02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島のけしき 春6 

cc56_201403270933454ec.jpg

cc57_20140327093346a4b.jpg

cc58_201403270933488a9.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:34 [edit]

category: 彦島のけしき

TB: --    CM: 0

27

彦島のけしき 春5 

cc49_20140327093144dfe.jpg

cc51_20140327093146550.jpg

cc55_20140327093147414.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:32 [edit]

category: 彦島のけしき

TB: --    CM: 0

27

おばあさんの子ブタ 

おばあさんの子ブタ
イギリスの昔話


 むかしむかし、おばあさんが、市場で小さなブタをかいました。
 ブタをつれてうちへかえってきましたが、うらにわの戸口のところでたちどまって、どうしても中へはいろうとしません。
 こまったおばあさんが、だれかてつだってくれる人をさがそうとあるいていくと、イヌにであいました。
 それでおばあさんは、
「ねえ、イヌよ。うちの子ブタにかみついておくれ。子ブタが戸口をふさいでいるので、わたしもうちへはいれないのだよ」
と、いいましたが、イヌはだまってそっぽをむいています。
 しかたなくおばあさんは、またすこしあるいていくと、木のこんぼうにであいました。
「ねえ、こんぼうや。イヌをぶっておくれ。イヌが子ブタをかまないから、子ブタはいり口をふさいだままなの。それでわたしはうちへはいれないのだよ」
 そういっても、こんぼうはへんじをしません。
 おばあさんは、またすこしあるいていきました。
 こんどは、赤い火がもえていました。
 それで、おばあさんは、
「火よ。こんぼうをやいておくれ。こんぼうがイヌをぶたないから、イヌが子ブタをかまないし、子ブタがいり口をふさいでいるから、わたしはうちへはいれないのだよ」
 そういっても、火はへんじをしません。
 おばあさんがまたあるいていくと、こんどは水にであいました。
「水よ。火をけしておくれ。火がこんぼうをやかないから、こんぼうはイヌをぶたないのよ。イヌが子ブタをかまないから、子ブタはいり口をふさいだまま。それでわたしはうちへはいれないのだよ」
 そういっても、水はへんじをしません。
 おばあさんがまたあるいていくと、こんどはウシにであいました。
「ウシよ。水をのんでおくれ。水が火をけさないから、火がこんぼうをやかないし、こんぼうがイヌをぶたないから、イヌが子ブタをかまないし、子ブタがいり口をふさいでいるから、わたしはうちへはいれないのだよ」
 でも、ウシはだまっています。
 おばあさんがまたあるいていくと、なわにであいました。
「なわよ。ウシをしばっておくれ。ウシが水をのまないから、水が火をけさないし、火がこんぼうをやかないから、こんぼうがイヌをぶたないし、イヌが子ブタをかまないから、子ブタがいり口をふさいだまま。それでわたしは、うちへはいれないのだよ」
 そういわれても、なわはへんじをしません。
 おばあさんがまたあるいていくと、ネズミがいました。
「ネズミよ。なわをかじっておくれ。なわがウシをしばらないから、ウシが水をのまないし、水が火をけさないから、火がこんぼうをやかないし、こんぼうがイヌをぶたないから、イヌは子ブタにかみつかない。子ブタはいり口をふさいだままで、わたしはうちへはいれないのだよ」
 でも、ネズミはだまっています。
 またあるいていくと、ネコにあいました。
「ネコや。ネズミをとっておくれ」
と、おばあさんは、ネズミとなわとウシと水とこんぼうとイヌが、みんなうごいてくれないので、子ブタがいり口をふさいだままで、おばあさんがうちへはいれないと、わけをはなしました。
 するとネコは、
「ニャーン、ニャーン。おばあさん、あんたがウシのところへいって、おちちをもってきてくれたら、わたしはネズミをとってあげるよ」
 そういいましたので、おばあさんはウシのところへいって、おちちをくださいとたのみました。
 するとウシは、
「おばあさん、あんたがまきばのほし草をひとかかえもってきてくれたら、おちちをあげるよ」
 おばあさんはさっそく、まきばからほし草をもってきて、ウシにやりました。
 ウシはその草をたべると、おちちをだしてやりました。
 おばあさんは、それをおさらにいれて、ネコのところへもっていきました。
 ネコはよろこんでおちちをなめると、すぐにネズミをおいかけました。
 ネズミがなわをかじろうとしますと、なわはウシをしばろうとします。
 それでウシが水をのみかけますと、水は火をけそうとして、火はこんぼうをやこうとします。
 こんぼうがイヌをぶとうとしますと、イヌは子ブタにかみつこうとしました。
 すると子ブタはようやく、にわへとびこみました。
 それでおばあさんもやっと、うちへはいることができたのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:29 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩239-30 大坪本町 

hi05.jpg

hi06.jpg

hi07.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:26 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩239-29 大坪本町 

hh95_20140327092454386.jpg

hh96_20140327092456646.jpg

hh97_20140327092457617.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:25 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩239-28 大坪本町 

hh91_20140327092335c26.jpg

hh92_20140327092336c5b.jpg

hh93_2014032709233843e.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:24 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩239-27 大坪本町 

hh87_20140327092202f44.jpg

hh88_20140327092204b5e.jpg

hh89_20140327092205e14.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:22 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩239-26 大坪本町 

hh79_20140327092035019.jpg

hh80_2014032709203670e.jpg

hh81_20140327092038350.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/27 Thu. 09:21 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27