08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ふるさと散歩212-30 やまぎん史料館 

IMG_2384_20130930091027c5d.jpg

IMG_2385_20130930091028cf7.jpg

IMG_2386.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 09:11 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-29 やまぎん史料館 

IMG_2381_20130930090826aa1.jpg

IMG_2382_20130930090827bd8.jpg

IMG_2383.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 09:09 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-28 やまぎん史料館 

IMG_2378.jpg

IMG_2379_2013093009064557d.jpg

IMG_2380_20130930090646355.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 09:07 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-27 やまぎん史料館 

IMG_2375.jpg

IMG_2376.jpg

IMG_2377.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 09:05 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-26 やまぎん史料館 

IMG_2372.jpg

IMG_2373.jpg

IMG_2374.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 09:04 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

助けられた赤ウシ 

助けられた赤ウシ
北海道の民話


 むかし、北海道の函館善光寺(はこだてぜんこうじ)というお寺が完成する半月ほど前の朝、ご本尊(ほんぞん)を安置(あんち)していた仮の本堂(ほんどう)に、大きなウシがものすごい勢いで飛び込んできました。
 飛び込んできたのはメスの赤ウシで、人間に食べられるために連れていかれる途中でしたが、お寺の鐘(かね)の音をきくといきなりたづなをふりきって走り出し、お堂の中に飛び込んだというのです。
 連れてきたウシ飼いたちがたづなをひいたり体をたたいたりしても、ウシはビクとも動きません。
 こまったウシ飼いたちは大勢の仲間を呼んで、力ずくでお堂からウシを引き出しました。
 そのとき、お寺の和尚(おしょう)さんが、
「この赤ウシはご本尊の如来(にょらい)さまと縁(えん)があって、このお堂に逃げ込んできたのだろう。殺されるのは仕方がないが、せめて殺されたらそのツノをもらいうけて供養(くよう)してやりたい」
と、両手を合わせて、大きな赤ウシを見送りました。

 それからしばらくしたころ、和尚さんはその赤ウシが肉にされずに、まだ生きていることを聞いたのです。
 和尚さんは、すぐに出かけていって、
「殺されずに命を長らえているのは、やはり如来さまと縁があるのじゃ。お寺で飼ってやれば、信者も喜ぶであろう」
と、その赤ウシをもらいうけてました。

 やがて、お寺が完成しました。
 和尚さんは赤ウシのために小屋をたてて、その前に賽銭箱(さいせんばこ)を置きました。
 そして赤ウシの話を書いた紙を町でくばり、
「このウシは、長野の善光寺(ぜんこうじ)の如来さまの生まれかわりじゃ」
と、言って、お寺の信者をふやしていったのです。

 その後、和尚さんは信者たちと赤ウシをひいて北海道から海をわたり、長野県の善光寺参りをしました。
 赤ウシは善光寺の本堂の前に行くと、前足をたたんでうやうやしく頭を下げたので、それを見ていた人たちはビックリしたそうです。
 赤ウシは函館へ帰ってきてからも信者たちに愛されていましたが、やがて病気になって死んでしまいました。
 するとお寺も、だんだんとさびれていったという事です

おしまい
関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 09:02 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-25 やまぎん史料館 

IMG_2368_20130930090025ecc.jpg

IMG_2370.jpg

IMG_2371.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 09:00 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-24 やまぎん史料館 

IMG_2365_20130930085856f37.jpg

IMG_2366_20130930085857652.jpg

IMG_2367_20130930085859f90.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 08:59 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-23 やまぎん史料館 

IMG_2364_20130930085720bd2.jpg

IMG_2365.jpg

IMG_2366.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 08:57 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-22 やまぎん史料館 

IMG_2361.jpg

IMG_2362.jpg

IMG_2363_2013093008554248b.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 08:56 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

ふるさと散歩212-21 やまぎん史料館 

IMG_2357.jpg

IMG_2358_20130930085346e4e.jpg

IMG_2359_2013093008534881a.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/30 Mon. 08:54 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

30

世界一美しい物 

世界一美しい物
オランダの昔話


 むかし、オランダの港町に、とても大金持ちの若い奥さんがいました。
 住んでいる家は町で一番大きくて立派で、家のかべにはすばらしい絵がたくさんかかっています。
 床はすべて高価なじゅうたんで、食事の時は金と銀のお皿で食べるのです。

 ある日の事、奥さんがやとっている船長をよんで言いました。
「あなたは、これから世界中をまわってきてください。
 わたしのたくさんの船を、みんなつれて。
 そしてあなたが世界一美しいと思った物、世界一とうとい思った物を持ってきてください。
 期限は、一年間です。
 一年たったら、かならず帰ってきてください」
 そこで船長は、すぐに世界一周の旅に出ました。
 町の人々はみんな、
「あの船長は、どんな宝物を持ってくるだろう?」
と、そればかり話し合っていました。

 一年後、見張りの者がさけびました。
「船が、帰って来たぞー!」
 すると町中の人々が、船つき場に集まりました。
 若い奥さんも、船を出迎えました。
 船長がどんな宝物を持って来たか、はやく見たくてたまらなかったのです。
 船をおりた船長は、奥さんの前にすすみ出ました。
「奥さま、ただいまもどりました」
「あいさつはいいわ。それであなたは、何を見つけてきてくれましたか?」
「はい。わたくしは長い間世界中を旅して、色々な宝物を見ました。
 人の背丈よりも大きな水晶(すいしょう)や、黄金で出来た船もありました。
 しかしどれも、世界一美しい物、世界一とうとい物とは思えませんでした。
 わたくしはもう少しで、あきらめてしまうところでした。
 ところが、バルト海のある港に入った時の事でございます。
 そこは穀物(こくもつ)畑が見渡すかぎり、どこまでもどこまでも広がっておりました。
 ムギの穂(ほ)は風をうけて、波のようにゆれていました。
 太陽は出ると、あたり一面がこがね色に光り輝きました。
 わたくしはこれを見たとたん、穀物(こくもつ)こそが、毎日のパンをつくる穀物こそが世界一美しい物、世界一とうとい物だと思いました。
 そこでわたくしは、船いっぱいに小麦をつんでまいりました」
「何ですって!!」
 奥さんは、顔をまっ赤にして怒りました。
「お前は、わざわざ世界を回って穀物を持ってきたのかい! この、バカ! トンマ! マヌケ!」
 船長は、しずかに答えました。
「わたくしは一年かかって、ようやく世界で一番大切な物は、穀物であることに気がつきました。
 神さまがお与え下された、あのこがね色に光り輝く穀物です。
 あれがなくては、わたくしたちが毎日食べるパンもつくれません」
 しかし奥さんは、その説明になっとくしません。
「ええい。そんな物は、海にすてておしまい!
 船長、お前は首にします。
 お前の顔なんか、もう二度と見たくなありません!」
「・・・・・・」
 船長はだまって、どこかへ行ってしまいました。
「さあはやく、穀物なんかすててしまいなさい!」
 奥さんの命令で、船乗りたちは穀物を海にすてはじめました。
 すると見かけないおじいさんがやって来て、奥さんに言いました。
「なんと、もったいない事を。
 よく、考えてみなさい。
 世の中にはひとかけらのパンもなく、うえて死ぬ人が大勢いるのです。
 神さまから与えられたとうといおくり物をすてたりすれば、神さまのバチがあたってあなたは貧乏になりますよ」
 それを聞いた奥さんは、カラカラと笑いました。
「あははははははっ。神のバチがあたる? そしてこのわたしが、貧乏になるですって? はん、ばかばかしい」
 奥さんは自分の指から世にもすばらしい宝石のついた指輪を抜き取ると、それをいきなり海の中に投げこんでしまいました。
「もし、わたしにバチをあてる力が神にあるというのなら、海に命じてあの指輪をわたしに返してごらんなさい!
 あの指輪には船が何せきも買える価値がありますが、あんな指輪が一つや二つなくなっても、わたしは貧乏になりません。
 わたしは決して、貧乏にはなりません! 」
 奥さんはさけぶと、胸をそらせて帰っていきました。

 数日後、奥さんはパーティーを開きました。
 町のお金持ちたちが、のこらず集まってきました。
 みんなは飲んだり食べたりと、とても大さわぎをはじめました。
 その時、一人のめし使いが、大きなお皿をはこんできました。
 お皿には、大きな大きなさかなの丸あげが乗せてあります。
 さかなが大好きな奥さんが、さっそくさかなのお腹を切りました。
 するとナイフに、何かかたい物が『カチン』とあたりました。
「なんでしょう?」
 奥さんは、さかなのお腹に入っていた物を取り出してびっくりしました。
「あっ!」
 その声に、みんながお皿のまわりに集まってきました。
 みんなも、さかなのお腹から出てきた物を見てびっくりです。
 なんとさかなのお腹から出てきたのは、しばらく前に奥さんが海の中に投げ込んだ、あの指輪だったのです。
 神さまが海に命じて、指輪を奥さんに返したのです。
「ふん、ばかばかしい。ただのぐうぜんです」
 奥さんはその指輪を、ゴミ箱に投げすてました。

 あくる朝、大変な知らせが届きました。
 奥さんの船があらしにあって、みんな沈んでしまったというのです。
 でも、これはほんのはじまりで、不幸なことがそれから次々と続きました。
 飼っていたウシやブタが全て病気で死んでしまったり、家が火事になったりと。

 こうして一年後、奥さんはこじきになって、一切れのパンも食べられなくなったのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/09/28 Sat. 11:48 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

28

思い出写真館213 

f213.jpg
【田中町】
関連記事

Posted on 2013/09/28 Sat. 09:26 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩212-20 やまぎん史料館 

IMG_2354_20130928091707381.jpg

IMG_2355_201309280917090ff.jpg

IMG_2356_2013092809171094e.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/28 Sat. 09:17 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩212-19 やまぎん史料館 

IMG_2351_20130928091528e81.jpg

IMG_2352_20130928091530ed0.jpg

IMG_2353_20130928091531fd5.jpg

関連記事

Posted on 2013/09/28 Sat. 09:15 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28