03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

牛池 

牛池


 むかしむかし、とある山の中に、美しい水をたたえた、深い池がありました。
 その池から、さほど遠くないところに、小さな山里がありました。
 その山里のある家に、よくの深いおばあさんと、気立てのやさしい娘とが住んでおりました。
 その家のまどから娘が顔をのぞかせると、外はふりつづく白い雪です。
「烏やウシに生まれたほうが、どれほどよかったかしれねえな・・・」
 娘は、まどの外をながめながら、そう思うのでした。
「こらっ、また機(はた)をはなれとるな。このなまけもんが!」
 おばあさんがおそろしい声をはり上げます。
 娘は、くる日もくる日も、機をおらされているのでした。
 娘のおる反物(たんもの)は、たいそう高く売れました。
 ですから、よくの深いおばあさんは、娘を一日として休ませなかったのです。
「よその娘は、一冬に四反もおりあげるちゅうのに、このグズ娘がっ!」
 おばあさんが部屋を出ていくと、娘はそっと、なみだを流しました。
「おらに、四反もおれるわけねえ。でも、少しでもおらないと、おまんまがたべられねえ」
 娘はさむさにふるえながら、機おりをはじめました。
♪おら機おる だれが着る
♪べべ着て おしろいぬって
♪うれしかろ うれしかろ
♪どこのだれやら 顔見てえな
 悲しく歌いながら機をおる娘のとなりの部屋では、おばあさんが、反物を売って何を買おうかと考えていました。
♪一度 機屋たずねてこ たずねてこ
♪ひやめし食わしょ たこ食わしょ
♪手のたこ食わしょ みそつけて
 こうしているうちにも、春がきました。
 家から出してもらえない娘も、春はやはりうれしいものです。
 ある日のこと。
 まどべに一わの白い小鳥がまいこんできました。
 まどにとまる小烏に、娘は思わず見とれて、機をおる手足の調子をみだし、機のたて糸をバッサリ切ってしまいました。
 切れた糸を見たおばあさんは、くるったようにさけびました。
「なおせ! なおせ! なおらんうちは、めしを食わさんからな!」
 おばあさんがねてしまった夜中、娘はフラフラと外へさまよい出ました。
 なにもかもねしずまって、物音ひとつしない春の夜。
「こんなに、こんなに、外はきれいなのに。おらは、いつも家の中。・・・どこかへ行きたい」
 娘はせつなくなって、そのままなきくずれてしまいました。
 ふと、なにかがそばにきた気配に、娘が顔をあげると、目の前にウシがいます。
 おばあさんのかっているウシが、娘のなみだにぬれた目をジッとみつめました。
 ウシは、娘をせなかにのせ、月の光の中を、ゆっくりゆっくりと歩きだし、そのままどこかへ行ってしまいました。
 それから、長い長い年月がながれ、いつのまにか、山の池には牛池という名がついていました。
 そしてふしぎなことに、月の明るいばんには、牛池のあたりから、トンカラリ、トンカラリと、機をおる音が聞こえてくるということです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 14:04 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-25 竹崎 

DSCN1925.jpg

DSCN1927.jpg

DSCN1928.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 14:00 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-24 竹崎 

DSCN1920.jpg

DSCN1921.jpg

DSCN1923.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 13:59 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-23 竹崎 

DSCN1917.jpg

DSCN1918.jpg

DSCN1919.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 13:57 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-22 竹崎 

DSCN1914.jpg

DSCN1915.jpg

DSCN1916.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 13:55 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-21 竹崎 

DSCN1910.jpg

DSCN1911.jpg

DSCN1913.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 13:54 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18

ふしぎな胡弓(こきゅう) 

ふしぎな胡弓(こきゅう)
ベトナムの昔話


 むかしむかし、仲の良い二人の友だちが、「兄さん」「弟」と呼び合って、兄弟のように暮らしていました。

 ある日の事、二人は山へ狩りに行き、見た事もない大きな鳥が飛んでいるのを見つけました。
 兄さんはすぐに弓矢をかまえましたが、弟がそれをとめました。
「兄さん、待って! 鳥が足に持っているのは!」
 よく見ると鳥は、足に人間らしいものをつかんでいます。
 鳥をいおとせば、つかまれている人が死んでしまいます。
 そこで鳥のあとを、どこまでもどこまでも追っていきました。
 二人が歩き疲れてヘトヘトになったころ、ようやく鳥はまいおりました。
 そして鳥は、ほら穴にそのえものをかくすと、また空高く飛んでいきました。
 二人はほら穴にかけよると、中をのぞきこみました。
 ほら穴は深いたて穴で、中が見えません。
「兄さん、このつなの先を持っていて。ぼくが中の人を助けたら合図をするから、そしたらつなを引っ張り上げて」
 弟はそう言うと、つなをつたわって穴の底へおりていきました。
 穴は思ったよりも深くて、なかなか底につきません。
 おまけにだんだんと、広くなっていくのです。
 お兄さんは穴の外で弟からの合図を待ちましたか、なかなか合図はありません。
 やがて日がくれて、夜になりました。
 それでも、弟の合図はありません。
 そのうちに東の空が明るくなると、どこからか人の声が聞こえてきました。
「お姫さまをさらった鳥が、この山に入ったそうだ。かならず探し出せ」
「もちろんだ。探し出した者には、たくさんのほうびがもらえるからな」
「いや、それだけじゃない。お姫さまもいただけるそうだ」
 お兄さんは木のかげからみんなの話を聞いて、
(さっき鳥がつかんでいたのが、お姫さまだ)
と、思いました。

 さて、穴の中に入っていった弟は、岩かげで気を失っているお姫さまを見つました。
「大丈夫ですか? しっかりしてください」
 弟は岩かげの側に水の流れを見つけると、その水をお姫さまの口に入れてやりました。
「うっ、ううーん」
 やがてお姫さまが、目を覚ましました。
「ありがとう。助けてくださって。・・・ここは、どこですか?」
「・・・・・・」
 弟は、お姫さまがあまりにも美しいので、見とれて返事も出来ません。
 お姫さまも、助けてくれた弟に心をひかれました。
 けれども、いつまでもこうしてはいられません。
 弟はお姫さまをかかえると、つなのさがっているところまで運びました。
 そしてつなを、お姫さまの体にしっかりとむすびつけました。
 それから穴の外にいるお兄さんにむかって、つなを二、三度引いて合図をおくりました。
 お姫さまを引っ張り上げたお兄さんは、
(やっぱり、お姫さまだ。これで、ごほうびがもらえるぞ。それにこの、きれいなお姫さまもだ)
と、思い、ほら穴の上に岩を置いてふさいでしまいました。
 そして間もなく、お姫さまをさがし回っている人たちがやって来たので、お兄さんは大声で、
「お姫さまをお助けいたしましたのは、わたくしでございます」
と、言ったのです。
 それで、お兄さんは王さまからたくさんのごほうびをいただいたうえに、大臣にしてもらいました。
 ただ、お姫さまだけは、
「わたしを助けてくれたのは、あの人ではありません」
と、言い張って、お兄さんのお嫁さんになろうとはしませんでした。

 さて、ほら穴の中に閉じ込められた弟は大声で助けを呼びましたが、誰も助けに来てくれません。
 仕方なく弟は、穴の奥へ奥へと進んでいきました。
 すると奥の方から、人のうめき声が聞こえてきました。
 行ってみると、男の人が倒れています。
 弟は男の人を、かいほうしてやりました。
「ありがとう。あなたは親切なお方です」
「いや、無事でよかった。でも、お助けしても、ここから出られないのです」
 弟が困ったように言うと、男の人が言いました。
「それなら、わたしが案内しましょう。わたしは、水の国の王子です。水のあるところなら、どこにでも自由に行けるのです」
 水の国の王子は弟の手をにぎると、岩の側を流れる清水をつたわって広い海に出ました。
 水の国の王さまは、王子が無事に帰って来たので大喜びです。
 王子が弟に助けてもらった事を伝えると、王さまが弟に言いました。
「王子を助けてくれたお礼に、宝物の胡弓(こきゅう)をあげましょう」
 弟が手にとって胡弓をひくと、自然と美しい音楽が流れ出ました。

 弟は胡弓をひきながら旅をして、やがて都にたどりつきました。
 その胡弓の音色(ねいろ)は都のすみずみまで流れて、人々の心をなぐさめました。
 この不思議な胡弓ひきの評判は、たちまちお城に伝わりました。
「その胡弓ひきを、よびなさい」
 王さまは、大臣に言いつけました。
 今は大臣になっているお兄さんは、その胡弓ひきを見てビックリ。
(弟? あいつは、死んだのではなかったのか。あいつがいては、お姫さまを助けたのがおれでないことがばれてしまう)
 そこでお兄さんは、王さまに言いました。
「調べましたら、あの胡弓ひきは敵の一人でございました。すぐに死刑にしないと、大勢の敵がやって来ます」
「わかった。すぐに胡弓ひきを死刑にしろ」
 家来たちにつかまった弟は、王さまに最後のお願いをしました。
「死ぬ前に、もう一度だけ胡弓をひかせてください」
「うむ、よかろう」
 王さまが許すと、弟は静かに胡弓をひきはじめました。
 そのウットリするような美しい音楽は、まわりにいた人々の心の中にしみわたっていきました。
 すると、どうでしょう。
 死刑を行う役人は、刀を投げすててしまいました。
 死刑を見に来た人たちの心は、とてもやさしい気持ちになりました。
 その音楽は、お城の奥の部屋にひきこもっているお姫さまの耳にも届きました。
 その音楽は、お姫さまの耳にこう聞こえました。
♪お姫さまをお救いしたのは、誰でしょう?
♪つみもなく、死刑になるのはなぜでしょう?
 お姫さまは、ハッと気がつきました。
「あのお方だわ! あのお方が、やって来たんだわ!」
 お姫さまははだしのまま、かいだんをかけおりました。
 そして弟を見つけると、王さまに言いました。
「わたしを助けてくれたのは大臣ではありません! わたしを助けてくれたのは、このお方です!」
 そこで王さまは胡弓ひきの死刑を中止して、あらためてわけを聞きました。
 そしてはじめて、王さまは本当のことを知ったのです。
 王さまは弟にあやまると、お姫さまと結婚させて、王さまの位を弟にゆずりました。
 そして新しい王さまとなった弟は、この国を平和にさかえさせました。
 すると隣の国が、この国がさかえるのをねたましく思ったのです。
 隣の国は他の国々を仲間にさそって、戦争をしかけてきました。
 前の国王も、おきさきも、兵隊を集めて敵をむかえうつようにと言いました。
 けれども新しい王さまは、それを聞き入れません。
 その為に敵は、お城の近くまでせまってきました。
 この時、新しい王さまはお姫さまと一緒にお城の高い塔にのぼって、しずかに胡弓をひきはじめました。
 胡弓の美しい音楽は、敵の兵士たちの心をきよらかにしました。
 新しい王さまは、敵によびかけました。
「聞きなさい、我が国に攻め込んだ兵士たちよ。すぐに弓矢をすてて、国へ帰るのです。戦いをして命をすてるのは、とてもバカな事です。国で待っている、母や妻や子どもたちの事を考えなさい」
 その言葉を聞いて、敵の兵士たちはみんな弓矢をすてると、自分たちの国に帰っていきました。
 そして国へ帰ってからも胡弓の音楽と忘れることなく、二度と攻めてはきませんでした。
 新しい王さまの胡弓の音楽は、まわりの国々をも平和にしたのです。

 このお話には、長いあいだ外国の支配をうけていた、ベトナムの人々の平和ヘの願いがこめられています。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 09:09 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-20 竹崎 

DSCN1907.jpg

DSCN1908.jpg

DSCN1909.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 09:08 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-19 竹崎 

DSCN1904.jpg

DSCN1905.jpg

DSCN1906.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 09:06 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18

ふるさと散歩164-18 竹崎 

DSCN1901.jpg

DSCN1902.jpg

DSCN1903.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/18 Thu. 09:04 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

18