04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島さんぽ163-21 彦島八幡宮 

hh63_20140505103722631.jpg

hh64_201405051037234fb.jpg

hh65_201405051037252aa.jpg

関連記事

Posted on 2014/05/05 Mon. 10:37 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

05

アマガエルが鳴く理由 

アマガエルが鳴く理由
千葉県の民話


 むかしむかし、アマガエルのお母さんは、自分の息子がとてもヘソ曲がりな事をとても心配していました。
 そこで何度も何度も注意しましたが、息子のヘソ曲がりは一向に直りません。
 やがて、お母さんが年を取って息を引きとる時、お母さんはヘソ曲がりな息子を呼んで、こう言いました。
「息子や、お前に最後の頼みがあります。どうか、わたしのお墓は、川端の低い所に粗末な物をつくっておくれ」
 こう言っておけば、へそ曲がりな息子は、反対に丘の上に立派なお墓を作るに違いないと考えたのです。
 そして次の日、お母さんガエルは死んでしまいました。
「お母さん、いつもへそ曲がりで苦労をかけてごめんな」
 さすがのへそ曲がりも、母親の遺言には、いつものように逆らう気にはなれませんでした。
 そこで言われた通りに、川端の低い所に粗末なお母さんの墓を作ったのです。
 でも、こんな所にお墓を作っては、ちょっと雨が降って川の水かさが増しただけでも、流されてしまうかもしれません。
 そこで心配した息子は、雲行きがあやしくなると、
♪ケロケロッ ケロケロッ
♪ケロケロッ ケロケロッ
と、鳴いて、
「天の神さま、どうか、お母さんの墓を流さないでください」
と、天の神さまにお願いしたそうです。

 この時からアマガエルは、雲行きあやしくなると鳴くようになったのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/05/05 Mon. 10:35 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

05

彦島さんぽ163-20 彦島八幡宮 

hh60_20140505103328869.jpg

hh61_2014050510332911a.jpg

hh62_2014050510333187c.jpg

関連記事

Posted on 2014/05/05 Mon. 10:34 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

05

彦島さんぽ163-20 彦島八幡宮 

hh57_2014050510311813c.jpg

hh58_201405051031204b1.jpg

hh59_20140505103121c98.jpg

関連記事

Posted on 2014/05/05 Mon. 10:31 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

05

彦島さんぽ163-19 彦島八幡宮 

hh54_20140505102945b84.jpg

hh55_20140505102947801.jpg

hh56_20140505102948752.jpg

関連記事

Posted on 2014/05/05 Mon. 10:30 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

05