03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

思い出写真館171 

f171.jpg
【壇ノ浦】
関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 15:46 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-15 筋ヶ浜 

DSCN2248.jpg

DSCN2249.jpg

DSCN2250.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 15:40 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-14 筋ヶ浜 

DSCN2244.jpg

DSCN2246.jpg

DSCN2247.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 15:39 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-13 筋ヶ浜 

DSCN2238.jpg

DSCN2241.jpg

DSCN2242.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 15:34 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-12 筋ヶ浜 

DSCN2235.jpg

DSCN2236.jpg

DSCN2237.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 15:34 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-11 筋ヶ浜 

DSCN2230.jpg

DSCN2231.jpg

DSCN2234.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 15:30 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26

マラソンの始まり 

マラソンの始まり
ギリシアの昔話


 むかしむかし、ペルシアという国とギリシアという国が戦争になりました。
 ギリシアの都アテネでは、大騒ぎになりました。
「おい、聞いたか? 敵がアテネに攻め込んで来るらしいぞ。そうなれば町はつぶされ、大勢の女や子どもたちまで死ぬ事になる」
 人々は、そう思って心配しました。
 そこでギリシア軍の力ルミデス将軍は、作戦を考えました。
「マラソンの野で、敵軍をくいとめよう。あそこはアテネから遠く離れているから、あそこで戦えばアテネの町は大丈夫だろう」
 ところがもうその時、敵のペルシア軍はマラソンの近くの海に船で攻め込んでいたのです。
 ペルシア軍の船の数は多く、まるで海の中に新しい陸地が出来た様です。
「どうやら敵の数は、こちらの二倍以上はありそうだ。このままでは勝てないかもしれない」
 困った将軍は、フィリッピデスという兵士を呼んで言いました。
「お前は足が速いから、隣のスパルタ国まで使いに行ってくれ。手伝いの軍隊をよこしてくれる様に、頼んで来るのだ」
「はい、わかりました!」
 フィリッピデスは、すぐに駆け出しました。
 マラソンからスパルタまでは遠く離れており、普通の人は片道でも三日はかかります。
 フィリッピデスは何と、それを一日で行って帰って来たのです。
 そしてフィリッピデスは、将軍に言いました。
「手伝いには来てくれるそうですが、満月の時でなければ軍隊を動かしてはいけないという言い伝えがスパルタにはあるそうです。でも月が丸くなるまでは、まだ七日ありますから、とても間に合わないでしょう」
「何とバカな迷信を信じておる! おろか者たちめ! 戦いとは、時間との勝負だぞ! ・・・だが仕方がない、我がギリシア軍だけで戦うとするか」
 将軍はアテネの町に通じる山道を中心にして、兵隊を広げました。
 それを知ったペルシア軍は、兵隊を一点に集中させました。
「少ない兵をあの様に広げるとは、ギリシア軍のカルミデス将軍は兵法というものを知らんのか?」
 ペルシア軍は、その中心を突き破ろうと攻め込んで来ました。
 ところがこれが、ギリシア軍の狙いだったのです。
 中心に攻め込んだ敵軍をギリシア軍は両側からまわりこみ、はさみうちにして、さんざんに打ち負かしてしまいました。
 数の少ないギリシア軍が、数の多いペルシア軍に勝ったのです。
 力ルミデス将軍は、この事を少しでも早くアテネに知らせたいと思いました。
 そこで、足の速いフィリッピデスを呼んで言いました。
「アテネの人々が、どんなに心配しているかわからない。だから、早く安心させてやりたいのだ。出来るだけ速く走って、戦いに勝った事をアテネの人々に知らせてくれ」
「はい、わかりました!」
 フィリッピデスは、すぐさま走りました。
 山道も坂道も、少しも休まず一生懸命に走りました。
 心臓がドキドキして、今にも破裂しそうです。
 それでも休もうとはせず、ただ走り続けました。
 やがてアテネの町の広場につくと、フィリッピデスは大声で叫びました。
「ギリシアは勝ったぞ! アテネは、もう大丈夫だ!」
 叫び終わると、フィリッピデスはその場にばったりと倒れました。
 町の人々は安心して、ぞろぞろと家から出て来ました。
 そして広場に集まって、倒れた勇士を取り囲みました。
 しかしフィリッピデスは、その時もう死んでいたのです。

 ギリシアで始められたオリンピックには、マラソンという競技があります。
 このマラソンでの戦いとフィリッピデスの活躍が、マラソン競技の始まりなのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 10:15 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-10 筋ヶ浜 

DSCN2224.jpg

DSCN2227.jpg

DSCN2228.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 10:12 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-9 筋ヶ浜 

DSCN2221.jpg

DSCN2222.jpg

DSCN2223.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 10:10 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26

ふるさと散歩167-8 筋川 

DSCN2217.jpg

DSCN2218.jpg

DSCN2219.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/26 Fri. 10:08 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

26