02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島のけしき 春2 

cc18_20140325161911b64.jpg

cc22_201403251619121fe.jpg
その世界では、かなり有名なものらしいです。

cc25_20140325161913897.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/25 Tue. 16:20 [edit]

category: 彦島のけしき

TB: --    CM: 0

25

彦島のけしき 春1 

cc03_20140325120505e52.jpg
昔の関彦橋のものですが、あまり記憶にありません…

cc04_20140325120507a35.jpg
老の山公園もすっかり変わってしましました。

cc12_20140325120508fb8.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/25 Tue. 12:08 [edit]

category: 彦島のけしき

TB: --    CM: 0

25

ソバとゆうだち 

ソバとゆうだち
アンデルセン童話


 むかしむかし、あるところに、ひろいひろい畑がありました。
 その畑では、大ムギや、小ムギや、カラスムギがたくさんつくってあります。
 ソバの畑もありました。
 ソバは、ツンとすまして、
「ぼくだって、ムギなんかにまけやしない。ぼくの花はリンゴの花のように白くてきれいだ。ねえ、そこのかわやなぎ(→ヤナギ科の落葉低木)さん。そうでしょう?」
「・・・・・・」
 かわやなぎは、そんなことはどうだっていい、というような顔をしていました。
「なんだ、あんなバカな木。年をとりすぎて、体の中に草がはえてるんじゃないか?」
と、ソバはプンプンおこりました。
 でも、ふるいかわやなぎの木のさけめに、草がはえているのはほんとうでした。
 そのとき、ひどいゆうだちがやってきました。
 いなびかりがして、ゴロゴロと大きなカミナリがなりました。
 そして、バケツをひっくり返したように、大つぶの雨がはげしくふってきました。
 畑のさくもつは、みんな頭を下げて、花びらをとじ、ゆうだちがすぎるのをまちました。
 それなのに、ソバだけはいばって、そりかえっています。
「ソバさん、頭をお下げなさいな」
 ほかのさくもつがいいました。
「だれに頭を下げるんだね? なんのために?」
「つよい雨に、たたきつけられます。はげしいイナヅマに目がくらみます。あのイナズマの中には、天の神さまがいらっしゃるんですよ」
「よし、ぼくは神さまを見てやろう」
 ソバはいっそう、そりかえりました。
 そのとき、まるで世界中が、火につつまれたかとおもうほど、はげしくイナズマが光ました。
「あっ!」
 こうして、ゆうだちはとおりすぎていきました。
 雨はやみ、日の光がさしてきました。
 むこうの山からこちらの山へ、きれいなにじのはしがかかりました。
 さくもつも花も、さっきの雨ですっかり元気になりました。
 だれもが顔をあげて、きれいなにじを見ました。
「・・・きれい」
 ゆうだちのあとはせいせいして、なんともいえないいいきもちです。
 その中で、ソバだけがしおれきって、まるで元気がありません。
 頭を下げることを知らないソバは、ゆうだちにうたれて、クタクタになっていました。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/03/25 Tue. 10:03 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

25

ふるさと散歩239-25 大坪本町 

hh75_20140325100111545.jpg

hh76_2014032510011254b.jpg

hh77_201403251001147c5.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/25 Tue. 10:01 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

25

ふるさと散歩239-24 大坪本町 

hh72_201403250959507a7.jpg

hh73_20140325095951487.jpg

hh74_20140325095953a40.jpg

関連記事

Posted on 2014/03/25 Tue. 10:00 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

25