11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

思い出写真館135 

f135.jpg
【福浦】
関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 15:53 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-25 江の浦 

IM4G_0082.jpg

IM4G_0083.jpg

IM4G_0084.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 12:48 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-24 角倉 

IM4G_0079.jpg

IM4G_0080.jpg

IM4G_0081.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 12:46 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-23 角倉 

IM4G_0076.jpg

IM4G_0077.jpg

IM4G_0078.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 12:44 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-22 角倉 

IM4G_0073.jpg

IM4G_0074.jpg

IM4G_0075.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 12:42 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-21 角倉 

IM4G_0069.jpg

IM4G_0070.jpg

IM4G_0071.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 12:40 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18

いも正月 

いも正月
栃木県の民話


 むかしむかし、茂作(しげさく)いう若者が、お母さんと二人で暮らしていました。
 茂作は働くのが大きらいで、いつもブラブラと遊んでは、お酒ばかり飲んでいます。
 そのために二人はとても貧乏で、その日の食べ物にも困る暮らしでした。

 ある日、茂作がお母さんに言いました。
「おれ、よその土地へ行って働いてくる。どっさりと金をかせいで来るから、待っていてくれ」
 お母さんはうれし涙を流すと、家を出て行く茂作にこつこつとためていたお金を全部渡して、茂作を見送りました。

 茂作が村を出てから、三年の月日が過ぎました。
 茂作からは、手紙一つありません。
 でもお母さんは、いつか立派になった茂作が帰って来るのを待ち続けました。

 やがて、大みそかがやって来ました。
 ほかの家ではお米をたいてお正月の準備をしますが、貧しいお母さんの家にはお米がありません。
 あるのは、少しばかりのいもだけです。
「いもでも、ないよりはましだわ。今夜もいもを煮て、お正月の準備をしましょう」
 お母さんが川でいもを洗っていると、旅人が声をかけてきました。
「すみません。旅の途中でお金を落としてしまい、昨日から何も食べていません。なにか食べ物を、わけてもらえませんか?」
「はい」
 お母さんはやさしくうなずくと旅人を家に連れて行き、夕飯のために煮ておいたいもを出してやりました。
 旅人はよほどお腹が空いていたのか、両手でいもをつかむとものすごい早さで食べてしまいました。
「・・・あの、申しわけないのですが、もう少しいただけないでしょうか?」
「はい」
 お母さんはニッコリ笑うと、かまどに火をつけて、お正月用のいもを煮てあげることにしました。
 そしていもが煮えるまでの間、旅人に心配している茂作の事を話しました。
「うちの息子の茂作が、よそで働いてお金をかせいで来るんですよ。お金なんていりませんが、立派に働いて一人前になった茂作の姿を見るのが、わたしのゆいつの楽しみなのです」
 その話を、外で聞いている者がありました。
 それは三年前に村を出て行った、茂作です。
 茂作は三年の間、働きもせずにぶらぶらと遊んでいました。
 そしてお母さんにもらったお金を全部使い果たしたので、しかたなく家に帰ってきたのでした。
(おふくろ・・・)
 お母さんの話を聞いているうちに茂作は自分が恥ずかしくなって、そのまま家を離れようとしました。
 するとその時、旅人がお母さんに言いました。
「あの、山に荷物を置いているから、ちょっと行ってきますね」
 それを聞いた茂作は見つかってはまずいと、あわてて物置きのかげにかくれました。
 旅人は家を出ると、山の方へ歩いて行きました。
 そして間もなく、山の方から旅人の大きな声が聞こえて来ました。
「いもは、煮えましたかー」
 お母さんも、大きな声で答えました。
「いいえ、まだですー」
 しばらくすると、また旅人の大きな声がしました。
「いもは、煮えましたかー」
「いいえ、もう少しですー」
 旅人は山の上の方へ行ったらしく、声がだんだん遠くなっていきます。
「いもは、煮えましたかー」
「はーい、いもが煮えましたよー」
 お母さんが答えると、山の上から旅人が言いました。
「それじゃあー、戸を開けて待っていてくださーい」
 お母さんが言われた通りに家の戸を開けると、突然山から強い風が吹いてきて、隠れていた茂作の体を木の葉のように舞い上げました。
 そして茂作は風に運ばれて、ドスンと家の中に落とされました。
「しっ、茂作!」
 お母さんが驚きの声を上げると、続いて風に乗って、ドスン! ドスン! ドスン! と、たくさんの荷物が茂作の後ろに落ちてきました。
 茂作がふり返ると、後ろにはお金やお米や布が山のように積んであります。
「茂作、これはいったい?」
「いや、おれにも何がなんだか」
 飛んで来た荷物の中に、一通の手紙がありました。
 二人が手紙を開いてみると、そこにはこう書かれてありました。
《おいしいいもでした。二人とも、お幸せに。旅人より》
  お母さんは思わず、旅人が消えていった山に手を合わせました。
「さっきの旅人は、神さまにちがいないわ」
 茂作も、お母さんと一緒に手を合わせました。
「ああ、きっとそうにちげえねえ」

 それからの茂作は本当によく働くようになり、お母さんを大事にして幸せに暮らしました。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 10:54 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-20 角倉 

IM4G_0066.jpg

IM4G_0067.jpg

IM4G_0068.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 10:50 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-19 角倉 

IM4G_0062.jpg

IM4G_0063.jpg

IM4G_0064.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 10:49 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18

彦島さんぽ104-18 福浦 

IM4G_0058.jpg

IM4G_0059.jpg

IM4G_0060.jpg

関連記事

Posted on 2012/12/18 Tue. 10:47 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

18