09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

洪水から村をすくった若者 

洪水から村をすくった若者
宮崎県の民話


 むかしむかし、ある村に大きな池があり、白い大蛇(だいじゃ)と黒い大蛇が住んでいました。
 二匹の大蛇はとてもおとなしく、いつも仲良く池を泳いだり、池のほとりで寄りそっているのを畑仕事をしている村人たちがほほえましく見ていました。

 ところがある日、この二匹の大蛇が死んでしまったのです。
 それからというもの雨が降ると池の水があふれ出して、村の家や田畑を押し流すようになりました。
 村人たちは力をあわせて池のまわりにじょうぶな土手(どて)をつくりましたが、大雨が降ると土手が切れて村はたちまち水びたしになってしまいます。
 土手を何度なおしても、大雨が降ると村は水びたしです。
 そこで都から有名な占い師をまねいて、どうしたらよいかを占ってもらいました。
 すると占い師は、
「この池には、白い大蛇と黒い大蛇がいただろう。
 その大蛇が村人のためにずっと池を守ってきたのに、誰もその事に感謝をしない。
 お前たちの恩知らずに、大蛇の霊(れい)は怒っておるぞ。
 明日の朝、池のほとりを通る薄緑色の着物を着た若者をいけにえに差し出せば、大蛇の霊が再び池を守ってくれるだろう」
と、言うのでした。
「若者をいけにえ・・・」
 村が救われるとしても、誰もいけにえになりたくはありません。
 村の若者たちは占い師の話を聞いて、明日は家から一歩も出ないようにしようと思いました。
 ところが次の日の朝、夜明けとともに池の土手の上に若者が現れたのです。
 それは長千代丸(ながちよまる)という、村の酒屋の三番目の息子でした。
 長千代丸は占い師の言っていた、薄緑色の着物を着ていました。
 そして土手の上で正座(せいざ)をすると、池の向こうから登ってくるお日さまを見つめながら、自分のお腹に刃物を突き刺して命をたってしまったのです。
 長千代丸は村を救うために、自分からいけにえとなったのです。
 それからは池の水があふれる事はなく、田畑がよく実るすばらしい村になったのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 09:45 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

22

やまぐち散歩21-40 別府弁天池 

ab19.jpg

ab20.jpg

ab21.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 09:43 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

22

やまぐち散歩21-39 別府弁天池 

ab16.jpg

ab17.jpg

ab18.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 09:41 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

22

やまぐち散歩21-38 別府弁天池 

ab13.jpg

ab14.jpg

ab15.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 09:39 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

22

やまぐち散歩21-37 別府弁天池 

ab10.jpg

ab11.jpg

ab12.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/22 Tue. 09:38 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

22