02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

しじみの恩返し 

しじみの恩返し
福井県の民話


 むかしむかし、小川のそばの小さな家に、太郎という男の子がお母さんと二人で暮らしていました。
 まだ子供の太郎は、お母さんを助ける為に、それはよく働きます。
 山へたき木を取りに行ったり、近くの家に手伝いに行ったり。
 そうして食べ物をもらっては、やっとその日を暮らしていました。

 ある日の事、山へしばをかりに出かけた太郎は、大雨に降られて、びしょぬれになって帰ってきました。
 お母さんは太郎の体をふいて暖めましたが、その夜、太郎は高い熱を出してしまいました。
 お医者さんに診てもらいたくても、お金がないので出来ません。
「せめて、薬があればねえ」
 熱が下がらずに苦しそうな太郎を、お母さんは一生懸命看病しました。
 何日かたつと、さすがにお母さんもくたびれて、太郎の枕元でうとうとと眠ってしまいました。
 するとどこからか、可愛らしい声が聞こえてきます。
「あの、もしもし、太郎のお母さん」
 声に目を覚ましたお母さんが、はっとして部屋を見回すと、部屋のすみにしじみが一つ転がっています。
「まさか。しじみがしゃべるはずは」
 お母さんがそう言うと、しじみはコロコロと転がりながら、お母さんのそばにやって来て言いました。
「いえ、声をかけたのはわたしです。
 わたしは小川に住んでいるしじみですが、この前の大雨で流されてきました。
 このままでは、わたしたちしじみは海に流されて、塩水で死んでしまいます。
 お願いです。
 どうかわたしたちを、川上の水のきれいな所へ、戻していただけないでしょうか?」
 それを聞いたお母さんは、にっこり笑いました。
「そんな事、お安いご用ですよ」
 するとしじみは安心した様に、コロコロと部屋から出て行きました。
 しじみがいなくなると、お母さんは、
(はて、今のは夢だったのかしら?)
と、首をかしげながらも、ザルを持って家を出ました。
 そして月明かりにキラキラと流れる小川に顔を近づけて見ると、確かに川底にはしじみがたくさんいます。
「大変。夢でも本当でも、とにかくしじみを助けなきゃ」
 お母さんは冷たい水の中にザルを入れてしじみをすくうと、それを持って山を登りました。
 そして湧き水に近い静かできれいな流れに、そっとしずめてやりました。
 それからまた戻って、もう一度しじみをザルですくい山へ連れて行きました。
 それを何度も何度も繰り返して、ようやく全てのしじみを救い出すと、しじみたちは声をそろえてお母さんに言いました。
「どうも、ありがとう。お礼に、太郎さんの病気を治してあげますよ」
 それを聞いたお母さんは、にっこり笑って山を下りました。
 家に帰ると、高い熱で寝ていた太郎が元気に出迎えてくれました。
「お母さん、おかえりなさい」
「おや、まあ!?」
 お母さんが太郎の熱をはかってみると、うその様に下がっています。
「あのね、夢の中にしじみが現れて、助けてくれたお礼だといって薬を飲ませてくれたんだよ」
「そうかい、それはよかったね」
 それから太郎とお母さんは、いつまでも幸せに暮らしました。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/03/03 Sun. 10:59 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

03

ふるさと散歩158-23 大坪本町 

DSCN0402.jpg

DSCN0405.jpg

DSCN0407.jpg

DSCN0412.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/03 Sun. 10:56 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

03

ふるさと散歩158-22 大坪本町 

DSCN0398.jpg

DSCN0399.jpg

DSCN0400.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/03 Sun. 10:54 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

03

ふるさと散歩158-21 大坪本町 

DSCN0395.jpg

DSCN0396.jpg

DSCN0397.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/03 Sun. 10:52 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

03

コアラの尻尾が短いわけ 

コアラの尻尾が短いわけ
オーストラリアの昔話


 むかしむかしの、オーストラリアのお話です。
 カンガルーのボラーと、フクログマ(→コアラ)のコアボンは、とても仲良しでした。
 いつもいっしょに、えさを探しに行きました。

 ある時、雨があまり降らないので、あたり一面すっかりかわききってしまいました。
 木も草もかれてしまい、人間も動物も生きていられなくなりました。
 けれどもカンガルーのボラーとフクログマのコアボンは、水のある穴ぐらを知っていました。
 そして、その穴のそばで暮らしていました。
 ところがその穴ぐらにも、水のなくなるときがやってきました。
 カンガルーのボラーもフクログマのコアボンも、のどがかわきすぎてヒリヒリといたみました。
 ふと、カンガルーのボラーが言いました。
「ずっと前、ぼくがまだお母さんのお腹のポケットに入っていたころ、やっぱり水がなくなった事があるんだよ。
 そのときお母さんは水を探して、あっちこっち歩きまわったんだ。
 ほかのカンガルーたちは、『赤ん坊をポケットから出して、すてちゃいなさい。そうすれば水を探すのも楽ですよ』って、すすめたけど、お母さんはぼくをしっかりお腹の袋に入れておいてくれたっけ。
 ずいぶん歩いてから、お母さんは水のなくなった川へ着いたよ。
 そこでお母さんたら、カラカラにかわいた砂をほりはじめたんだ。
 うーんとながい事ほったら、穴のそこから水がにじみ出てきたんだ。
 そしてお母さんのほった穴にだんだん水がたまって、ぼくたちは水を飲む事が出来たんだよ」
「そいつはすばらしい! すぐ、川を探しに行こうよ」
と、フクログマのコアボンが言いました。
 二人は、水を探す旅に出ました。
 そしてようやく、川の土手につきました。
 川には、ひとしずくの水もありません。
 川底には、かわいた砂があるきりでした。
 カンガルーのボラーは、お母さんの手つきを思い出しながら砂をほりはじめました。
 ながい事ながい事ほったので、とうとうカンガルーのボラーはクタクタになってしまいました。
 そこで、コアボンに、
「おい、今度は、きみやってくれよ」
と、たのみました。
 フクログマのコアボンは、働くのが大きらいです。
「ぼく、なんだか気分が悪いんだ」
と、うそをつきました。
「そうか。それならいいよ」
 ボラーはしかたなく、ひと休みしてからまた砂をほりました。
 カンガルーのボラーの手は、とてもしびれてきました。
 そのうちにようやく、穴のそこに水がにじみ出てきました。
 水はだんだん穴にたまって、水たまりが出来ました。
 カンガルーのボラーは、いそいで仲良しのフクログマのコアボンのところへ飛んでいきました。
「おい、水が出たよ!」
 ボラーの声を聞くと、病気のふりをしていたコアボンは飛びおきました。
 コアボンは水たまりに飛んでいくと、頭をつっこんでガブガブと飲みはじめました。
 穴の上に、コアボンの尻尾だけがのぞいていました。
「気分が悪いと言っていたくせに、よくもだましたな」
 カンガルーのボラーはだまされた事に気がついて、カンカンに怒りました。
 それで穴の上にちょこんと出ているコアボンの尻尾を、チョキンと切ってしまったのです。

 フクログマの尻尾が短くなったのは、こういうわけなのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/03/03 Sun. 10:50 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

03