04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

月の夜の訪問者 

月の夜の訪問者
マケドニアの昔話


 むかしむかし、あるところに、なかのいい若者と娘がいました。
 二人は日がしずむと、村はずれの川辺であっては、将来(しょうらい)のことをかたりあいました。
 ある日、若者が仕事で旅にでることになったので、娘にしばらくの別れをつげて、自分の金の指輪(ゆびわ)をはずして、娘の薬指にはめてあげました。
「かえるときまで、これはきみがもっていてくれないか」
「うん。じゃあ、これを」
 娘も、自分の指から銅の指輪をぬきとり、若者の小指にはめました。
「きっと、秋の収穫(しゅうかく)のころまでには、かえってくるからね」
 若者は、そう約束をしました。
 夏のあいだ、娘は毎日のように、若者とあっていた川辺にやってきては、シラカバの木にもたれ、たのしかった日びをおもいだしていました。
 ところが秋になっても、若者は村にかえってきません。
 金色の葉はすぐにおちてしまいましたが、それでも若者からは、なんのたよりもありませんでした。
 村に初雪(はつゆき)がふった日、娘は友だちにさそわれて、ひと晩とまりにいきました。
 ほかに友だちも二人きていて、四人でいっしょに糸をつむいだり、はなしをしたりして、とてもにぎやかに夜をすごしていました。
 歌をうたったり、お菓子をたべたりしていましたが、そのうち話がはずんで、自分たちの恋人の話になりました。
 そして、旅にでた若者をまちわびている娘がいいました。
「ねえみて、この金の指輪。あの人がわかれるときに、わたしの指にはめてくれたのよ。これをはずせる人なんて、この世にたった一人だけ、あの人しかいないのよ」
「でも、そんなにあなたをおもっているのなら、かえってきてもいいころなのにね。どうしたの? だいじなあなたのその人は」
と、友だちの一人がいいました。
「・・・・・・」
 外は朝からの雪がふりつもって、あたりはまっ白です。
 ソリのスズの音が、とおくからちかづいてきては、またとおざかっていきました。
「あのソリは、なんだろうね?」
「うちにくるかとおもうと、またいっちゃうし」
 四人で糸をつむいだり、外をながめたりしていると、ちょうどま夜中になったころ、スズの音が家のそばまできてピタリとやみました。
「ねえ。さっきのソリがきたよ」
 一人の娘がそういったとき、とびらをたたくものがいました。
 こんな夜ふけにだれだろうと、みんなでおそるおそるまどの外をのぞいてみると。
「黒い外とうをきているわ」
「わかい男の人のようよ」
「どれ、わたしにも見せて」
 そして娘がよくみると、旅にでた自分の恋人がたっていたのです。
「ごらんなさい! かえってきたのよ、わたしのいい人が!」
 娘はよろこんでとびらをあけると、若者にとびつきました。
「まあ! すっかりひえてるじゃないの。こんなにつめたくなって。さあ、暖炉(だんろ)にあたって」
と、手をとって中にいれようとしましたが、若者は、火のそばにはいきませんでした。
「じゃあ、わたしといっしょに家にかえろう」
 すると、娘の友だちは、
「こんな夜ふけだから、あしたにしたら」
と、ひきとめましたが、でも娘は、
「うん。でも、二人で家に帰るわ。糸つむぎのつづきは、またあしたにしましょう」
と、友だちにさよならをつげて、若者のソリに乗りました。
 娘が若者にかたをよせたとき、若者のからだがあんまりつめたいのでビックリしましたが、若者の小指に銅の指輪をはめているので、ニッコリとほほえみました。
「さあ、あなたの家につれていって」
 やがて雪がやんで、月の光があたりを銀色にてらしました。
 二人は月の夜道をよりそって、ソリをはしらせました。
 でもそれっきり、二人のすがたをみたものは、だれ一人ありませんでした。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 13:23 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-20 宇部 

DSCN2589.jpg

DSCN2590.jpg

DSCN2592.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 13:20 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-19 宇部 

DSCN2585.jpg

DSCN2587.jpg

DSCN2588.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 13:19 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-18 宇部 

DSCN2582.jpg

DSCN2583.jpg

DSCN2584.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 13:17 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-17 宇部 

DSCN2579.jpg

DSCN2580.jpg

DSCN2581.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 13:15 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-16 宇部 

DSCN2575.jpg

DSCN2577.jpg

DSCN2578.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 13:14 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01

ばかよくの川流れ 

ばかよくの川流れ


 いつのころのことか、あまりむかしのことではなかったド。
 
 その年の夏は雨が少なくて、しかも、来る日も来る日もかんかん照りの日が続いたんだド。田や畑の作物も生気を失って、小川の魚なども死んでうき上るようになったんだド。
そのような天気続きであったので、雄物川(おものがわ)の水もだんだん少なくなり、あちこちに浅せができたド。川底の岩はだも水の上にあらわれるようになったんだド。
雄物川をわたるためには、わたしぶねがゆいいつの手だんであったころなので、川岸の村里にはわたし場があり、わたし守(もり)が休む守小屋(もりごや)があったんだド。
 

 ある日の午後、守小屋に一人の男が声をかけたんだド。
暑い日さかりのこと、わたし守のじいさまも昼ねをしていたけれど、人の声とともに戸口に立った人かげに気づいて起き上ったド。
その男は「向いにわたしてもらいたい。わたしちんは何ぼだ」とたずねた上で、「半分にまけろ」とわたしちんをねぎったんだド。
わたし守は、ねざめの気分の悪さと、男のよくばった強引なかけ合いにはらを立て「水がれの川だ、わたしちんがおしかったら歩いてわたれ」と言って、また横になったド。
男は日よけのかやがさをかぶり、両手に荷物を持っていたが、着物のしりをまくり上げ、そのまま川の中に入って行ったんだド。
 

 さて話は変わって、わたし場よりだいぶ下流でゴリをとっていたじいさまがあったド。
 何やら川の中ほどを流れて来るので、見るとかやがさらしい。「なんだ古がさか」と思ったが、気になってよく見ると、かさをかぶった男が流れていたんだド。
びっくりして人をよび集め、なんとか岸に引き上げていろいろ手をつくしたが、どうしても息をふき返さなかったんだド。
村役たちは、「川流れの男はどこの者だ。どうして水死してしまったのか。どうして水死してしまったのか」と、川上の方に人をやっていろいろたずねたんだド。
そうしたら、わたしぜにをねぎった男が、わたし守をおこらせ、頭を下げてたのみこむことがいやなのか、先を急いだためか、歩いて川をわたり、おそらく岩はだに足をすべらせ深みにはまっておぼれ死んだものだろうと言うことになったんだド。
 

 「運が悪いこと、かやがさをかぶっていた上、わたしちんをもおしむよく心が物を手からはなさなかったので、泳ぐこともよぶこともできなかったべナー。どうまきにぜにっこうんとあったのに...」
 「あまりよくばって飲んだ水も出さなかったから、はらの皮とよくの皮がつっぱって死んだんだべー、ばかよくな男だナー」とあざ笑うものもおったんだド。
とっぴんぱらりのぷ!


協力/秋田市
秋田市雄和市民センター
雄和の民話
関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 09:43 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-15 宇部 

DSCN2571.jpg

DSCN2573.jpg

DSCN2574.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 09:39 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-14 宇部 

DSCN2567.jpg

DSCN2568.jpg

DSCN2570.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 09:38 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01

やまぐち散歩9-13 宇部 

DSCN2564.jpg

DSCN2565.jpg

DSCN2566.jpg

関連記事

Posted on 2013/05/01 Wed. 09:36 [edit]

category: やまぐち散歩

TB: --    CM: 0

01