08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ふるさと散歩205-27 椋野 

IMG_2209_20130905154242486.jpg

IMG_2211_20130905154244452.jpg

IMG_2212_20130905154245b4a.jpg

IMG_2213_201309051542475e2.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 15:43 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-26 椋野 

IMG_2206_20130905154103703.jpg

IMG_2207_20130905154104ff9.jpg

IMG_2208_201309051541060ae.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 15:41 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-25 椋野 

IMG_2202_201309050855100cb.jpg

IMG_2203_20130905085511edf.jpg

IMG_2204_201309050855138bf.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:55 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-24 椋野 

IMG_2197_20130905085311672.jpg

IMG_2198_20130905085313f22.jpg

IMG_2199_20130905085314208.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:53 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-23 椋野 

IMG_2194_20130905085103d18.jpg

IMG_2195_20130905085105660.jpg

IMG_2196_20130905085106e37.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:51 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-22 椋野 

IMG_2191_20130905084921557.jpg

IMG_2192_20130905084922445.jpg

IMG_2193.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:49 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-21 椋野 

IMG_2186_2013090508472451d.jpg

IMG_2187_20130905084726204.jpg

IMG_2188.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:47 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ハチの恩返し 

ハチの恩返し
栃木県の民話


 むかしむかし、那須与一(なすのよいち)という、弓の名手(めいしゅ)がいました。
 与一(よいち)は源氏(げんじ)の武士(ぶし)で、平家(へいけ)と戦った屋島の合戦(やしまのかっせん)の時に、海に逃れていた平家の小舟に立てた扇(おおぎ)の的(まと)をたった一本の矢で射落(いお)としたのです。
 そのあまりの見事さに、この時は敵も味方も関係なく大歓声(だいかんせい)がわきあがったそうです。
 このとき与一は、二十歳の若者でした。
 このお話は、その数年前のお話です。

 与一は幼い頃から下野の国(しもつけのくに→栃木県)で、弓の腕をみがいていました。
 ある日、与一が弓を持って那煩野(なすの)の原へ狩りに出かけると、ススキのやぶにはられたクモの巣(す)に一匹のハチがかかってもがいていたのです。
 葉っぱのかげには大きなクモがいて、獲物(えもの)が疲れるのをジッと待っています。
「クモはこのハチを食べなくても死にはしないが、ハチはクモに食べられれば死んでしまう」
 そう思った与一は、弓の先でクモの巣をやぶってハチを逃がしてやりました。

 それから何日かたって、与一がまた那須野の原に出かけると、ススキのやぶの中に子どもが立っています。
 子どもはにっこり笑うと、与一に深々と頭を下げて言いました。
「この間は命をお助け下さって、ありがとうございました。お礼がしたいと、父がお待ちしております。ぜひ、家へお立ち寄り下さい」
「はて? この間とは?」
 この時、与一はハチを助けた事を思い出しました。
(しかし、まさかな)
 与一が子どもに案内されるままススキのやぶに進むと、やぶの奥に美しい赤い門がたっていて、金銀をちりばめたように光り輝く宮殿(きゅうでん)があったのです。
 宮殿の中に通されると、頭にかんむりをのせた老人が待っていました。
「与一どの、来てくれてありがとう。この子は、わたしの子です。あなたの助けによって、命をすくわれました。恩返しのお礼に、わが家に伝わる宝物の矢を差し上げましょう。この矢で射(い)れば、あなたは天下(てんか)に名をあげる事が出来るでしょう」
 そう言って老人は、与一に一本の矢を手渡しました。
「これは素晴らしい!」
 それはとても美しい矢で、持つだけで力がわいてきます。
「これほどの矢を、ありがとうございます」
 喜んだ与一が顔を上げると、不思議なことに老人も子どもも、黄金の宮殿も立派な赤い門も消えていていたのです。

 さて、与一がのちに屋島の合戦で平家の小舟の扇の的を射たのは、このときハチにもらった矢だったという事です。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:46 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-20 椋野 

IMG_2183_20130905084208d9f.jpg

IMG_2184_20130905084210a0e.jpg

IMG_2185_20130905084211ba4.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:42 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05

ふるさと散歩205-19 椋野 

IMG_2179_20130905084018d83.jpg

IMG_2180_201309050840195b2.jpg

IMG_2181_20130905084021bb2.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/05 Thu. 08:40 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

05