09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々169 

169.jpg
関連記事

Posted on 2013/10/10 Thu. 10:13 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

10

あこや姫 

あこや姫
山形県の民話


 むかしむかし、千歳山の麓に、あこや姫という、とても琴の上手なお姫さまが住んでいました。
 ある夜の事、あこや姫が琴を弾いていると、
♪ピーヒャララ
と、どこかからか素晴らしい笛の音が聞こえてきました。
 あこや姫がその笛の音色に聞き惚れて、思わず琴の手を止めると、その笛の主である若者が姿を現して、こう言いました。
「私は、名取の左衛門太郎という者です。あなたの琴の音に惹かれて、ここまでやって来ました。さあ、あなたの琴をお聞かせ下さい」
「はい。それでは、ご一緒に」
 それからというもの、あこや姫が琴を弾き始めると、若者は笛を吹きながら現れるようになったのです。
 そんなある日の事、今日も笛を吹きながらやって来た若者が、沈んだ表情であこや姫に言いました。
「実は私は、千歳山の老松なのです。明日、私は、流された名取川の橋材として切り倒される事になったのです。ですから、もうここには来られなくなりました」
 若者はそう言って悲しくほほえむと、すーっと、煙のように姿を消してしまいました。
 次の日、あこや姫が名取川に言ってみると、左衛門太郎が言っていた通り、村では名取川の大橋が洪水で流されていて、その代わりに老松が切られる事になっていたのです。
「そんな・・・」
 びっくりしたあこや姫が、その老松の所へ行ってみると、すでに老松は切り倒された後でした。
 けれど不思議な事に、村人たちがその老松を運ぼうとしても、老松は見えない根でも生えているかのように、びくとも動かないのです。
 けれど、あこや姫が老松のそばに来て、切られた老松に手をかけると、今までびくともしなかったのが嘘のように、老松は動き出したのです。
 それから数日後、あこや姫は老松が切られた場所に若松を植えて、万松寺を建てて菩提を弔ったのです。
 やがてこの松は、『あこやの松』と呼ばれるようになり、あこや姫と老松が最後に別れた峠を、『笹谷峠』と呼ぶようになったそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/10/10 Thu. 09:55 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩214-15 藤原義江記念館 

kl62.jpg

kl63.jpg

kl64.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/10 Thu. 09:47 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩214-14 藤原義江記念館 

kl59.jpg

kl60.jpg

kl61.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/10 Thu. 09:45 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩214-13 阿弥陀寺 

kl36.jpg

kl57.jpg


kl58.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/10 Thu. 09:44 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10