02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

魔法のぼだいじゅ 

魔法のぼだいじゅ
ロシアの昔話


 むかしむかし、ある村に、貧乏なお百姓(ひゃくしょう)さんがいました。
「おお寒い! まきを探しに行こう」
 お百姓さんはオノを持って森へ行き、一本の大木を見つけました。
「これは素晴らしい木だ! オノを当てると、コツコツといい音がする。これはぼだいじゅ(→おしゃかさまがさとりを開いたといわれるクワ科の常緑高木)だな」
 オノを振り上げ、切ろうとすると、
「切らないで! 欲しい物は何でもあげるから」
と、ぼだいじゅが、人間の声で言ったのです。
「それじゃ、おれをほかのお百姓より金持ちにしてくれ」
「家へ帰ってごらん。望みはかなってるよ」
 お百姓さんが帰ってみると新しい家にはウマがいて、小屋には食べ物が山ほどありました。
「すごいや! 何と、おかみさんまでいるぞ! ・・・けど、あの顔は気に入らないや。そうだ、ぼだいじゅのところへ行って話してみよう」
 お百姓さんはオノを持って出かけ、ぼだいじゅの木をコンコンと叩きました。
「何が、欲しいんだね?」
「もっときれいなおかみさんにしておくれ」
「家へ帰ってごらんよ」
 お百姓さんが帰ると、きれいなおかみさんが待っていました。
 お百姓さんは大喜びしましたが、でもすぐに次の欲しい物が心に浮かびました。
「金持ちのお百姓にはなったが、村長になれたらもっといいなあ」
 お百姓さんはオノを持って、出かけました。
「お百姓さん、今度は何が欲しいのかね?」
 お百姓さんは、ぼだいじゅの木に頼みました。
「金持ちにはなったが、村長には頭があがらない。だから村長になってみたいんだよ」
「家へ帰ってごらん。望みはかなってるよ」
 家に帰ると、一枚の紙が届きました。
《お前を村長にする》
 お百姓さんは村長になったとたんに、もう次の欲が出て来ました。
「おれは、貴族(きぞく)になってみたいなあ」
 お百姓さんはまた、森へ行きました。
「おやおや、またか。何が欲しいんだね?」
「偉い貴族になりたいなあ」
「家へ帰ってごらん。望みはかなうよ」
 家に帰ると、王さまの使いが知らせを持って来ました。
《お前を、貴族にする》
 貴族になると、すぐ次の欲が出ました。
「王さまになりたいもんだなあ」
 お百姓さんは森へ出かけ、木を叩きました。
「・・・今度は、何が欲しいのかな?」
「王さまだ。何といっても、王さまは誰よりも偉いんだ。王さまにはなれないものかね?」
 木は、大きな声で怒鳴りました。
「この欲張りめ! 金持ちの次は村長、村長の次は貴族、貴族の次は王さまだと! どうせ王さまの次は神さまだろう。これ以上望むと、お前は何もかもなくしてしまうぞ」
 お百姓さんは、貴族でがまんをしました。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/03/15 Fri. 15:27 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩160-55 丸山 

DSCN0744.jpg

DSCN0745.jpg

DSCN0746.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/15 Fri. 10:57 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩160-54 日和山 

DSCN0741.jpg

DSCN0742.jpg

DSCN0743.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/15 Fri. 10:54 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩160-53 日和山 

DSCN0738.jpg

DSCN0739.jpg

DSCN0740.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/15 Fri. 10:51 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15

ふるさと散歩160-52 日和山 

DSCN0735.jpg

DSCN0736.jpg

DSCN0737.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/15 Fri. 10:49 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

15