07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々151 

151.jpg
関連記事

Posted on 2013/08/12 Mon. 10:16 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

12

クジラとモグラ 

クジラとモグラ
和歌山県の民話


 むかしむかし、文覚(もんがく)という偉いお坊さんが、日本一の那智(なち)の滝で修行しようと熊野(くまの)へやって来ました。
 熊野浦(くまのうら)に来ると大シャチが子クジラを追いまわしていたたので、お坊さんは大シャチに自分の弁当をやって代わりに子クジラを逃がしてもらいました。
 すると子クジラは、何度も頭を下げて、
「このご恩は、決して忘れません。きっと、ご恩返しをいたします」
と、言って、海の中へ沈んでいきました。
 また少し行くとモグラが子どもたちにいじめられていたので、お坊さんは子どもたちにお菓子をやって代りにモグラを逃がしてもらいました。
 モグラは、何度も何度も頭を下げて、
「このご恩は、決して忘れません。きっと、ご恩返しをいたします」
と、言って、畑の穴の中に入っていきました。

 さて、お坊さんが那智の近くまでくると、どこからかかわいらしい男の子がやってきて、
「那智の滝に行くなら、恐ろしい赤鬼に注意しないといけないよ。もし赤鬼が出てきたら、このアメをなめさせなさい」
と、アメの入ったきれいなつぼをくれました。
 お坊さんが那智の大滝に着くと、男の子の言っていた赤鬼がドスンドスンとやって来て、問答(もんどう)の勝負をしようと言うのです。
「もしお前が問答勝負に負けたら、食ってやるからな」
 するとお坊さんは、アメの入ったつぼを差し出して、
「その前に、このアメをなめてみろ」
と、言いました。
「うん? なんだ、こんな物。腹の足しにも・・・」
 鬼がアメを一つ口に入れてみると、これがなかなかにおいしいのです。
 そこで二つ三つと口に放り込み、うまいうまいと言いながら問答勝負を忘れてどこかへ行ってしまいました。

 さて、お坊さんがさっそく滝にあたって修行をしようとしたものの、滝つぼの水が多くて滝の下まで行くことが出来ません。
 それを見たモグラは恩返しをするのは今だと思って、日本中のモグラを呼び集めて、滝つぼの底から海までの長い長いトンネルを掘りました。
 これを見たクジラは恩返しをするのは今だと思って、日本中のクジラを呼び集めて、トンネルから流れ出てくる水を吸い込んでは海の上にはき出しました。
 すると滝つぼの水はみるみるへって、お坊さんはらくらくと滝の下に行くことが出来たのです。
 この時にモグラの掘ったトンネルは、那智の滝から勝浦の海に続いており、その穴からは今でも真水が噴き出ているのです。
 また、お坊さんにアメをくれた男の子は那智の観音さまで、そのアメは『那智黒』と呼ばれ、今では那智の名物になっているのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/08/12 Mon. 10:14 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

12

ふるさと散歩195-31 上新地 

IMG_1452.jpg

IMG_1453.jpg

IMG_1454.jpg

IMG_1456.jpg

関連記事

Posted on 2013/08/12 Mon. 10:11 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

12

ふるさと散歩195-30 上新地 

IMG_1449.jpg

IMG_1450.jpg

IMG_1451.jpg

関連記事

Posted on 2013/08/12 Mon. 10:09 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

12

ふるさと散歩195-29 上新地 

IMG_1444.jpg

IMG_1445.jpg

IMG_1446.jpg

関連記事

Posted on 2013/08/12 Mon. 10:06 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

12