12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ふるさと散歩229-25 海響館 

ff90.jpg

ff91.jpg

ff92.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 14:30 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-24 海響館 

ff87.jpg

ff88.jpg

ff89.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 14:29 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-23 海響館 

ff84.jpg

ff85.jpg

ff86.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 14:27 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-22 海響館 

ff81.jpg

ff82.jpg

ff83.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 14:26 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-21 海響館 

ff78.jpg

ff79.jpg

ff80.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 14:24 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ハマグリ姫 

ハマグリ姫


 むかしむかし、若い漁師がお母さんと二人で暮らしていて、漁師はお母さんをとても大切にしていました。
 ある日の事です。
 漁師はいつもの様に小さな舟に乗って魚を捕りに行ったのですが、どうした事か魚は一匹も捕れません
「困ったな。これでは、お母さんに食べさせる事が出来ない。どうしよう?」
 漁師が一人言を言っていると、釣り糸の先に何かかかりました。
 漁師が引き上げてみると、それは小さな小さなハマグリでした。
「何だ、ハマグリか」
 漁師はガッカリして、ハマグリを舟の中に放り出しました。
 すると不思議な事に、小さなハマグリが、みるみる大きくなって、ついには両手でも抱えきれないほどの大きさになったのです。
 しばらくすると、ハマグリはキラキラと金色の光を放って二つに割れました。
 そして中から、きれいなきれいなお姫さまが現われたのです。
 びっくりした漁師は、恐る恐る尋ねました。
「あ、あなたさまは、どなたですか?」
 すると、お姫さまは、
「わたしが誰なのか、自分でも知りません。どうぞ、あなたのお家へお連れ下さい」
と、悲しそうに言いました。
「そうか・・・」
  漁師は気の毒に思って、お姫さまを自分の家へ連れて帰りました。

 さて、貧乏な漁師の家に天女(てんにょ)が現われたという噂は、すぐに国中へ広まりました。
 そして大勢の人が天女をおがみに来て、お米や麻の束を供えていったのです。
 するとお姫さまはその麻を糸につむいで、とても美しい織物(おりもの)を織(お)りあげました。
 そして漁師にこう言いました。
「これを都へ持って行って、三千両(→二億円ほど)で売ってきてください」
「わかった」
 漁師は都へ行くと、一日中、織物(おりもの)の買い手を探しましたが、三千両という値段を聞くと誰もがあきれて買ってくれません。
 あきらめて帰ろうとすると、大勢のお供を連れた立派なおじいさんがやって来て、漁師に声をかけました。
「これは素晴らしい織物だ。値段はいくらだ」
「その、三千両でございます」
「それは安い! 是非とも買わせて貰おう」
 おじいさんは漁師を立派な屋敷に招待すると、見たことがないようなごちそうなお酒で漁師をもてなしました。
 そして家来に言いつけて、三千両のお金を漁師の家に届けさせたのです。
 やがて漁師が家に帰ってみると、お金はちゃんと届いていました。
 お姫さまはにっこり笑って漁師を出迎えると、漁師とお母さんにこんな事を言いました。
「織物が売れて、よろしゅうございましたね。それではこれで、お別れいたします。お二人とも、どうぞお幸せに」
 漁師とお母さんは、びっくりです。
「まあ、これからは三人で、楽しく幸せに暮らそうと思っていましたのに」
「そうだ。大切にするから、このまま一緒に暮らしてくれ」
 でも、お姫さまは首を横に振って、
「最後に、本当の事を申しましょう。実はわたしは、観音様(かんのんさま)のお使いで、お母さんを大切にしているあなたを助ける為にやって来たのです。わたしの役目は終わりました。では、さようなら」
 お姫さまはそう言って、空に舞い上がりました。
 その後、漁師は三千両のお金で、お母さんと幸せに暮らしたそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 11:09 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-20 海響館 

ff75.jpg

ff76.jpg

ff77.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 11:07 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-19 海響館 

ff72.jpg

ff73.jpg

ff74.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 11:05 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-18 海響館 

ff69.jpg

ff70.jpg

ff71.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 11:04 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩229-17 海響館 

ff66.jpg

ff67.jpg

ff68.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/15 Wed. 11:02 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15