11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

ピノッキオ 

ピノッキオ
コッローディの童話


 むかしむかし、子どもの好きな時計職人のゼペットじいさんは、ある日、子どものかわりに木のあやつり人形をつくりました。
 人形の名前は、ピノッキオです。
 目がクリクリと大きくて、鼻はツンとのび、なかなかにかわいい男の子です。
 ピノッキオが完成した夜、ゼペットじいさんは星に願いをかけました。
「どうか、このピノッキオが、本当の子どもになりますように」
 さて、ま夜中のこと、ゼペットじいさんの家のまどから、一匹のコオロギが入ってきました。
 そしてピノッキオを見つけると、礼儀正しくあいさつをしました。
「やあ、かわいい坊や。わたしはの名はジミニー・クリケット。どうか、ジミーとよんでください」
 さあ、そのときです。
 突然、夜空の星がキラリとまぶしくかがやくと、スーッと星の光に乗って、星の女神がピノッキオとジミーの前にやって来たではありませんか。
「あっ、星の女神さま」
  おどろくジミーに星の女神はやさしくほほえむと、美しい声でピノッキオに言いました。
「やさしいゼペットじいさんの願いは、星に届きました。ピノッキオ、あなたに声と自由をあたえましょう。そして、本当に良い子どもになったなら、ゼペットじいさんの願いどおり、人間の子どもにしてあげましょう」
 そして女神は、魔法の杖(つえ)をクルリとふりました。
 すると木で出来た人形のピノッキオが、なんと二本の足で立ちあがったのです。
「あらら。木の人形が動き出したぞ。こりゃ、すごい!」
 ビックリするジミーに、星の女神はやさしく言いました。
「ジミニー・クリケット。もしよろしければ、ピノッキオが良い子になれる手伝いをしていただけませんか?」
「えっ! わたしの名をご存じで! さすがは星の女神さま。かしこまりました。このジミー、ピノッキオが良い子になり、必ず人間になれるよう、頑張らせていただきます!」
「うふふふ。ありがとう」
 星の女神はほほえむと、星の光に乗って帰って行きました。
 さて、朝になり、目をこすりながら起き出したゼペットじいさんに、ピノッキオが元気よくあいさつをしました。
「おはよう、お父さん!」
「ああ、おはよう。ピノッキオ、もう起きていたのか。・・・ええっ!!」
 ピノッキオが動いて声を出していることにおどろいたゼペットじいさんは、思わずほっぺたをつねりました。
「なんじゃ。ピノッキオが動いておる! ピノッキオがしゃべっておる! ・・・わしは、まだ夢をみとるのか?」
「お父さん、夢じゃないよ。星の女神がお父さんの願いをかなえてくれたんだ。それに、良い子どもになったら、人間にしてくれるって」
「おおっ、ピノッキオ! 女神さま、ありがとうございます!」
 ゼペットじいさんはピノッキオをだきしめ、それから大喜びで、ピノッキオが学校へ行けるように準備をしてくれました。
「では、お父さん。行ってきまーす」

 ピノッキオとジミーが学校への道を歩いていると、前からキツネとネコがやって来ました。
 このキツネとネコは、人をだましてお金もうけをする悪いやつらです。
 キツネはピノッキオを一目見て、金もうけになると考えました。
 そしてネコと一緒にピノッキオの前に立ちふさがると、ピノッキオに言いました。
「かわいい坊や、今からどこへ行くんだい?」
「学校だよ」
「学校か。えらいねえ。でも、君は見世物小屋に行くべきだ」
「見世物小屋?」
「そうさ、君ならきっと、見世物小屋のスターになれるよ」
「えっ、スターに?」
「スターもスター、君は大スターさ」
「大スターか、学校よりも楽しそうだね」
 ピノッキオは、キツネとネコについて行きました。
「だめだよピノッキオ! 学校へ行かないと、良い子どもになれないよー!」
 ジミーも、あわてて後を追いました。
 さて、見世物小屋の親方(おやかた)は、ピノッキオを見ると大喜びで、キツネとネコにお金をわたしました。
「さあさあ、世にもめずらしい、自分でうごく人形だよ」
 ピノッキオが舞台(ぶたい)に出ておどると、お客さんはしばらくビックリして、その後はわれんばかりの大拍手(だいはくしゅ)です。
「わあー、ぼくはスターだ」
 ピノッキオはうれしくなって、むちゅうでおどりました。
 でも舞台が終わると、ピノッキオは家に帰してもらえず、鳥カゴへ閉じこめられてしまいました。
「あーん、どうしよう。家へ帰りたいよー。お父さんに会いたいよー」
 閉じこめられたピノッキオが泣いていると、夜空からスーッと光がさし込み、星の女神が現れました。
「あらピノッキオ、どうしてここにいるの? 学校へは、行かなかったの?」
「どうしてって・・・」
 ピノッキオは、本当の事を言ったら、人間の子どもにしてもらえなくなると思い、うそをつくことにしました。
「実は、学校へ行く途中、いきなり見世物小屋の親方につかまったんです」
 そのとたん、ピノッキオの木の鼻が、ズンとのびていきました。
「あれあれ、どうして? 鼻がのびていくよ」
 あわてるピノッキオに、星の女神は言いました。
「ピノッキオ。いま、うそをつきましたね。あなたの鼻はうそをつくと、ドンドンのびていくのですよ」
「うそじゃないよ。本当だよ!」
 ピノッキオがそういうと、ズンズンと、またまた鼻がのびてしまいました。
 星の女神は、きびしい顔で言いました。
「いいですか。うそというものは、一つつくと、新しいうそを重ねてつかなくてはならなくなります。ピノッキオ、あなたは本物の人間の子どもに、なりたくないのですか?」
「なりたいよ! 本物の人間の子どもになりたいよ! 女神さま、うそをいってごめんなさい!」
 ピノッキオが泣きながらさけぶと、星の女神は魔法の杖をクルリとふって、のびた鼻を元通りにしてくれました。
 そして、ピノッキオが閉じこめられている鳥カゴのカギを開けてやると、
「助けてあげるのは、今度だけですよ、ピノッキオ。がんばって、きっと本物の良い子になるのですよ。それではジミー、ピノッキオを家までお願いね」
 星の女神はそう言うと、星へと帰って行きました。
 ジミーはピノッキオをつれて、ゼペットじいさんの家へ帰りました。
 それからピノッキオは、女神さまとの約束を守って、良い子で楽しくすごしました。
 ゼペットじいさんは、とてもピノッキオをかわいがり、ピノッキオもゼペットじいさんの事が大好きでした。
 けれど、ある日のこと。
 学校へ行く途中の道で、ピノッキオとジミーは、またあのキツネとネコに見つかってしまったのです。
「ピノッキオ、あいつらは悪いやつだ。はやく逃げよう」
「うん」
 ジミーの言葉にうなづいたピノッキオは、すぐにその場を逃げ出したのですが、キツネとネコは先回りしてピノッキオをとおせんぼうすると、
「たいへんだ! ピノッキオ。君は病気なんだよ」
「ええっ、ぼくが病気?」
「そうさ。このままじゃあ、死んでしまうだろう。ああ、きみが死んだら、お父さんは悲しむだろう」
「そんなー」
「こうなれば、助かる方法は一つしかない」
「どうするの?」
「それはだね。はやく楽しいところへ行って、思いっきり遊ぶんだ。そうすれば病気がなおり、元気になるんだよ」
 それを聞いたジミーが言いました。
「ピノッキオ、だまされるんじゃない! 遊んで病気がなおるなんて、うそに決まっている!」
「おっと、お前はあっちに行ってな」
 ネコはジミーをつまみ上げると、ピューンと、遠くへ投げ飛ばしました。
 そしてピノッキオの手を引っ張ると、
「さあ坊主、兄貴の言葉を聞いただろう。はやく元気になって、お父さんを喜ばせてやろうぜ」
と、いって、ピノッキオを港(みなと)へつれて行きました。

 港には大きな船がとまっていて、たくさんの子どもたちが乗り込んでいます。
「あの、どこへ行くの?」
 ピノッキオがたずねると、一人の男の子がこたえました。
「島の遊園地(ゆうえんち)さ。そこは子どもの天国なんだ。思いきり遊ぼう」
 ボーッ。
 船が汽笛(きてき)をならして、海をすべり出しました。
 ジミーは船の甲板(かんぱん)にピノッキオの姿があるのを見ると、急いで木の板につかまって、船をおいかけました。
「待っていろよ、ピノッキオ。必ず助けてやるからな!」
 船はやがて、島の遊園地につきました。
「わーい、着いた、着いた」
 子どもたちは先をあらそって、船をおりました。
 観覧車に、ジェットコースターに、メリーゴーランドに、ゲームに、ダンスホールと、ここには何でもあります。
 どの乗り物もただで乗り放題、おまけにジュースやポップコーン、アイスクリーム、キャンディなんかのお菓子も、食べ放題なのです。
「あははははっ、楽しいなー!」
 ピノッキオもいつのまにか、星の女神との約束やジミーのこと、そして、大好きなお父さんのこともわすれて遊んでいました。
 でもそうしているうちに、ピノッキオは、まわりの子供たちが次々とロバになっていくことに気がついたのです。
 いいえ、まわりの子どもたちばかりではありません、ピノッキオの耳もロバの耳になり、おしりからは、しっぽがはえてきたのです。
「どうしよう!」
 ピノッキオがさけんだとき、追いかけてきたジミーがようやくたどりつきました。
「ピノッキオ! すぐ海に飛びこんで逃げるんだ! ここは悪い大人たちが、ロバになった子どもたちを売りとばすところなんだ。君は一生、ロバのまま働きたいかい」
「そんなのいやだ!」
 ピノッキオは海に飛び込むと、ジミーといっしょに板につかまって、やっとのことで港に帰りました。
「いいかい、ピノッキオ。わたしも一緒にゼペットさんにあやまってあげるから、ちゃんと、『ごめんなさい』って、言うんだよ」
「うん。ありがとう、ジミー」
 さて、ようやくピノッキオとジミーが家に帰ってきたのですが、家の中にはゼペットじいさんがいません。
 かわりに、ドアに張り紙がしてありました。
《大切なピノッキオがもどらないので、探しに行きます》
 ピノッキオとジミーは家で待ち続けましたが、いつまで待っても、ゼペットじいさんはもどって来ませんでした。
 そしてピノッキオとジミーは、悪い知らせを耳にしたのです。
 それはゼペットじいさんが、海で大クジラに飲まれてしまったというのです。
「大変だ! お父さんを助けなきゃ!」
 さっそく二人は海へ行き、そして大クジラをさがしました。
 しかし二人が大クジラを見つけたとき、大クジラは大きな口を開けて、魚と一緒に、ピノッキオとジミーを飲み込んでしまったのです。
 大クジラに飲み込まれた二人は、大クジラの口からおなかの中へと泳いで行きました。
 すると、大クジラのおなかの中で、ゼペットじいさんがションボリと小舟に乗っていたのです。
「お父さん!」
「おおっ、ピノッキオ! 夢じゃないだろうな、ああ、こっちへおいで。よしよし、お前さえいてくれれば、クジラの中だろうとかまいはしないよ」
 ゼペットじいさんはピノッキオをしっかりだきしめて、何度もキスをしました。
「ぼくも会えてうれしいよ。でも、クジラの中でもいいだなんてだめだよ。お父さん、家に帰ろう」
「だが、どうやって?」
 ピノッキオは、ゼペットじいさんに言いました。
「舟の中の物を燃やして、煙(けむり)で大クジラのおなかの中をいっぱいにするんだよ! そうすれば、大クジラも苦しくなって、口を開けるに決まっているよ」
「そうか、その手があったか」

  さっそくゼペットじいさんとピノッキオは、イスやテーブルに次々とランプの火をつけました。
 するとたちまち、大クジラのおなかは煙でいっぱいになりました。
 やがて煙で苦しくなったのか、大クジラは大きな口を開けると、
「ハァックショーーーン!」
と、大きなクシャミをしたのです。
 そのとたん、おなかの中の舟は波と一緒に、ものすごいいきおいで大クジラの口から海へと押し流されました。
「やったー!」
 けれど、怒った大クジラが、追いかけてくるではありませんか。
 ドッカーーン!
 大クジラの体当たりに、舟はたちまちこわされてしまいました。
 そして舟をこわした大クジラは、ふたたびピノッキオたちに襲いかかってきました。
「お父さん! ジミー! はやく浮いている物につかまって!」
「しかしピノッキオ、お前は」
「ぼくなら大丈夫。木で出来ているから水には沈まないよ」
 ゼペットじいさんとジミーは、こわれた舟の板きれや空きビンにつかまって、なんとか岸までたどりつきました。
 ところが、ピノッキオの姿がありません。
「おーい、ピノッキオ! どこにいるんだー!」
 ゼペットじいさんとジミーがあたりをさがしていると、手も足もこわれて、バラバラのボロボロになったピノッキオが見つかりました。
 ピノッキオはゼペットじいさんたちを助けるために、自分がおとりになったのです。
 ゼペットじいさんはバラバラになったピノッキオをつれて帰ると、ベッドに寝かせてオイオイと泣きました。
「ごめんよ、ピノッキオ。大切なお前を死なせてしまって」
 その横でジミーも、オイオイと泣きました。
「ごめんな、ピノッキオ。きみを人間にしてみせると、約束したのに」
 その夜おそく、夜空がキラリと輝くと、星の女神が光に乗ってあらわれました。
 そして、ベッドに横たわるピノッキオに言いました。
「ピノッキオ。あなたはお父さんを助けるために、勇気(ゆうき)をもってがんばりました。とても良い子でしたよ。約束どおり、あなたを人間の子どもにしてあげましょう」
 星の女神が魔法の杖をクルリとふると、バラバラでボロボロだったピノッキオの体が見る見るうちになおっていきました。
 木でできた体は、だんだんと人間の子どもの肌にかわっていきました。
 やがて、目も耳も口も髪の毛も、全て人間の子どもになったピノッキオは、元気よくベッドを飛びおりました。
 そして、泣きながら眠っているゼペットじいさんのところへかけて行くと、ゼペットじいさんに抱きついて言いました。
「お父さん、泣かないで! だってぼく、今日から本物の人間の子どもになったんだよ!」
「おお、ピノッキオー!」
 ゼペットじいさんは、今度はうれしくて、またオイオイと泣きだしました。
 さて、本物の人間になったピノッキオは、それからずっと、ゼペットじいさんやジミーと一緒に、いつまでも幸せにくらしたのです。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:57 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-15 迫 

IM4G_0285.jpg

IM4G_0286.jpg

IM4G_0287.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:53 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-14 本村 

IM4G_0281.jpg

IM4G_0283.jpg

IM4G_0284.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:51 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-13 本村 

IM4G_0277.jpg

IM4G_0278.jpg

IM4G_0279.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:49 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-12 本村 

IM4G_0273.jpg

IM4G_0274.jpg

IM4G_0275.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:48 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-11 本村 

IM4G_0269.jpg

IM4G_0270.jpg

IM4G_0271.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:46 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24

ネコのおけさ節 

ネコのおけさ節
新潟県の民話


 むかしむかし、佐渡島(さどがしま)の海辺に、ネコ好きのおばあさんがいました。
 若い頃から一人暮らしですが、いつも十数匹のネコを飼っています。
 ところが年を取るにつれて貯金もなくなり、その日の食べる物にさえも不自由するようになりました。
 その為に、たくさん飼っていたネコたちも次々と逃げ出して、ついには古くからいた三毛ネコ一匹しか残りませんでした。
 おばあさんはこの三毛ネコを今まで以上に可愛がり、自分が食べない日はあっても、ネコの食べ物だけは毎日用意しました。
  しかし、いつしかその食べ物にも困るようになったので、ある日おばあさんはネコに言いました。
「ごらんの通りの貧乏暮らしで、お前にエサをやれんようになってしまった。
 だからといって家出をしたり、よその家に行って食べ物を欲しがったりしないでおくれ。
 お前は、わたしのたった一つの生きがいなのだから」
 ところが次の日、そのネコも姿を消してしまいました。
(ああ、何て事だろう。あれほど可愛がっていたネコに見捨てられるなんて。貧乏すると人ばかりか、ネコにまで嫌われてしまうのか)
 おばあさんは、思わず涙をこぼしました。
 誰もいない家の中でボンヤリと座っていたら、突然、美しい娘が訪ねて来て言いました。
「おばあさん、わたしはおばあさんに可愛がってもらった三毛ネコです。今まで、何のお役にも立ちませんでしたが、どうぞ恩返しをさせて下さい」
と、言うではありませんか。
 おばあさんはビックリして娘を見ましたが、どこから見ても人間の姿で、とてもネコが化けているとは思えません。
「お前、そんな姿になって、何をしようというのかい? わたしの事なら心配しなくても大丈夫だからね」
「いいえ、このままではおばあさんが可愛そうです。何でも、江戸(えど)の方から芸者(げいしゃ)になる娘を探しに来ているという噂を聞きました。どうか、江戸の男にわたしを見せて下さい。きっと、たくさんのお金で買ってくれるでしょう」
 娘に化けたネコが、あまりにも熱心に言うので、
「そこまで、わたしの事を心配してくれるとは・・・」
と、おばあさんはネコの申し出を受ける事にしました。
 やがて、おばあさんの村へ江戸の男がやって来て、娘を見るなり、
「なんてきれいな娘だ。こりゃ間違いなく、江戸でも指折りの芸者になれるぞ」
と、言って、おばあさんにたくさんの金を渡して、娘を江戸へ連れて行きました。

 それから何ヶ月かあと、江戸の深川(ふかがわ)の料理屋に、おけさと名乗る芸者が現れました。
 そのあでやかな美しさは、まるで名人が描いた絵から抜け出たようです。
 しかも、おけさの歌う歌は江戸では珍しいもので、人々からは『おけさ節』と呼ばれて、たちまち町中の評判(ひょうばん)になりました。
 そんなおけさを一目見たいという客が増えて、おけさのいる料理屋は毎晩大変な賑わいとなりました。

 ある晩の事、その料理屋へ船乗りたちを引き連れた船頭(せんどう)がやって来て、
「金ならいくらでも出すから、おけさを呼んでくれ」
と、言うのです。
「お呼びいただいて、ありがとうございます」
 おけさが部屋に行くと、部屋はたちまち花が咲いた様に華やかになり、とても賑やかな酒盛りが始まりました。
 やがて三味線(しゃみせん)が鳴り、おけさの歌う「おけさ節」が流れます。
「よよっ、いいぞ、いいぞ」
 おけさ節に合わせて船乗りたちが踊り、踊っているうちに酒の酔いが回って、一人、また一人と酔い潰れ、酒盛りが終わった時には、みんな大の字になっていました。
 飲み過ぎた船頭は、はうようにして隣の部屋へ行き、布団の中へ潜り込みました。

 さて、夜中にふと目を覚ました船頭の耳に、酒盛りをした部屋から、何かを噛み砕く様な音が聞こえてきました。
(はて、何の音だろう?)
 不思議に思った船頭が、しょうじのすきまからそっと中をのぞいてみると、何と芸者姿の大きなネコがキバをむき、食べ残した魚の頭をかじっているではありませんか。
 その着物はどう見ても、おけさの着ていたものです。
 ビックリした船頭は、あわてて床の中へ潜り込みました。
 すると、それに気づいたおけさが船頭のそばへ来て、
「今見た事は、誰にも言わないで下さいね。もし人にしゃべったら、ただではおきませんからね」
と、言ったのです。
「わ、わかった。誰にも言わない」
 船頭は、ブルブルと震えながら答えました。

 次の朝、船頭と船乗りたちは料理屋を出て浜に向かいました。
 海は静かで空には雲一つなく、船旅には絶好(ぜっこう)の日よりです。
「それっ!」
 船頭のかけ声とともに、船はゆっくりと動き始めました。
 やがて船乗りたちが、一か所に集まってゆうべの話を始めます。
「いやあ、ゆうべは楽しかったな。それにしても、芸者のおけさのきれいな事」
「そうよ。さすがは江戸だ。おら、あんなにきれいで歌のうまい芸者は見た事がない」
 そこへ船頭もやって来て、つい口を滑らせたのです。
「お前たち、あの芸者の正体を知っているのか?」
「正体だって?」
「実はな、あの芸者はネコが化けたものだ」
と、ゆうべの出来事を、詳しく話して聞かせました。
「まさかそんな。とても信じられない」
「まだ、酒に酔っているのと違うか?」
 船乗りたちが首をかしげていると、今まで晴れていた空に突然黒雲がわき出し、見る見るうちに船へと近づいてきます。
「大変だ、嵐が来るぞ!」
 船乗りたちがそれぞれの持ち場へ行こうとした時、黒雲の上から大きなネコが現れて、いきなり船頭を引きずり上げると、そのまま雲の中へ消えてしまったのです。
 同時に海は激しい嵐となり、船は木の葉のようにゆれて、船乗りたちは生きた心地がしません。
「どうか、どうかお助けを。今の事は決してしゃべりませんから!」
 船乗りたちが船にしがみつきながら必死で叫ぶと、やがて嵐が治まりました。
 しかし船頭は空へ引きずりあげられたまま、二度と戻っては来なかったそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:44 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-10 本村 

IM4G_0266.jpg

IM4G_0267.jpg

IM4G_0268.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:40 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-9 本村 

IM4G_0258.jpg

IM4G_0259.jpg

IM4G_0265.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:38 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24

彦島さんぽ106-8 本村 

IM4G_0253.jpg

IM4G_0254.jpg

IM4G_0257.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/24 Mon. 16:36 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

24