02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

思い出写真館158 

f158.jpg
【下関市園芸センター】
関連記事

Posted on 2013/03/01 Fri. 10:02 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

01

カエルの恩返し 

カエルの恩返し
香川県の民話


 むかしむかし、ある村(むら)に、おじいさんと、美(うつく)しい娘(むすめ)が2人で仲良(なかよ)く暮(く)らしていました。
 ある年(とし)の田植(たう)えの季節(きせつ)、おじいさんは町へ買(か)い物(もの)に出(で)かけました。

 おじいさんが田(た)んぼのあぜ道(みち)を歩(ある)いていると、ヘビがカエルを追(お)いつめて、今にも飲(の)み込(こ)もうとしているところでした。
「これこれ、なにをする。ゆるしておやり。
 ほしいものがあれば、わしがやるから」
 カエルをかわいそうに思(おも)っておじいさんがいうと、ヘビはおじいさんの顔(かお)を見(み)あげて言(い)いました。
「それなら、娘(むすめ)をわしの嫁(よめ)にくれ!」
 おじいさんは、ヘビの言(い)うことなどとあまり気(き)にもとめずに、
「よしよし。わかったから、カエルを逃(に)がしてやるんだよ」
と、返事(へんじ)をしてしまったのです。
 すると、その年の秋(あき)もふかまったころ、若(わか)いサムライが毎晩(まいばん)、娘(むすめ)の部屋(へや)へやってきて、夜(よ)がふけるまで娘(むすめ)と楽(たの)しそうに話(はな)していくようになりました。

 そんなある日の事(こと)、一人の占(うらな)い師(し)がおじいさんの家(いえ)を訪(たず)ねました。
「おじいさん、最近(さいきん)あなたの娘(むすめ)のところに、若(わか)いサムライがやってきておらぬか。」
「はい、来(き)とります。」
「気(き)を付(つ)けなされ。
 その若(わか)いサムライの正体(しょうたい)はヘビじゃ。
 ほうっておくと、娘(むすめ)の命(いのち)が危(あぶ)ない。
 娘を救(すく)いたいのなら、裏山(うらやま)にある大きな木に、フクロウの巣(す)がある。
 そこにある卵(たまご)を、サムライにとってくるよう、娘に言(い)わせるのじゃ。」
 おじいさんは驚(おどろ)いて、この話(はなし)を娘(むすめ)に伝(つた)えました。

 その日の夜(よる)も、若(わか)いサムライに化(ば)けたヘビが、娘のもとにやってきました。娘は、サムライに言(い)いました。
「さいきん、とても体(からだ)がだるいのです。
 げんきをつけるために、うら山(やま)の大(おお)きな木(き)にある、フクロウの“す”から、 タマゴをとってきて、たべさせてくださいな」
「よしよし、そんなことはたやすいことよ」

 次(つぎ)の日(ひ)、若(わか)いサムライは裏山(うらやま)へいって、フクロウの巣(す)がある高(たか)い木(き)にのぼっていきましたが、そのときいつのまにか、若(わか)いサムライは、ヘビの姿(すがた)になっていたのです。
「おぉ、あったぞ。フクロウの卵(たまご)だ。」
 ヘビが巣(す)の中にある卵(たまご)を口にくわえたとたん、親(おや)フクロウがもどってきました。
 親フクロウはするどいくちばしで、大事(だいじ)な卵を守(まも)ろうと、ヘビをやっつけました。

 あくる日の朝(あさ)、あの占(うらな)い師(し)がまたおじいさんの前(まえ)に現(あら)われました。
「あなたのおかげで、娘(むすめ)を助(たす)けることができました。
 ありがとうございました。」
 すると、占(うらな)い師(し)が言(い)いました。
「実(じつ)はわたしは、いつぞや田(た)んぼのあぜ道(みち)で命(いのち)を救(すく)われたカエルなのです。
 娘(むすめ)さんの体(からだ)には、まだヘビの毒(どく)が残(のこ)っております。
 これからは毎年(まいとし)、三月(さんがつ)三日(みっか)の節句(せっく)にお酒(さけ)の中に桃(もも)の花(はな)びらを浮(う)かべてお飲(の)みください。
 そうすればヘビの毒ばかりではなく、からだにたまったどんな毒もみんな消(き)えて、きれいになるでしょう。」

 そう言うと、目の前の占(うらな)い師(し)の姿(すがた)はたちまち消(き)えてしまい、一匹(いっぴき)のカエルが庭先(にわさき)の草むらの中へ、 ピョンピョンと飛(と)んでいったのです。


 桃(もも)の節句(せっく)で、お酒(さけ)の中に桃の花(はな)びらを浮(う)かべて飲(の)むようになったのは、このときからだという事(こと)です。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/03/01 Fri. 10:00 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩158-5 金比羅 

DSCN0345.jpg

DSCN0346.jpg

DSCN0347.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/01 Fri. 09:57 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩158-4 金比羅 

DSCN0342.jpg

DSCN0343.jpg

DSCN0344.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/01 Fri. 09:55 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01

ふるさと散歩158-3 金比羅 

DSCN0339.jpg

DSCN0340.jpg

DSCN0341.jpg

関連記事

Posted on 2013/03/01 Fri. 09:54 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

01