06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

源平のけしき 17 

vv61.jpg

vv63.jpg

vv65.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:41 [edit]

category: 源平のけしき

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩256-5 長府庭園 

yt12_20140701083112676.jpg

yt13_201407010831138a3.jpg

yt14_20140701083115a01.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:31 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩256-4 長府庭園 

yt09_201407010829290fb.jpg

yt10_20140701082931539.jpg

yt11_20140701082932ad3.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:30 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩256-3 長府庭園 

yt06_20140701082808128.jpg

yt07_201407010828101c5.jpg

yt08_20140701082811b04.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:28 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩256-2 長府庭園 

yt03_2014070108264631e.jpg

yt04_20140701082647b64.jpg

yt05_201407010826491a9.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:27 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩256-1 長府庭園 

yt00.jpg

yt01_2014070108245329e.jpg

yt02_20140701082455930.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:25 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

眠れる森の美女 

眠れる森の美女
ペローの童話


 むかしむかし、ある国のお城で、お姫さまが生まれました。
 王さまは国中の人をよんで、お祝いをしました。
 お祝いには、十二人の魔法使いたちもやってきました。
 だけどただ一人、十三人目の魔法使いだけは、お祝いによばれませんでした。
 実は、お城には魔法使いたちの使うお皿が、十二枚しかなかったからです。

 お祝いによばれた魔法使いたちは次々に進み出て、お姫さまにおくり物をささげました。
「きれいな人に、なりますように」
「やさしい心を、持ちますように」
「だれよりもかしこい人に、なりますように」
 そして十二人目の魔法使いが、進み出たときです。
 城中に、恐ろしい声がひびきました。
「よくも、わたしをのけ者にしたね。
 姫よ、わたしのおくり物を受けるがいい。
 お前は十五才の誕生日に、つむ(→糸つむぎの道具)にさされて死ぬのだ」
 十三人目の魔法使いは、そう言うと消えてしまいました。
「大変だ! どうすればいいのだろう」
 人々は、大さわぎです。
「待ってください。まだ、わたしが残っていますわ」
 そう言ったのは、十二人目の魔法使いでした。
「お姫さまは、死にません。
 つむにさされても、百年の間眠るだけ。
 それから立派な人のキスで目を覚まし、その人と結ばれるでしょう」
 だけど王さまは、心配でたまりません。
「国中のつむを1つ残らず集めて、燃やしてしまえ!
 そして今後、つむを作ることも使うことも禁ずる」
 命令を受けた人々は、つむを集めて火をつけました。
「これでよし。つむがなければ、姫もさされはしないだろう」
 王さまも人々も、ホッとしました。

 やがてお姫さまは、すくすくと大きくなって十五才になりました。
 ある日の事です。
 お姫さまは一人で、お城の中を歩いていました。
 いくつもの階段をのぼって見つけたのは、小さな入り口です。
「まあ、こんなところに部屋があったなんて。・・・ここには、何があるのかしら?」
 お姫さまは、古ぼけた部屋に入っていきました。
 中にいたのは、見たことがないおばあさんです。
 おばあさんは糸をつむぐ車を、ブンブンと回していました。
「まあ、おもしろそうだこと。おばあさん、ちょっとかしてくださいな」
「いいともいいとも、さあ、手をだしてごらん」
 何も知らないお姫さまは、つむぎ車に手をのばしました。
 そのとたん、つむぎ車のつむがお姫さまの手をさしてしまったのです。
「イッヒヒヒヒー! うまくいったよ」
 おばあさんは笑い声を上げると、どこかへ消えてしまいました。
 実は十三人目の魔法使いがおばあさんに化けて、お姫さまを待っていたのです。
 つむの毒がお姫さまの体にまわる前、十二番目の魔法使いの魔法が始まりました。
 お姫さまは魔法の光につつまれると、その場にバッタリと倒れて、そのまま眠ってしまったのです。
 魔法の光はお姫さまだけでなく、お城全体をつつみました。
 そのとたんに、お城の時計がピタリと止まりました。
 ネズミを追いかけていたネコは屋根の上で眠ってしまい、料理番は料理のとちゅうで眠りました。
 いえ、それだけではありません。
 なんと空を飛んでいるトリも空に浮いたままで眠り、料理をあたためていた火も眠ってしまったのです。
 なにもかもが眠ったお城の回りで、イバラだけがのびていきました。

 そして長い年月がすぎたある日、立派な王子さまがイバラのそばへやって来ました。
「ここがイバラの城か。ここには美しい姫が眠っているという話だが」
 王子さまがイバラを切り分けて中に入ろうとすると、トゲだらけのイバラがスルスルと動いて、王子さまに襲いかかりました。

イバラと王子さま

 王子さまは襲いかかるイバラを切り落としますが、いくら切り落としてもきりがありません。
  とうとうイバラに囲まれた王子さまは、死を覚悟しました。
  ところがそのとき、イバラはみるみるちぢんでいって、 お城へ続く道が現れたのです。
  ちょうど今日が、百年目だったのです。
 王子さまはお城へ行くと、お姫さまが眠っている部屋に入りました。
「なんて、きれいな人だろう」
 お姫さまを見つけた王子さまは、思わずキスをしました。
 すると百年眠り続けていたお姫さまの目が、パッチリと開いたのです。
 いえ、お姫さまだけでなく、お城中が眠りから覚めました。
 ネコはネズミを追いかけはじめ、料理番はナベを火にかけました。
 空を飛んでいたトリも、また飛び続けました。
 全ての事を知った王さまは、城中のみんなに言いました。
「みなの者、魔女(まじょ)ののろいはとけたぞ。さあ、結婚式の準備をするのだ。大急ぎでな」
 そしてお姫さまと王子さまは結婚して、幸せに暮らしました。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:18 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩255-10 はたけ 

zx28.jpg

zx29.jpg

zx30.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:16 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩255-9 はたけ 

zx25.jpg

zx26.jpg

zx27.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:15 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩255-8 はたけ 

zx22.jpg

zx23.jpg

zx24.jpg

関連記事

Posted on 2014/07/01 Tue. 08:13 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01