07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

お化け地蔵(じぞう) 

お化け地蔵(じぞう)
愛媛県の民話


 むかしむかし、こんぴら橋という橋があって、そのたもとにお地蔵(じぞう)さんがたっていました。
 このお地蔵さんは、昼間は普通のお地蔵さんですが、夜になると『のびあがり』という化け物になって、ムクムクと背が伸びて、ヒョロヒョロと首が伸びて、ビロローンと長い舌を出すのです。
 ですから村人たちは怖がって、誰もこの橋を通ろうとしませんでした。

 ある人がこの話を聞いて、友だちの又平(またべえ)に言いました。
「のびあがりのお地蔵さんの前に赤いくいを打ち込んできたら、金をやるぞ」
「本当か? よしよし、そのくらいわけもない」
 又平はさっそく赤いくいとつち(→物をうつ道具)を持って出かけましたが、近づくにつれてだんだん怖くなってしまい、全身がガタガタと震えています。
 それでもなんとかお地蔵さんの前まで行くと、又平はお地蔵さんを見ないように目をつぶってくいを打ち込みました。
「さあ、終わったぞ。はやく帰るとしよう。ぐずぐずしていると、お地蔵さんが『のびあがり』に化けてしまうからな」
 又平はクルリと向きを変えると、あわてて逃げようとしました。
 ところがお地蔵さんが又平の着物を引っぱって、放してくれないのです。
「うひゃー、助けてくれー!」
 又平は、ありったけの声でさけびました。
 それを聞きつけ人々が、ちょうちんを手にかけつけました。
「どうした? 何があったんじゃ?」
「こ、このお地蔵さんが、この『のびあがり』が、わしの着物をつかんで放してくれんのじゃ!」
「なんだって!」
 かけつけた人々はビックリしましたが、又平の着物を引っぱっているものを見て大笑いです。
 なんと又平は、自分の着物のすそに赤いくいを打ち込んで、もがいていたのでした。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/08/17 Sun. 08:11 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩270-5 あるかぽーと 

IMG_1718.jpg

IMG_1719_20140816085443f57.jpg

IMG_1720_201408160854457aa.jpg

関連記事

Posted on 2014/08/17 Sun. 08:10 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩270-4 あるかぽーと 

IMG_1709.jpg

IMG_1710_20140816085231042.jpg

IMG_1711_2014081608523320c.jpg

関連記事

Posted on 2014/08/17 Sun. 08:09 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩270-3 あるかぽーと 

IMG_1703_201408160850184d2.jpg

IMG_1704_2014081608501947c.jpg

IMG_1705_201408160850211c8.jpg

関連記事

Posted on 2014/08/17 Sun. 08:08 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩270-2 あるかぽーと 

IMG_1699_20140816084820a72.jpg

IMG_1700_20140816084822d6f.jpg

IMG_1702_20140816084823f52.jpg

関連記事

Posted on 2014/08/17 Sun. 08:07 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩270-1 あるかぽーと 

IMG_1696.jpg

IMG_1697_2014081608445721d.jpg

IMG_1698_20140816084458f91.jpg

関連記事

Posted on 2014/08/17 Sun. 08:06 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17