10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々073 

y073.jpg
関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:59 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

23

ヒヨコ星 

ヒヨコ星
タイの昔話

 むかしむかし、ある町はずれの畑の中に、おじいさんとおばあさんがすんでいました。
 二人の家は小さくて、持ち物は一羽のメンドリだけでした。
 しばらくして、メンドリは六つのタマゴを生みました。
 六つのタマゴは、六羽のかわいいヒヨコになりました。
「さあ、お母さんのあとについておいで」
 メンドリは大よろこびで、ヒヨコたちの世話をしました。
 タカやトビなど、こわい鳥たちにさらわれないように気をつけて、だいじにだいじに育てました。
 ところが、ある晩のことです。
 メンドリがヒヨコたちをねかしつけていますと、こんな話し声が聞こえてきました。
「ばあさんや、明日から村でおまつりがあるそうじゃ。わしらもおまつりにいきたいが、神さまヘのおそなえ物をどうしよう?」
「本当にどうしましょう? わたしらは貧乏で、ものを買うお金もありません。でも、おまつりに何も神さまにおそなえしなかったら、ほかの人たちに、けちんぼうと思われるでしょうね」
 おじいさんとおばあさんは、おまつりのおそなえ物の相談をしていたのです。
 そしてとうとう、おじいさんがいいました。
「どうだろう。一羽しかいないが、あのメンドリをおそなえしたら」
 おばあさんは、悲しそうにうなずきました。
「そうですね。ヒヨコたちがかわいそうですけど、それしかないですね」
 二人の話を、メンドリはみんな聞いていました。
 あしたは、小さな子どもたちをのこして、死ななければなりません。
 メンドリは、ヒヨコたちにいいました。
「かわいい子どもたち、あした、お母さんは死ななければならないの。おねがいよ、お母さんがいなくなっても、おまえたちはけんかせずに、なかよくくらしなさいね。食べものを見つけたら、いつでもいっしょに食べてね。けっして、はなればなれにならないでね。それから、家の外に出たりしちゃだめよ。こわいイヌがいるからね」
「いやだよ! お母さん。どうして死ななくちゃならないの?」
 ヒヨコたちが、なき出しました。
 お母さんも、なき出したいのをがまんして、
「おじいさんとおばあさんが、わたしの肉を神さまにおそなえするとはなしていたの。死ぬことはこわくないけれど、小さなおまえたちをのこしていくのが心配で。それからそうだわ、どんなに遊びたくなっても、あき地へは出ていかないと約束して。タカやトビにねらわれるからね。それから・・・」
と、ひと晩じゅう、ヒヨコたちにいろいろなことをいいきかせました。
 つぎの日、おじいさんは朝はやくおきると、すぐにメンドリを殺しました。
 それから羽をむしるために、グラグラにえたお湯の中に、メンドリをなげこみました。
 それを見ていたヒヨコたちは、もう、ジッとがまんしていることができません。
「お母さん、今すぐ、ぼくたちもいくからね!」
「天国に行っても、いっしょにいようね!」
 ヒヨコたちは小さな羽をはばたかせると、つぎつぎと、お湯の中へとびこんでいきました。
 このかわいそうな鳥たちのようすを、天の神さまが見ていました。
「なんという、美しい母と子の心だろう。おまえたちがいつまでもいっしょにいられるよう、星に生まれかわらせてやろう」
 こうして、お母さんと六羽のヒヨコたちは、夜空にきらめく七つの星になりました。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:56 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

23

ふるさと散歩138-5 了円寺 

IM1G_8473.jpg

IM1G_8474.jpg

IM1G_8475.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:49 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

23

ふるさと散歩138-4 大平町 

IM1G_8470.jpg

IM1G_8471.jpg

IM1G_8472.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:47 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

23

ふるさと散歩138-3 大平町 

IM1G_8466.jpg

IM1G_8467.jpg

IM1G_8468.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:46 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

23

ふるさと散歩138-2 大平町 

IM1G_8461.jpg

IM1G_8462.jpg

IM1G_8465.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:44 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

23

ふるさと散歩138-1 大平町 

IM1G_8458.jpg

IM1G_8459.jpg

IM1G_8460.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:43 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

23

たのきゅう 

たのきゅう


 むかしむかし、あるところに、たのきゅうという旅の役者がいました。
 お母さんが病気だという手紙がきたので、大急ぎで戻る途中です。
 ところが、ある山のふもとまで来ると、日が暮れてしまいました。
 すると茶店のおばあさんが、たのきゅうに言いました。
「およしなさい。この山には大きなヘビがいるから、夜は危ないよ」
 でもたのきゅうは病気のお母さんが心配なので、山へ登っていきました。
 そして峠(とうげ)でひと休みしていると、白髪のおじいさんが出てきて言いました。
「お前さんは、だれだ?」
「わしは、たのきゅうという者じゃ」
 だけどおじいさんは、『たのきゅう』を『たぬき』と聞き間違えました。
「たぬきか。たぬきなら、化けるのがうまいだろ。さあ、化けてみろ。わしは大ヘビだ。わしも化けているんだ」
 大ヘビと聞いて、たのきゅうはびっくり。
「さあ、はやく化けてみろ。それとも、化けるのが下手なのか?」
 怖さのあまりブルブルとふるえていたたのきゅうですが、大ヘビに下手と言われて役者魂に火がつきました。
「下手? このわしが下手だと? よし、待っていろ。いま、人間の女に化けてやる」
 たのきゅうは荷物の中から取り出した女のかつらと着物を着て、色っぽく踊って見せました。
「ほほう、思ったより上手じゃ」
と、おじいさんは、感心しました。
 そして、
「ときに、お前のきらいな物は、なんじゃ?」
と、聞きました。
「わしのきらいなのは、お金だ。あんたのきらいな物は、何だね?」
「わしか? わしのきらいな物は、タバコのヤニとカキのシブだ。これを体につけられたら、しびれてしまうからな。さて、お前はたぬきだから助けてやるが、この事は決して人間に言ってはならんぞ。じゃ、今夜はこれで別れよう」
 そう言ったかと思うと、おじいさんの姿は見えなくなってしまいました。
「やれやれ、助かった」
 たのきゅうはホッとして山を下り、ふもとに着いたのはちょうど夜明けでした。

 たのきゅうは村人たちに、大ヘビから聞いた話をしました。
「と、言うわけだから、タバコのヤニとカキのシブを集めて、大ヘビのほら穴に投げ込むといい。そうすれば大ヘビを退治出来て、安心して暮らせるというもんじゃ」
 それを聞いて、村人たちは大喜びです。
 さっそくタバコのヤニとカキのシブを出来るだけたくさん集めて、大ヘビのほら穴に投げ込みました。
「うひゃーあ、こりゃあ、たまらねえ!」
 大ヘビは死にものぐるいで隣の山に逃げ出して、なんとか命だけは助かりました。
「きっと、あのたぬきのやつが、わしのきらいな物を人間どもにしゃベったにちがいない。おのれ、たぬきめ! どうするか覚えてろ!」
 大ヘビは、カンカンになって怒りました。
 そしてたのきゅうが一番きらい物は、お金だという事を思い出しました。
 そこで大ヘビはたくさんのお金を用意すると、たのきゅうの家を探して歩きました。
 そしてやっとたのきゅうの家を探し当てたのですが、家の戸がぴったりと閉まっていて中には入れません。
「さて、どうやって入ろうか? ・・・うん?」
 そのとき大ヘビは、屋根にあるけむり出し口を見つけました。
「それっ、たぬきめ、思い知れっ!」
 大ヘビは、けむり出し口からお金を投げ込んでいきました。

 おかげでたのきゅうは大金を手に入れて、そのお金で良い薬を買うことが出来たので、お母さんの病気はすっかり治ったと言うことです。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:40 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

23

彦島さんぽ99-15 後山 

IM1G_8455.jpg

IM1G_8456.jpg

IM1G_8457.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:36 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

23

彦島さんぽ99-14 後山 

IM1G_8452.jpg

IM1G_8453.jpg

IM1G_8454.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/23 Fri. 09:34 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

23