07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

川棚川(かわたながわ)のカッパ 

川棚川(かわたながわ)のカッパ
長崎県の民話


 むかしむかし、川棚川(かわたながわ)という川のそばに、吾平(ごへい)というお百姓さんが住んでいました。
 大雨の日の夜、吾平がふとんの中で寝ていると、
 トントン、トントン
と、戸をたたく音がします。
「だれじゃ、こんな夜中に」
 吾平が戸を開けてみると、雨の中に人間の子どもみたいなものが立っていました。
 でも、みどり色のぬめぬめとした肌をしているので、人間ではありません。
「お前は?」
 吾平がたずねると、それは手を合わせて言いました。
「おいは、そこの川のカッパです。岩穴に住んどるが、戻ってみると怖い物が家の入口をふさいでおる。どうか、どうかその怖い物を退治してください」
 吾平は、このカッパを可哀想に思って言いました。
「そうか、おいに出来る事じゃったら、何とかしてやろう」
「ありがとう、家はこっちだ」
 吾平はカッパに案内されるまま、川へと行きました。
「ここだ。怖い物が、家の入り口をふさいでおるだろ」
 見ると川岸にある岩穴に、どこから流れてきたのか馬ぐわ(まぐわ→馬や牛に引かせて、土をたがやす道具)がはさまっています。
「怖い物とは、これか? まあ、カッパはむかしから、金物に弱いというからな」
 吾平さんはすぐに川に入って、馬ぐわを取ってやりました。
 するとカッパは、とても喜んで、
「ありがとう。お礼に、これからは川を守って洪水が出んようにしてやるから」
と、言って、何度も頭を下げながら川に入っていきました。

 それからは大雨で川棚川の水が増しても、吾平の家の周りには何の被害もなかったそうです。
 そして時々、吾平の家の戸口には、おいしそうな川魚が置いてあるのでした。
 一般的にカッパはイタズラ好きの悪い妖怪ですが、川棚川のカッパはとても良いカッパで、村人たちと仲が良かったそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/08/05 Mon. 15:22 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

05

思い出写真館199 

f199.jpg
【後山】
関連記事

Posted on 2013/08/05 Mon. 10:27 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

05