09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々171 

171.jpg
関連記事

Posted on 2013/10/17 Thu. 12:04 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

17

白ギツネの恩返し 

白ギツネの恩返し
石川県の民話


 むかしむかし、加賀の殿さまに可愛がられていた、弥三右衛門(やざえもん)という弓の名人がいました。

 ある日の事、弥三右衛門は殿さまと一緒に狩りに出かけました。
 その時、やぶの中から白いキツネが飛び出してきたのです。
 白いキツネはとても縁起の良いキツネなので、殿さまはすぐに欲しくなって、
「おおっ、白ギツネじゃ。弥三よ、あれを射よ」
と、命じました。
「はっ!」
 弥三右衛門は馬にまたがると、キツネを追いつめて矢をはなとうとしました。
 するとキツネはくるりとあおむけにひっくりかえって、お腹のあたりを前脚でさししめしたのです。
 見てみてるとキツネはメスギツネで、大きなお腹をしていました。
 キツネの目には、大粒のなみだがうかんでいます。
「そうか。お前は母親で、お腹には子がいるのか。・・・わかった、行くがよい」
 弥三右衛門は白ギツネを、そのまま逃がしてやりました。
 するとこれを見た殿さまがかんかんに怒って、その場で弥三右衛門を首にしたのです。

 城を追い出された弥三右衛門は、ほかの地でくらそうと旅立ちました。
 そして旅の途中の峠の宿で寝ていると、あの白ギツネが女の人の姿になって夢に現れたのです。
「わたしのために、まことに申しわけありません。その代わりといってはなんですが、これから江戸へお行きなさい。必ず、恩返しをしますので」
 白ギツネはそう言うと、夢の中から消えていきました。
「・・・夢か。まあよい、どうせ行く当てもないのだから、江戸に行ってみるか」
 次の朝、弥三右衛門は夢で言われた通り江戸にむかい、浅草に住む事にしました。

 弥三右衛門が浅草に来てからしばらくたった年の暮れ、また白ギツネが夢に現れました。
「あなたさまに命を助けられた子どもたちは、みな元気に育っております。本当にありがとうございました。では約束の恩返しに、病を治すお札を差し上げましょう。これからはこのお札で、病気の人たちを治してあげてください」
 白ギツネはそう言うと枕元にお札を一枚置いて、病気の治し方を教えてくれたのです。
 そのお札は不思議な力を持っていて、弥三右衛門が教えられた通りにお札を使って治療をはじめると、どんな病気もすぐに治ったのです。
 お札の治療はたちまち評判となって、弥三右衛門は大金持ちになりました。
 弥三右衛門はそのお金で、白ギツネのために立派な神社をたてたという事です。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/10/17 Thu. 09:55 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩215-15 秋田商会 

ak42.jpg

ak43.jpg

ak44.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/17 Thu. 09:52 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩215-14 秋田商会 

ak39.jpg

ak40.jpg

ak41.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/17 Thu. 09:51 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17

ふるさと散歩215-13 秋田商会 

ak36.jpg

ak37.jpg

ak38.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/17 Thu. 09:49 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

17