01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

子ザルのまつ 

子ザルのまつ
長野県の民話


 むかし、松代町(まつしろちょう)と言うところに、徳嵩源五郎(とくたけげんごろう)と言う腕の良い彫り物師が住んでいました。
 ある日、源五郎は山でサルの親子を見つけました。
 母ザルは猟師に鉄砲で撃たれたのか、背中から血を流して死んでいましたが、そのふところには生まれたばかりの子ザルが、母ザルのおっぱいを探して手足を動かしています。
「なんと、可哀想に」
 哀れに思った源五郎は、さっそく子ザルを抱くと家に連れて帰りました。
 そして源五郎夫婦は子ザルに『まつ』と言う名前を付けて、我が子同様に可愛がったのです。

 まつはとてもかしこいサルで、源五郎が踊りや芸を教えると、それは上手にやってみせるのです。
 そしてまつの話は評判になって、やがては松代(まつしろ)の殿さまの耳にまで届きました。
 殿さまはさっそく、源五郎とまつを呼び寄せました。
 まつは源五郎の合図に合わせて、逆立ちや宙返りの芸を見せました。、
「これは見事。見事だ」
 殿さまは、大喜びです。
 そしてまつの芸を見終わった殿さまは、源五郎に言いました。
「源五郎よ。金なら、いくらでも出そう。だからサルをゆずってくれ」
「えっ、まつを?」
 これには、源五郎も困ってしまいました。
 たとえ殿さまの命令でも、まつは我が子同様に可愛がっているサルです。
(よわったな)
 何と返事をしたら良いかと迷っていると、源五郎のそばに座っていたまつが、とつぜん殿さまの前に進み出て、ていねいに両手をつくと、
『そればかりは、ごかんべんを』
と、言う様に、何度もおじぎをしたのです。
 これを見た殿さまは、とても心を打たれて、
「よいよい、今の言葉は取り消しじゃ。だがその代わり、時々城へ遊びに来るのじゃぞ」
と、やさしく言いました。
 こうして源五郎夫婦とまつは、それからも仲良く幸せに暮らしました。

 今でもまつのお墓は、松代町大信寺にある徳嵩家の墓地に残っているそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/02/19 Wed. 08:48 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

19

ふるさと散歩237-10 下関市園芸センター 

qq27.jpg

qq28.jpg

qq29.jpg

関連記事

Posted on 2014/02/19 Wed. 08:46 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19

ふるさと散歩237-9 下関市園芸センター 

qq24.jpg

qq25.jpg

qq26.jpg

関連記事

Posted on 2014/02/19 Wed. 08:44 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19

ふるさと散歩237-8 下関市園芸センター 

qq21.jpg

qq22.jpg

qq23.jpg

関連記事

Posted on 2014/02/19 Wed. 08:42 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19

ふるさと散歩237-7 下関市園芸センター 

qq18.jpg

qq19.jpg

qq20.jpg

関連記事

Posted on 2014/02/19 Wed. 08:40 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19

ふるさと散歩237-6 下関市園芸センター 

qq15.jpg

qq16.jpg

qq17.jpg

関連記事

Posted on 2014/02/19 Wed. 08:39 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19