12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

タコとり長兵衛 

タコとり長兵衛


 むかしむかし、あるところに、まい日タコをとり、それを売ってくらしている、タコとり長兵衛(ちょうべえ)という男がいました。
 ある日、ずっと遠くのにぎやかな町まで、タコ売りにいったところ、大きな家の前に『おれの家のむすめをもらいたいとおもう人は、だれでもなかに入ってこい』という、かんばんを見つけました。
 長兵衛は、
「おれのようなものがいっても、あいてになってくれるだろうか?」
と、思いましたが、そのまま入っていきました。
「あの、かんばんをみて、まいりました」
 すると、おくから番頭(ばんとう→詳細)がでてきて、
「おまえは、なんていう名前の人だ?」
「おれは、あしのくらの千軒町(せんげんちょう)からきた、タコとり長兵衛というもの。そこは、ねていて朝日夕日をおがむにいいところだ」
「それは、たいしたところだなあ」
と、おくにとりついでくれました。
 親たちはそれをきいて、むすめをよび、
「ずいぶん遠いところのようだが、おまえはどうするつもりかな」
と、ききました。
 すると、いつもへんじをしなかったむすめが、
「いくことにする」
と、いったのです。
 長兵衛はよろこんで、
「いついつかの、いつごろむかえにくるから」
と、やくそくして、その日はかえっていきました。
 いよいよその日になりましたが、長兵衛からは、なんのたよりもありません。
 父はしかたなく、むすめと荷物を車にのせ、みんなで海ぞいの道を歩いていきました。
 そして、道とおる人に、
「あしのくらの千軒町は、ここからなんぼぐらいあるべか」
と、ききました。
「そこは、ここからまだ三里も四里(一里は、約四キロメートル)もあって、なんにもないたいへんなところだ、もどったほうがよい」
 むすめをおくってきた人たちは、それをきいて、
「そんなに遠いところまで、いっしょについていかれねえ。おまえももどったほうがよい」
と、いいましたが、むすめは、
「おれはいくとけっしんして、へんじをしてしまったから、ひとりでもいく」
と、いって、おくってきた人たちと、わかれることにしました。
 そして、たずねたずねして、やっと夜になってつきました。
 そこは千軒町といっても、海べに家は一けんしかありません。
 その家も、四方のかべもないあばら家です。
 たしかにこれなら、ねていて朝日夕日をおがむにいいわけです。
 長兵衛は、
「よくきてくれたなあ。こういう遠いところだから、とてもきてもらえないとおもっていた。むかえにもでなくて、すまなかった」
と、いって、たいそうよろこびました。
 こうしてむすめは、長兵衛のあねちゃ(→奥さん)になりました。
 嫁をもらった長兵衛は、いっそうタコとりにせいだして、町に売りに歩きました。
 ある日、近くの町にいってみると、大きいあき家に、
《この家を買う人があれば、三十文(千円ほど)で売る》
と、たてふだがたっていました。
 長兵衛は心のなかで、「こりゃあやすい」とおもいましたが、とおりがかりの人が、
「この家は、ばけものやしきだよ」
と、教えてくれたので、そのまま家にもどってきました。
「町に三十文で売るという、大きな家があったども、ばけものやしきだというし、三十文の銭こもねくて、買えねかった。ざんねんだなあ」
 それきいたあねちゃは、
「ばけものやしきだって、なんもおっかなくねえもんだ。おらのさいふに三十文の銭こはあるから、今からいって買ってこい」
と、いって、おくから三十文を持ってきました。
 そして、二人はその大きい家にひっこしたのです。
 長兵衛はまい日、朝早くからタコとりにいくので、まい日あねちゃは、大きな家でるすばんをして、はり仕事をしていました。
 ある日、とつぜんおくざしきのほうから、
 ドンドン、ドンドン
と、ゆか板ならして、六尺(百八十センチ)の坊主があねちゃの前に、でんとたちふさがりました。
 さすがのあねちゃもビックリして、ブルブルふるえていましたが、だまって知らないふりをして、はり仕事をつづけました。
 すると、しばらくして、
 ドンドン、ドンドン!
と、どこかにいってしまいました。
 でも、またすぐ、
 ドンドン、ドンドン
と、音がして、こんどは三つ目の坊主が出てきて、あねちゃをジッと見つめています。
 あねちゃは目をつぶって、知らないふりをしていたら、やがてそれも、
 ドンドンと、行ってしまいました。
 あねちゃがホッとしているところに、また、おくのほうから、パタパタと足音がして、こんどは年とったおばあさんが、赤い手ぬぐいをかぶってでてきました。
 そのおばあさんは、あねちゃのそばにベッタリとくっついて、
「あねちゃ、おれたちはばけものではねえんだよ。じつは金の精だ。この家のなかにある金をわたしたくて、今までになんどもなんどもでてきたが、ひっこしてきた人たちは、みなにげていってしまった。おまえにその金をみなわたすから、おれについてこい」
と、いって、おくのざしきにつれていきました。
 そこであねちゃが、おばあさんにいわれてゆか板をはがすと、大きなかめがでてきました。
 おばあさんが、
「ふたをとってみれ」
と、いうので、ふたをとってみたら、なかにはピカピカひかる小判がいっぱい入っていました。
「なんとまあ!」
 あねちゃがビックリしているまに、おばあさんは、いなくなっていました。
 タコをとってかえってきた長兵衛は、小判のいっぱい入ったかめをみて大よろこび。
 二人は大金持になり、それから一生なかよく楽しくくらしたということです。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/01/14 Tue. 14:40 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

14

思い出写真館251 

f251.jpg
【金比羅】
関連記事

Posted on 2014/01/14 Tue. 14:19 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

14

ふるさと散歩229-10 海響館 

ff37.jpg

ff38.jpg

ff39.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/14 Tue. 11:00 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

14

ふるさと散歩229-9 海響館 

ff34.jpg

ff35.jpg

ff36.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/14 Tue. 10:58 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

14

ふるさと散歩229-8 海響館 

ff31.jpg

ff32.jpg

ff33.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/14 Tue. 10:57 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

14