02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

思い出写真館162 

f162.jpg
【先帝祭】
関連記事

Posted on 2013/03/16 Sat. 10:43 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

16

知恵のある娘 

知恵のある娘
グリム童話


 むかしむかし、あるところに、貧しいけれど正直者のお百姓さんがいました。
 このお百姓さんが畑を耕していると、土の中から金のうすが出てきました。
「おおっ、なんと素晴らしいうすだ。よし、これは王さまに差し上げよう」
 お百姓がさっそく金のうすを持ってお城へ行くと、王さまは一目見て言いました。
「なるほど、素晴らしいうすだな。ほめてつかわそう」
「ははっ、ありがとうございます」
 頭を下げるお百姓に、王さまは少し首をかしげて言いました。
「しかし、うすだけとは妙だな。
 うすだけあっても、きねがなくては役には立たん。
 土の中にうすがあったのなら、きねもあったであろう。
 百姓よ、どうしてきねを持って来ないのだ?」
 それを聞いたお百姓さんは、あわてて言いました。
「いいえ、きねはありません。土の中から出てきたのは、うすだけです」
 ところが王さまは、それを聞き入れてくれません。
「いいや、お前はきねまでわたしにくれるのが、おしいと思ったのであろう。それで、そんなうそを言っているのだろう」
「いいえ、本当に、うすしかなかったのです」
「うそを申すな! このうそつき百姓め! 本当の事を言うまでは、お前を帰さないぞ!」
 こうして王さまは、お百姓さんを牢屋に入れてしまったのです。

 その事を聞いたお百姓さんの娘は、さっそく城へかけつけると涙を流して王さまに言いました。
「王さま。本当に、きねはなかったのです。うそを言っているのではありません。どうか、父をお許しください」
「うむ・・・」
 王さまは娘の涙を見て、お百姓の言葉がうそではないとわかりました。
 でも、一度牢屋に入れた者を簡単に許してしまうのは、王さまが間違った判断をしたと言っているようなものです。
 そこで王さまは、こう言いました。
「よろしい、許してやろう。
 ただし、わたしの出す問題が解けたらだ。
 いいか、よく聞けよ。
 お前は一度家に帰り、着物を着ないで、裸でもなく、馬にも車にも乗らず、道を歩かず道を通って、この城まで来てみなさい。
 それが出来たら、お前の父親を許してやろう」
 さあ、大変な事になりました。
 これはとても難しい問題です。
 でも、しばらく考えていた娘は、
「そうだわ」
と、すぐにっこりして、王さまの前から引き下がりました。

 家へ帰った娘は着物を脱いで裸になると、大きな魚取りのアミで体をすっぽりと包みました。
 次にアミのはしをロバの尻尾に結びつけると、ロバに自分の体を引きずらせながら、お城へとやって来たのです。
 これで、着物を着ないで、裸でもなく、馬にも車にも乗らず、道を歩かないで、城へ来た事になるのです。
 王さまは、娘の知恵にすっかり感心して言いました。
「お前は、なかなか利口な娘だ。よろしい、約束通り父親を許してやろう」
 こうしてお父さんは、すぐ牢屋から出されました。
 そしてその上に娘はたくさんのごほうびまでもらって、お父さんと一緒に家へ帰りました。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/03/16 Sat. 10:41 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

16

ふるさと散歩160-65 丸山 

DSCN0774.jpg

DSCN0775.jpg

DSCN0776.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/16 Sat. 10:37 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

16

ふるさと散歩160-64 丸山 

DSCN0771.jpg

DSCN0772.jpg

DSCN0773.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/16 Sat. 10:35 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

16

ふるさと散歩160-63 丸山 

DSCN0768.jpg

DSCN0769.jpg

DSCN0770.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/16 Sat. 10:33 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

16