおしょうに話した。おしょうは、
「まことにふしぎな話じゃのう。きっと、薬師如来さまが白サルのすがたにお変わりになって、湯のわき口を教えにきてくださったにちがいない。」と、いった。

 その後、漁師は、生きものをころす仕事おつらく思うようになって、猟をぷっつりとやめた。
 そして、湯のわき出る谷川のあたりを切り開き、湯場をつくって入湯に来る人の世話をしてくらしたという。

 このようにして、俵山温泉はつくられたということである。
 薬師如来は、いまでも温泉の近くにまつられて、多くの人々の信心を集めている。


題名:山口の伝説 出版社:(株)日本標準
編集:山口県小学校教育研究会国語部

豊徳園ホームページより
関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:25 [edit]

category: 山口むかし話

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩402-5 おさんぽ 

IMG_7113_20160331112322226.jpg

IMG_7114_20160331112323c47.jpg

IMG_7115_20160331112325b60.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:23 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩402-4 おさんぽ 

IMG_7107_20160331112155b31.jpg

IMG_7108_20160331112156a11.jpg

IMG_7109_20160331112158b21.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:22 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩402-3 おさんぽ 

IMG_7101_20160331112040d46.jpg

IMG_7102_2016033111204105f.jpg

IMG_7103_2016033111204256b.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:21 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩402-2 おさんぽ 

IMG_7095_20160331111923565.jpg

IMG_7096_201603311119243b4.jpg

IMG_7097_20160331111926d50.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:19 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩402-1 おさんぽ 

IMG_7089.jpg

IMG_7090_201603311118072ca.jpg

IMG_7091_201603311118092f9.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:18 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

下関の方言 さ…の部 

下関の方言 さ…の部

さえん
 冴えない顔。浮かぬ顔。不愉快。
 決断力のない人。
 物足りない。

さかえじゅう
 五段組あるいは七段組の重箱。

さかし
 逆さま。

さかしい
 賢い。頭が良い。
 急な。

さかとんぼ
 逆立ち。

さきいき
 先行き。将来。前途。

さきお
 鼻緒。

さきおとどし
 一昨昨年。三年前。

さきがわ
 下駄の爪革。

さきざき
 行く末。先行き。

さくい
 粘りがない。淡白な。もろい。

さくたましい
 出しゃばってあれこれ面倒をみること。
 子供がチョロチョロと走り回ること。

さくまう
 用意する。準備する。
 気を利かしてよく面倒を見る。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:15 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩401-15 おさんぽ 

IMG_7551_20160331111435bfe.jpg

IMG_7552_20160331111436556.jpg

IMG_7553_20160331111437483.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:15 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩401-14 おさんぽ 

IMG_7548_20160331111321eb3.jpg

IMG_7549.jpg

IMG_7550.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:13 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩401-13 おさんぽ 

IMG_7542.jpg

IMG_7543.jpg

IMG_7544.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:12 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩401-12 おさんぽ 

IMG_7536.jpg

IMG_7537_20160331111043d51.jpg

IMG_7538_201603311110457e5.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:11 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

ふるさと散歩401-11 おさんぽ 

IMG_7528_2016033111092726a.jpg

IMG_7530.jpg

IMG_7531_20160331110930edc.jpg

関連記事

Posted on 2016/03/31 Thu. 11:09 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

31

下関の方言 さ…の部 

下関の方言 さ…の部

さー
 さて。
 はて。

さーた
 沙汰。
 咲いた。
 裂いた。
 刺した。

さあぐ
 騒ぐ。

ざい
 田舎。親元。在所、

さいご
 …したからには。

さいぜん
 先ほど。

さいのき
 道祖真。猿田彦。

さいばしる
 でしゃばる。差し出がましい。
 才能をひけらかす。

さいはらい
 露払い。

さいまぎる
 でしゃばる。

さいめ
 土地の境界に打つ杭。

さえし
 よく気のつく人。頭の良い人。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より
関連記事

Posted on 2016/03/30 Wed. 09:59 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

30