03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々121 

121.jpg
関連記事

Posted on 2013/04/27 Sat. 11:29 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

27

小槌(こづち)の柄(え) 

小槌(こづち)の柄(え)
大分県の民話


 むかしむかし、大分のある田舎に、仕事もしないで遊んでばかりいる男がいました。

 ある日の事、男が木陰で寝ていると、働き者のアリがやって来て言いました。
「お前、そうして寝ていても、食べる物は集まらんじゃろう。早く起きて働け」
 すると男は、
「ばか言え、こんなに暑いのに、働くなんてごめんじゃ」
 男がそう言うと、アリはしばらく考えてから、こう言いました。
「そんなら、ええことを教えてやろう。
 この山奥のお宮さんに、大黒さんがいる。
 その大黒さんは、振れば何でも欲しい物が出る打出(うちで)の小槌(こづち)という物を持っておるから、それを借りて来たらどうじゃ。
 そうすれば、働かんで食えるぞ」
「おおっ、振るだけで何でもか! そいつはありがたい」
 男は起き上がると、喜んで大黒さんのところへ行きました。
 そして、
「大黒さん、大黒さん、打出の小槌とやらをわしに貸してくれんか。それで食い物を出そうと思うんじゃ」
と、頼みました。
 すると大黒さんは、
「貸してやってもええが、あいにく小槌の柄が折れとってのう。
 その柄は、普通の物では役に立たん。
 握るところがくぼんで黒光りするような、使い込んだクワの柄でなければならんのじゃ」
と、言うのです。
 男はそれを聞くと、その日から毎日毎日クワを握って、
「まだ、くぼまんか。まだ、くぼまんか」
と、言いながら、畑仕事を始めたのです。
 こうして一年たち、二年たちと、何年もまじめに働いているうちに、食べ物がだんだんと家にたまってきたのです。

 ある日の事、大黒さんが山からおりて来て、
「くぼんで黒光りする柄は、まだ出来んのか? 出来たらすぐに、打ち出の小槌を貸してやるぞ」
と、言いました。
 すると男は、
「ああ、大黒さん。
 柄はまだ出来んが、まじめに働いたおかげで家にはこんなに食べ物がたまった。
 それに、働くのが楽しくなった。
 だからもう、小槌はいらんようになった」
と、言いました。
 するとそれを聞いた大黒さんは、にっこり笑って、
「そうか。
 それは、めでたい。
 どうやらお前の心に、立派な打ち出の小槌が出来たようだな。
 これからもまじめにクワを振れば、欲しい物は何でも出てくるようになるぞ」
と、言って、山に帰って行ったそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/27 Sat. 11:28 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩167-27 筋川 

DSCN2295.jpg

DSCN2296.jpg

DSCN2298.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/27 Sat. 11:25 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩167-26 筋川 

DSCN2292.jpg

DSCN2293.jpg

DSCN2294.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/27 Sat. 11:23 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩167-25 筋川 

DSCN2289.jpg

DSCN2290.jpg

DSCN2291.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/27 Sat. 11:22 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27