09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々167 

167.jpg
関連記事

Posted on 2013/10/05 Sat. 13:47 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

05

しあわせの王子 

しあわせの王子
ワイルドの童話


 むかしむかし、ある町には、美しい『しあわせの王子』の像(ぞう)がありました。
 その『しあわせの王子』の体には、金色に光かがやく金ぱくが貼ってあります。
 青いひとみはサファイアで、腰の剣には大きいルビーがついています。
 町の人たちは、このすばらしい王子のようにしあわせになりたいと願いました。

 冬が近づいてきた、ある寒いタ方の事です。
 町に、一羽のツバメが飛んで来ました。
「ふうーっ。ずいぶんと、遅れちゃったな。みんなはもう、エジプトに着いたのかなあ? 今日はここで休んで、明日旅に出よう」
 ツバメはしあわせの王子の足元にとまり、そこで眠ろうとしました。
 するとポツポツと、しずくが落ちてきました。
「あれれ、雨かな? 雲もないのに、変だな。・・・あっ、王子さまが泣いている。もしもし、どうしたのですか?」
 ツバメがたずねると、王子が答えました。
「こうして高い所にいると、町中の悲しい出来事が目に入ってくるんだ。でもぼくには、どうする事も出来ない。だから泣いているんだよ」
「悲しい出来事?」
「ほら、あそこに小さな家があるだろう。子どもが病気で、オレンジが食べたいと泣いている。お母さんは一生けんめい働いているが、貧しくて買えないんだ」
「それは、お気の毒に」
「ツバメくん、お願いだ。ぼくの剣のルビーを、あそこへ運んでおくれよ」
「うん。わかった」
 ツバメは王子の腰の剣のルビーをはずして、熱で苦しんでいる男の子のまくらもとにルビーを置きました。
「つらいだろうけど、がんばってね」
 ツバメはつばさで、男の子をそっとあおいで帰ってきました。
 王子のところへ帰ってきたツバメは、ある事に気づきました。
「不思議だな。こんなに寒いのに、なんだか体がポカポカするよ」
「それは、きみが良い事をしたからさ。ツバメくん」

 次の日、王子はまたツバメに頼みました。
「ぼくの目のサファイアを一つ、才能のある貧しい若者に運んでやってくれないか?」
「でもぼく、そろそろ出発しなくちゃ」
「お願いだ。きょう一日だけだよ。ねえ、ツバメくん」
「・・・うん」
 ツバメがサファイアを運んでやると、若者は目を輝かせて喜びました。
「これでパンが買える! 作品も、書きあげられるぞ!」

 次の日、ツバメは今日こそ、旅に出る決心をしました。
 そして王子に、お別れを言いました。
「王子さま。これからぼくは、仲間のいるエジプトに行きます。エジプトはとてもあたたかくて、お日さまがいっぱいなんです」
 けれど王子は、また頼みました。
「どうか、もう一晩だけいておくれ。あそこで、マッチ売りの女の子が泣いているんだ。お金をかせがないとお父さんにぶたれるのに、マッチを全部落としてしまったんだ。だから残ったサファイアを、女の子にあげてほしいんだ」
「それでは、王子さまの目が見えなくなってしまいますよ」
「いいんだ。あの子がしあわせになれるのなら、目が見えなくとも」
「王子さま・・・」
 人のしあわせのために自分の目をなくした王子を見て、ツバメは決心しました。
「王子さま、ぼくはもう旅に出ません。ずっと、おそばにいます。そして、王子さまの目の代わりをします」
「ツバメくん。ありがとう」
 それからツバメは町中を飛び回り、貧しい人たちの暮らしを見ては王子に話して聞かせました。
「それでは、ぼくの体についている金を全部はがして、貧しい人たちに分けてくれないか」
「わかりました」
 ツバメは言いつけ通り王子の体から金ぱくをはがすと、貧しい人たちに届けてやりました。

 やがて、空から雪がまい落ちてきました。
 とうとう、冬がきたのです。
 さむさに弱いツバメは、こごえて動けなくなりました。
「ぼくは、もうだめです。王子さま、さようなら。良い事をして、ぼくはしあわせでした」
 ツバメは最後の力で王子にキスをすると、そのまま力つきて死んでしまいました。
 パチン!
 その時、王子の心臓(しんぞう)が悲しみにたえかねて、はじけてしまいました。

 次の朝、町の人たちはしあわせの王子の像が、すっかり汚くなっているのに気づきました。
「美しくない王子なんか、とかしてしまおう」
 ところが不思議な事に、王子の心臓だけはどんなにしてもとけませんでした。
 そこで王子の心臓は、そばで死んでいたツバメといっしょにすてられました。

 そのころ、神さまと天使(てんし)がこの町へやってきました。
「天使よ。この町で一番美しい物を持っておいで」
 神さまに言いつけられて天使が持ってきたのは、王子の心臓とツバメでした。
 それを見て、神さまはうなずきました。
「よくやった。これこそが、この町で一番美しい物だ。王子とツバメは、大変良い事をした。この二人は、天国に連れて帰ってやろう」
 こうして人々を助けるために死んだ王子とツバメは、天国でしあわせに暮したのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/10/05 Sat. 10:36 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩213-20 下関市立考古博物館 

kk57.jpg

kk58.jpg

kk59.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/05 Sat. 10:33 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩213-19 下関市立考古博物館 

kk54.jpg

kk55.jpg

kk56.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/05 Sat. 10:31 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩213-18 下関市立考古博物館 

kk51.jpg

kk52.jpg

kk53.jpg

関連記事

Posted on 2013/10/05 Sat. 10:29 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05