05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々130 

130.jpg
関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 12:06 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-11 武久 

DSCN4628.jpg

DSCN4630.jpg

DSCN4632.jpg

DSCN4633.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 12:01 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-10 山の田 

DSCN4622.jpg

DSCN4623.jpg

DSCN4624.jpg

DSCN4626.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 11:57 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-10 山の田 

DSCN4618.jpg

DSCN4619.jpg

DSCN4620.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 11:55 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-9 山の田 

DSCN4615.jpg

DSCN4616.jpg

DSCN4617.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 11:54 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-8 山の田 

DSCN4612.jpg

DSCN4613.jpg

DSCN4614.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 11:52 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-7 大学町 

DSCN4609.jpg

DSCN4610.jpg

DSCN4611.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 11:50 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-6 大学町 

DSCN4606.jpg

DSCN4607.jpg

DSCN4608.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 11:49 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10

ワラと炭とマメ 

ワラと炭とマメ
グリム童話


 むかしむかし、ある村に、一人の貧しいおばあさんが住んでいました。
 おばあさんはマメをひとさら集めて、煮ようと思いました。
 そこでおばあさんはかまどに火をおこすため、ひとつかみのワラに火をつけました。
 おばあさんがマメをナベにあけるとき、知らない間に一粒だけおばあさんの手から滑り落ちました。
 そのマメは床の上のワラのそばに、コロコロと転がっていきました。
 すぐそのあとから、まっ赤におこっている炭がかまどからはね出して、この二人のところへやってきました。
 すると、ワラが言いました。
「お前さんたち、どこから来たんだね?」
 炭が、答えました。
「おれはうまいぐあいに、火の中から飛び出してきたんだよ。
 こうでもしなかったら、間違いなしにおだぶつさ。
 燃えて灰になっちまうに、決まってるもの」
 今度は、マメが言いました。
「あたしも、無事に逃げてきたわ。あのおばあさんにおナベの中へ入れられようものなら、ほかのお友だちと同じように、ドロドロに煮られてしまうところだったのよ」
「おれだって、似たりよったりの目に会ってるのさ」
と、ワラが言いました。
「おれの兄弟たちは、みんなあのばあさんのおかげで火をつけられて煙(けむり)になっちまったんだ。
 ばあさんたら、いっぺんに六十もつかんで、みんなの命をとっちまったのさ。
 おれだけは運良く、ばあさんの指の間から滑り落ちたからいいけどね」
「ところで、おれたちはこれから、どうしたらいいだろう?」
と、炭が言いました。
「あたし、こう思うのよ」
と、マメが答えました。
「あたしたちは運良く死なずにすんだのですから、みんなで仲良しのお友だちになりましょうよ。
 そしてここでもう二度とあんなひどい目に会わないように、一緒に外へ出て、どこかよその国へでも行きましょう」
 この話に、ほかの二人も賛成しました。
 そこで三人は連れだって、出かけることになったのです。

 やがて三人は、とある小さな水の流れのところにやってきました。
 見ると橋もなければ、渡し板もありません。
 三人はどうして渡ったものか、とほうにくれてしまいました。
 するとワラが、うまい事を思いついて言いました。
「おれが横になって、ねころんでやろう。そうすればお前さんたちは橋を渡るように、おれの体の上を渡っていけるというもんだ」
 こう言ってワラはこっちの岸から向こうの岸まで、体を長々とのばしました。
 すると炭は生まれつきせっかちだったものですから、この出来たばかりの橋の上をかけ出しました。
 ところが真ん中まで来て、足の下で水がザーザーと流れる音を聞きますと、どうにも怖くなってそこに立ちすくんでしまいました。
「おい、はやく渡れ! おれが燃えちまうだろう!」
 ワラがどなりましたが、炭はブルブルふるえながら言いました。
「わかっているが、怖くて、怖くて」
 そのうちにワラは燃え出して二つに切れて、水の流れの中へ落っこちました。
 もちろん炭も水の流れに落ちてしまい、ジュッといって命を失ってしまいました。
 この出来事を見ていたマメは、おかしくて、おかしくて、お腹をかかえて大笑いです。
 ところがあんまりひどく笑ったものですから、とうとうお腹がパチンとはじけてしまいました。
 その時、旅をしている仕立屋(したてや)さんが、運良くはじけたマメを見つけてくれました。
 仕立屋さんはとてもやさしい人でしたから、さっそく針と糸を取り出してマメの体をぬいあわせてくれました。
「ありがとうございます。おかげで助かりました」
 マメは仕立屋さんに、何度も何度もお礼を言いました。
 けれども仕立屋さんがつかったのは黒い糸でしたので、それからというものはどのマメにも黒いぬい目がついているのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 10:05 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

10

ふるさと散歩180-5 大学町 

DSCN4602.jpg

DSCN4603.jpg

DSCN4605.jpg

関連記事

Posted on 2013/06/10 Mon. 09:52 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

10