12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島さんぽ156-28 水門 

ss81.jpg

ss82.jpg

ss83.jpg

ss84.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:38 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-27 水門 

ss78.jpg

ss79.jpg

ss80.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:37 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-26 水門 

ss75.jpg

ss76.jpg

ss77.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:36 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-25 水門 

ss72.jpg

ss73.jpg

ss74.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:33 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-24 水門 

ss69.jpg

ss70.jpg

ss71.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:31 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-23 水門 

ss66.jpg

ss67.jpg

ss68.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:30 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-22 水門 

ss63.jpg

ss64.jpg

ss65.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:28 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-21 水門 

ss60.jpg

ss61.jpg

ss62.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 14:27 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09

ピアンとサル 

ピアンとサル
マレーシアの昔話


 むかしむかし、ピアンと言う、とても働き者のお百姓がいました。
 ピアンは小人の様に小さかったですが、ピアンの作る野菜はとてもおいしいと、みんなの評判でした。
 ある朝の事です。
 ピアンがカボチャ畑へ行ってみると、昨日まで見事になっていたたくさんのカボチャが、さんざんに荒らされています。
「誰が、こんなイタズラをしたんだ? 神さま。こんなイタズラをした奴を、どうかこらしめてください!」
 ピアンは家へ帰ると、ふと、良い事を思いつきました。
「そうだ。カボチャ畑にかかしを立てて、イタズラをしに来た奴をおどしてやろう」
 そこでピアンは、大きなかかしを作りました。
 でもかかしだけでは、驚かないかもしれません。
「ついでに、かかしに生ゴムを塗りつけてやろう。そうすればイタズラをした奴は、かかしに塗った生ゴムがくっついて離れなくなるだろう」
 ピアンはそう考えると、チューインガムの様にベタベタする生ゴムを、たっぷりとかかしに塗りつけました。
 そしてそのかかしを、カボチャ畑のまん中に立てました。

「はてな? あれはなんだろう?」
 その様子を見て森の中から出て来たのは、イタズラもののサルです。
 最初は不思議そうにかかしを見ていましたが、かかしが全然動かない作り物だと分かると、 「よし。こうしてやれ」
と、サルはかかしの体にパンチをしました。
 するとかかしの生ゴムがベッタリと手について、手が離れなくなりました。
「ええい、こんちくしょう」
 怒ったサルは、かかしにキックをしました。
 すると足もかかしに引っ付いてしまい、サルは動けなくなりました。
「あーん、あーん、あーん。助けてくれえー」
 サルは、泣き出しました。
「さあ、捕まえたぞ。イタズラザルめ。カボチャは、お前がやったんだな!」
 ピアンに捕まったサルは、泣きながらピアンに謝りました。
「キッキー。お許しくださいピアンさま。もう二度と、イタズラはいたしません」
「ふん。そんな事で、だまされるもんか」
「本当です。本当に、もう二度とイタズラはいたしません
  サルがあんまり謝るので、心やさしいピアンはサルを許してやりました。
「よし、今回だけは許してやろう」
「ありがとうございます、ピアンさま。お礼に、おっしゃる事なら何でもいたします」
「ふん。大きな事を言う奴だな。・・・それならこのわしを、お城に住める様にしてくれるか?」
 ピアンは、からかって言ったのですが、
「はい。お安いご用です」
と、サルは約束して、森の中へ帰って行きました。
「おもしろいサルだ」
 ピアンは、サルの言う事などあてにはしていませんでしたが、サルの方は本気です。
 サルは森の奥の奥にある、オニのお城まで走って行くと、
「た、た、大変だあー!」
と、叫びながら、お城の門の前で穴を掘り始めました。
「何だ。サルめ。何をあわてて、穴など掘っておるのじゃ?」
 集まって来たオニたちが聞くと、サルは血相を変えて言いました。
「何を、そんなのんきな事を! いいですか、実は隣の国の兵隊が、百頭のゾウに乗って攻めて来るんですよ。だからわたしは踏み潰されない様にと、ここに穴を掘って隠れるつもりなのです」
 サルの言葉に、オニのお城は大騒ぎになりました。
「大変だ、いくらおれたちでも、百頭もゾウに攻めて来られてはたまらない。早くおれたちも穴を掘って隠れよう」
「いや、今から穴を掘っても間に合わないぞ! それよりも、お城の井戸(いど)の中へ隠れるんだ」
 こうしてオニたちは、次々と井戸の中へ飛び込みました。
 そして最後のオニが飛び込むと、サルは重い石を持って来て、井戸の上にかぶせました。
「さあ、これでもう出られないぞ。ではピアンさまをお迎えに行こう」

 こうしてピアンは、サルのお陰でお城を手に入れて、一生幸せに暮らしました。

おしまい
関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 10:19 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

09

彦島さんぽ156-20 水門 

ss57.jpg

ss58.jpg

ss59.jpg

関連記事

Posted on 2014/01/09 Thu. 10:17 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

09