01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

蛇婿(へびむこ) 

蛇婿(へびむこ)
高知県の民話


 むかしむかし、あるところに、とても美しい娘がいました。

 ある晩の事、母親が娘の部屋の前を通ると、何やら話し声がするので母親は耳をすませました。
 どうやら娘は、誰か男と楽しそうに話している様子です。
(あら、あの子ったら、いつの間に良い人を見つけたのだろう。・・・まあ、そのうちに紹介してくれるでしょう)
 母親はそう思うと、何も言わずに寝てしまいました。
 そしてそれから毎夜、たとえ大雨の日でも大風の日でも、男は必ず娘の部屋にやって来るのです。
(もしかすると、娘は何か怪しい物に見込まれているのかも)
 そう思った母親は、娘に尋ねました。
「ねえ、お前の所に毎夜毎夜、男が来ている様だけど、一体どこの誰なの?」
「・・・・・・」
「隠す事はないよ。母さんは、お前がその男を本当に好きなら、お前の婿(むこ)に迎えてもいいと思っているんだよ」
「本当?!」
「ああ、本当だとも。・・・ただその前に、相手の身元をはっきりさせないとね」
 すると娘は、少し困った様に言いました。
「うん、でも、あたしも、あの人がどこの誰か知らないの」
「毎夜通って来るのに、どこの誰かも明かしてくれないのかい?」
「うん」
「・・・そう。しかし嵐の晩でもやって来るほど熱心なのに、身元も明かさないなんて変だね。
 これはもしかすると、魔性(ましょう)の物かも知れないよ。
 よし、今夜来たら、その男の着物の裾(すそ)に、糸をつけた縫い針を刺して帰しなさい」
 そこで娘は母親に言われた通り、男が帰る時に隠し持っていた縫い針を男の着物の裾に刺しました。
 すると男は、
「ウーッ!」
と、うめき声をあげて、家を飛び出て行ったのです。
 娘と母親がその後を追うと、男の体は次第にヘビの体へと変わっていき、暗闇の中に消えてしまいました。
 それを見てびっくりした娘と母親は、一晩中、震えていました。

 翌朝、母親が男に刺した縫い針の糸をたどって山道を進むと、大きな淵(ふち)に洞穴があって、糸はその中へと続いていました。
 中をのぞいた母親が、そっと様子をうかがっていると、洞穴の奥からこんな話し声が聞こえて来ました。
「だからわたしは、人間なんかに構うなと言っておいたのに。
 針とはいえ、身体に鉄を立てられたからには、もうお前の命は長くないよ。
 可愛そうだけど、これはどうしようもない。
 死ぬ前に、何か言い残す事はあるかい?」
「おれは死ぬが、おれはあの娘に子どもを授けて来た。
 その子がきっと、おれの仇(かたき)をとってくれるだろう」
「子どもが仇を? まったく、娘の腹に子を授けて来たって、そんなものは三月の節句の桃酒と五月の節句の菖蒲(しょうぶ)酒と、九月の節句の菊酒を飲まれたら消えて無くなるんだよ」
 これを聞いた母親は急いで家に帰ると、さっそく桃酒と菖蒲酒と菊酒を娘に飲ませてお腹の中にいるヘビの子を消したのです。

 そしてそれが言い伝えられて、女の子は三月と五月と九月の節句に、お酒を飲む様になったのです。
関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:54 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-50 元町 

DSCN0307.jpg

DSCN0308.jpg

DSCN0309.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:51 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-49 元町 

DSCN0304.jpg

DSCN0305.jpg

DSCN0306.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:49 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-48 元町 

DSCN0301.jpg

DSCN0302.jpg

DSCN0303.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:47 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-47 神田 

DSCN0298.jpg

DSCN0299.jpg

DSCN0300.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:45 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-46 神田 

DSCN0295.jpg

DSCN0296.jpg

DSCN0297.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:42 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-45 桜山 

DSCN0292.jpg

DSCN0293.jpg

DSCN0294.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:38 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-44 桜山 

DSCN0288.jpg

DSCN0289.jpg

DSCN0291.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:37 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-43 厳島神社 

DSCN0284.jpg

DSCN0285.jpg

DSCN0286.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:35 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-42 厳島神社 

DSCN0281.jpg

DSCN0282.jpg

DSCN0283.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:33 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

ふるさと散歩157-41 厳島神社 

DSCN0278.jpg

DSCN0279.jpg

DSCN0280.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/28 Thu. 10:32 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

28

故郷の花々105 

105.jpg
関連記事

Posted on 2013/02/27 Wed. 09:47 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

27

悪魔の作った橋 

悪魔の作った橋
スイスの昔話


 スイスにはロイス川というきれいな川がありますが、この川には橋がありませんでした。
 それと言うのも、何度橋をかけてみても大水で壊されしまうのです。
「このままでは、川の両側に住む人たちが可愛そうだ」
 心優しい村長はみんなと力を合わせて、今までよりもっともっと大きくて丈夫な橋をかけました。
 けれどもまた大水が襲って、橋は流されてしまったのです。
 これを聞いた村長は、家の暖炉の前でくやし涙を流しました。
「どうしてだ! あんなに頑張ったのに。・・・これではもう、悪魔にでも頼むしかないな」
 すると突然、村長の目の前に大男が現れました。
 大男は黒い服に赤いズボン、そして羽の付いたボウシをかぶっています。
「おう、今、悪魔を呼んだか? おれさまはサタンだ。名前ぐらい聞いた事があるだろう」
 村長は、びっくりです。
 サタンと言えば、悪魔の王さまの様な存在です。。
「は、はい。確かにお呼びしました。ロイス川に、絶対に壊れない橋をかけていただきたいと」
「あははははっ、そのくらいお安い御用さ」
「本当ですか?」
「ああ、本当だ。でもその代わりに、最初に橋を渡ったたましいをもらうぞ。いいな?」
「た、たましい! あの、それは困ります。金貨では駄目ですか?」
「ふん! そんなくだらない物、悪魔なら簡単に作れるわ。ほら、見ていろ」
 サタンは暖炉で赤々燃えてる炭を手のひらで握りしめると、怖がる村長の手に乗せました。
「あつっ・・・くない。おおっ、これはすごい!」
 不思議な事に、炭はキラキラ光る金の塊に変わっていたのです。
 目を丸くしている村長に、サタンは言いました。
「それはお前にやろう。橋も今夜中に作ってやる。だから必ず、最初に橋を渡ったたましいを寄こせ。いいな、忘れるな」

 次の朝、村長がロイス川へ行くと、これまで見た事もない、それはそれは立派な橋がかかっていました。
 これなら、どんな大水がやって来ても平気です。
「どうだ! おれさまは、約束を果たしたぞ」
 橋の向こうにサタンが現れて、大声で叫びました。
「そっちも約束通り、たましいを寄こせよ」
「はいはい、ではさっそく。今から行きますよ」
 村長はそう言うと、用意してきた大きな袋の口を開けました。
 すると中から、尻尾に黒いリボンをむすんだ犬が飛び出して、
 ワン、ワン、ワン
と、吠えながら橋の上を駆け出しました。
「な、なんだ! おれさまが欲しいのは、人間のたましいだぞ。・・・くそっ、悪魔を馬鹿にしやがって。こんな橋は、壊してやる!」
 怒ったサタンは、大きな岩を振り上げました。
 するとちょうどそこへ、牧師さんがやって来ました。
 牧師さんは新しい橋にお祈りをする為に、大きな十字架をかかげていました。
「わあっ、来るな。おれさまは牧師と十字架が嫌いなんだ! やめろ! 助けてくれ!」
 サタンは大慌てで逃げ出し、それきり二度と戻って来ませんでした。

 さて、悪魔の作った橋はとても丈夫で、どんな大水が来てもびくともしませんでした。
 おかげで村人たちは、大喜びです。
 でも村長はサタンにもらった金の塊で、大やけどをしてしまいました。
 それは怒ったサタンが、金の塊を元の熱い炭に戻してしまったからです。

おしまい
関連記事

Posted on 2013/02/27 Wed. 09:45 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩157-40 厳島神社 

DSCN0275.jpg

DSCN0276.jpg

DSCN0277.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/27 Wed. 09:41 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27

ふるさと散歩157-39 厳島神社 

DSCN0272.jpg

DSCN0273.jpg

DSCN0274.jpg

関連記事

Posted on 2013/02/27 Wed. 09:39 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

27