04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

青い鳥 

青い鳥
メーテリンクの童話


 むかしむかし、あるところに、まずしい二人の子どもがいました。
 お兄さんの名前はチルチル、妹の名前はミチルと言いました。
 クリスマスの前の夜のことです。
 二人のへやに、魔法使いのおばあさんがやってきて言いました。
「わたしの孫が、今、病気でな。しあわせの青い鳥を見つければ病気はなおるんじゃ。どうか二人で、青い鳥を見つけてきておくれ」
「うん、わかった」
 チルチルとミチルは鳥カゴを持って、青い鳥を探しに旅に出ました。
 チルチルとミチルがはじめに行った国は、『思い出の国』でした。
 二人はこの国で、死んだはずのおじいさんとおばあさんに出会いました。
「人は死んでも、みんなが心の中で思い出してくれたなら、いつでもあうことができるんだよ」
 おじいさんは、そう言いました。
 そして、チルチルとミチルに、この国に青い鳥がいることを教えてくれました。
 ところが、『思い出の国』を出たとたん、青い鳥は黒い鳥に変わってしまいました。
 チルチルとミチルは、つぎに病気や戦争など、いやなものがいっぱいある『夜のごてん』に行きました。
 ここにも、青い鳥はいました。
 でも、つかまえて『夜のご殿』を出たとたん、青い鳥はみんな死んでしまいました。
 それから二人は『ぜいたくのごてん』や、これから生まれてくる赤ちゃんがいる『未来の国』に行きました。
 どこにも青い鳥はいましたが、持ち帰ろうとすると、みんなだめになってしまうのです。
「さあ、起きなさい。今日はクリスマスですよ」
 お母さんのよぶ声が聞こえました。
 目を覚ますと、二人は自分たちの部屋のベッドの中にいました。
 青い鳥を探す旅は、終わったのです。
 チルチルとミチルは、とうとう青い鳥をつかまえることが出来ませんでした。
 でも、チルチルとミチルが、ふと鳥カゴを見ると、中に青い羽根が入っているではありませんか。
「そうか、ぼくたちの飼っていたハトが、ほんとうの青い鳥だったんだ。しあわせの青い鳥は、ぼくたちの家にいたんだね」
 二人はお互いに顔を見合わせて、ニッコリしました。
 魔法使いのおばあさんは二人に、しあわせはすぐそばにあっても、なかなか気がつかないものだと教えてくれたのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/05/06 Mon. 10:52 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

06

やまぐち散歩10-32 阿知須 

DSCN2919.jpg

DSCN2921.jpg

DSCN2922.jpg

DSCN2923.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/06 Mon. 10:50 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

06

やまぐち散歩10-31 阿知須 

DSCN2915.jpg

DSCN2916.jpg

DSCN2917.jpg

DSCN2918.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/06 Mon. 10:49 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

06

やまぐち散歩10-30 阿知須 

DSCN2912.jpg

DSCN2913.jpg

DSCN2914.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/06 Mon. 10:45 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

06

やまぐち散歩10-29 阿知須 

DSCN2905.jpg

DSCN2907.jpg

DSCN2910.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/06 Mon. 10:43 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

06