03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ふるさと散歩162-35 唐戸 

DSCN1674.jpg

DSCN1675.jpg

DSCN1676.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 15:49 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩162-34 唐戸 

DSCN1669.jpg

DSCN1671.jpg

DSCN1673.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 15:47 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩162-33 唐戸 

DSCN1666.jpg

DSCN1667.jpg

DSCN1668.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 15:45 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩162-32 唐戸 

DSCN1663.jpg

DSCN1664.jpg

DSCN1665.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 15:43 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩162-31 唐戸 

DSCN1660.jpg

DSCN1661.jpg

DSCN1662.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 15:41 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

思い出写真館168 

f168.jpg
【あるかぽーと】
関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 10:50 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

08

キジも鳴かずば、うたれまいに 

キジも鳴かずば、うたれまいに
石川県の民話


 むかしむかし、犀川(さいがわ)のほとりに、小さな村がありました。
 この村では毎年、秋の雨の季節になると犀川がはんらんして多くの死人が出るため、村人たちは大変困っていました。
 さてこの村には、弥平(やへい)という父親と、お千代(おちよ)という小さい娘が住んでいました。
 お千代の母親は、この前の大雨に流されて死んでしまいました。
 二人の暮らしはとても貧しかったのですが、それでも父と子は、毎日仲良く幸せに暮らしていました。
 そしてまた、今年も雨の季節がやってきました。
 そのころ、お千代は重い病気にかかっていましたが、弥平は貧乏だったので医者を呼んでやることも出来ません。
「お千代、早く元気になれよ。さあ、アワのかゆでも食って元気を出せよ」
 弥平がお千代に食べさせようとしても、お千代は首を横に振るばかりです。
「ううん、わたし、もう、かゆはいらねえ。わたし、あずきまんまが、食べたい」
 あずきまんまとは赤飯の事で、お千代の母親が生きていたころに、たった一度だけ食べた事があるごちそうです。
 ですが今の弥平には、あずきどころか米の一粒もありません。
 弥平は寝ているお千代の顔をジッと見つめていましたが、やがて決心すると立ちあがりました。
「地主(じぬし)さまの倉(くら)になら、米もあずきもあるはずだ」
 こうして弥平は、可愛いお千代のために、生まれてはじめて泥棒をしたのです。
 地主の倉から一すくいの米とあずきを盗んだ弥平は、お千代にあずきまんまを食べさせてやりました。
「さあ、お千代、あずきまんまじゃ」
「ありがとう。おとう、あずきまんまは、おいしいなあ」
「おお、そうかそうか。いっぱい食べて、元気になるんじゃぞ」
 こうして食べさせたあずきまんまのおかげか、お千代の病気はだんだんとよくなり、やがて起きられるようになりました。
 さて、地主の家では米とあずきが盗まれた事に、すぐに気がつきました。
 お金持ちの地主にとっては、犬のエサほどの量で、たいした物ではありませんでしたが、一応、役人へ届けました。
 やがて元気になったお千代は、家の外に出ていくと楽しそうに歌いながら、マリつきをはじめました。
♪トントントン
♪おらんちじゃ、おいしいまんま食べたでな
♪あずきの入った、あずきまんまを
♪トントントン
 お千代の歌を、近くの畑にいた百姓(ひゃくしょう)が聞いていました。
「変じゃなあ、弥平の家は貧乏で、あずきまんまを食べられるはずがないのだが。・・・まあ、いいか」
 そのとき百姓は、大して気にもとめませんでした。
 やがて、また大雨が降り出して、犀川の水は今にもあふれださんばかりになりました。
「このままじゃ、また村は流されてしまうぞ」
 村人たちは、村長の家に集まって相談しました。
 すると、村人の一人が言いました。
「人柱を立てたら、どうじゃろう?」
 人柱とは、災害などで苦しんでいる人々が生きた人間をそのまま土の中にうめて、神さまに無事をお願いするという、むかしの恐ろしい習慣です。
 その生きながらに土の中にうめられるのは、たいていが、何か悪い事をした人だったそうです。
「そういえば、この村にも悪人がおったな」
と、言ったのは、お千代の手マリ歌を聞いた百姓でした。
「なに? 悪人がおるじゃと? それは誰じゃ?」
「うむ。実はな」
 百姓はみんなに、自分の聞いた手マリ歌の事を話しました。
 その夜、弥平とお千代が食事をしていると、
 ドンドン! ドンドン!
 だれかが、戸をはげしくたたきます。
「弥平! 弥平はおるか!」
「へい、どなたで?」
「弥平、おぬしは先日、地主さまの倉から米とあずきを盗んだであろう。娘が歌った手マリ歌が証拠(しょうこ)じゃ」
 お千代は、ハッとして弥平の顔を見ました。
「おとう!」
 泣き出すお千代に、弥平はやさしく言いました。
「おとうは、すぐに帰ってくるから、心配せずに待っていなさい」
「おとう! おとう!」
 泣き叫ぶお千代を残して、弥平は村人につれていかれ、そしてそのまま帰っては来ませんでした。
 犀川の大水を防ぐために、人柱として生きたままうめられてしまったのです。
「しかし、たった一すくいの米とあずきを盗んだだけで、人柱とはな」
と、同情(どうじょう)する村人もいましたが、下手な事を言うと、今度は自分が人柱にされるかもしれません。
 そういう時代だったのです。
 さて、村人からお父さんが人柱にされた事を聞いたお千代は、声をかぎりに泣きました。
「おとう! おとう! おらが歌を歌ったばかりに」
 お千代は何日も何日も、泣き続けました。
 やがてある日、お千代は泣くのをやめると、それからは一言も口をきかなくなってしまいました。
 何年かたち、お千代は大きくなりましたが、やっぱり口をききません。
 村人たちはお父さんが殺されたショックで、口がきけなくなったと思いました。
 ある年の事、一人の猟師(りょうし)がキジを撃ちに山へ入りました。
 そしてキジの鳴き声を聞きつけて、鉄砲の引き金を引きました。
 ズドーン!
 見事に仕留めたキジを探しに、猟師は草むらをかきわけていって、ハッと足をとめました。
 撃たれたキジを抱いて、お千代が立っていたのです。
 お千代は死んでしまったキジに向かって、悲しそうにいいました。
「キジよ、お前も鳴かなければ、撃たれないですんだものを」
「お千代、おめえ、口がきけたのか?」
 お千代は猟師には何も答えず、冷たくなったキジを抱いたまま、どこかに行ってしまいました。
 それから、お千代の姿を見た者はいません。
「キジよ、お前も鳴かずば撃たれまいに」
 お千代の残した最後の一言が、いつまでも村人のあいだに語りつたえられ、それからその土地では、人柱という恐ろしい事は行われなくなったという事です。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 10:46 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩162-30 唐戸 

DSCN1654.jpg

DSCN1655.jpg

DSCN1657.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 10:40 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩162-29 唐戸 

DSCN1649.jpg

DSCN1650.jpg

DSCN1653.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 10:35 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08

ふるさと散歩162-28 唐戸 

DSCN1645.jpg

DSCN1648.jpg

DSCN1646.jpg

関連記事

Posted on 2013/04/08 Mon. 10:34 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

08