06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ふるさと散歩257-2 はたけ 

lk03_20140708094807494.jpg

lk04_2014070809480855d.jpg

lk05_20140708094810b82.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/08 Tue. 09:48 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩257-1 はたけ 

lk00_201407080946321eb.jpg

lk01_20140708094634b5b.jpg

lk02_201407080946355a8.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/08 Tue. 09:47 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

白バラちゃんと赤バラちゃん 

白バラちゃんと赤バラちゃん
グリム童話


 むかしむかし、ある森に、白バラちゃんと赤バラちゃんという、仲の良い姉妹が住んでいました。
 二人はいつも、
「わたしたち、ずっと一緒にいましょうね」
と、言っています。

 ある雪のひどい晩、寒さにこごえたクマが二人に助けを求めました。
 二人はそのクマを、暖かい部屋に泊めてあげました。
 それから毎晩、クマは遊びに来るようになりました。

 すっかり仲良しになったある日の事、クマはお別れを言いに来ました。
「春になると、地下から悪い小人がぼくの宝物を盗みに来るんだ。
 見張らなきゃいけないから、ここにはもう来れないんだ」
「・・・そんな」
 さびしい気持ちで、二人はたきぎ拾いに出かけました。
 すると倒れた木の下じきになって、小人がバタバタ手足を動かしていました。
 見ると長いひげが、枝にからまっています。
 白バラちゃんは親切に、からまった長いひげをはさみで切ってあげました。
 ところが、
「よくも、自慢(じまん)のひげを切ったな!」
 小人は助けられたのにお礼も言わず、木の根の間から金貨のつまった袋を取り出すと、さっさと行ってしまいました。

 それから少したったある日、二人は川でひげを魚にくわえられている小人を見ました。
 よく見ると、この前の小人です。
 今度もはさみでひげを切って助けてあげたのに、小人は、
「また、大事なひげを切りやがって!」
と、怒鳴りながら真珠(しんじゅ)の入った袋をかついで、岩のかげに消えました。
 それから間もなく、二人はワシにさらわれそうになっている小人を助けてやりました。
 小人はまたお礼も言わず、宝石のつまった袋をかかえて。
「おれの宝石を、ジロジロ見るな!」
と、言いました。
 その時です。
「それは、ぼくの宝石だ!」
 クマが現れて、小人をやっつけてしまいました。
 するとクマの毛皮がハラリとぬげて、クマは美しい王子さまになったのです。
「悪い小人を見つけてくれて、ありがとう。
 実はあの小人に魔法をかけられて、クマの姿にされていたんだ。
 小人のひげは小人の魔法のみなもと、小人のひげを切ってくれたおかげで小人をやっつける事が出来ました。
 白バラちゃん、ぼくと結婚してください。
 そして赤バラちゃんが、ぼくの弟と結婚してくれたら、ずっとみんなで一緒にいられるよ」
と、言うわけで、白バラちゃんと赤バラちゃんはいつも二人が言っていたように、ずっと仲良く一緒に暮らしました。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/07/08 Tue. 09:19 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩256-62 長府庭園 

yv02.jpg

yv03.jpg

yv04.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/08 Tue. 09:17 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩256-61 長府庭園 

yu99.jpg

yv00.jpg

yv01.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/08 Tue. 09:15 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08