10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島さんぽ97-5 彦島長崎町 

IM1G_8351.jpg

IM1G_8352.jpg

IM1G_8353.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 15:52 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

19

彦島さんぽ97-4 彦島長崎町 

IM1G_8347.jpg

IM1G_8348.jpg

IM1G_8349.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 15:50 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

19

彦島さんぽ97-3 彦島長崎町 

IM1G_8343.jpg

IM1G_8344.jpg

IM1G_8345.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 15:49 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

19

彦島さんぽ97-2 彦島長崎町 

IM1G_8340.jpg

IM1G_8341.jpg

IM1G_8342.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 15:47 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

19

彦島さんぽ97-1 彦島長崎町 

IM1G_8336.jpg

IM1G_8337.jpg

IM1G_8338.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 15:46 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

19

朝寝坊山の引っ越し 

朝寝坊山の引っ越し
茨城県の民話


 むかしむかし、ある山の近くに、大きな大きな男が住んでいました。
 男の名前は、だいだらぼうです。
 だいだらぼうが立ちあがれば、青空の白い雲はおへそのまん中あたりで、だいだらぼうが歩けば地面が沈み、雨が降るとその足跡が池になります。
 そんな大きなだいだらぼうは、いつも山にどっかりと座り、ときどき鹿島灘に手を伸ばしては、ハマグリを取って食べてくらしていました。
「オレが歩くと土地がでこぼこになって、村のみんなに迷惑がかかるもんな」
 ある日の事、山を枕に昼寝をしようと、水戸の方へそっと足を伸ばしただいたらぼうは、
「ん? なんだあ?」
 伸ばした足もとで、人がザワザワ動いている様子です。
 だいだらぼうは用心して起きると、忙しそうに動きまわる水戸の村人たちにたずねました。
「おい。何をしてるんだあ?」
 いきなり天から声が降ってきたので、村人たちはびっくりしました。
「なんだ、だいだらぼうか。ああ驚いた」
「実はここに穴を掘って、水をためたいんだ。田んぼに、水ひきたいからなあ」
 村人たちは土を掘ったり運んだりして、働き始めました。
 だいだらぼうは、ふと思いました。
(よし、おれが手伝ってやろう。だって、おれが子供のころ、村のみんなは食べ物わけてくれたものな。うん、恩返しするなら今だ)
 その夜、村のみんなが寝静まったのを見届けると、だいだらぼうは大きな手で地面を掘り始めました。
「うんこらしょ」
 いくらだいだらぼうでも、深くて広いくぼ地を作るのは大変です。
 掘って掘って一生懸命掘っているうちに、だいだらぼうの指の先がやぶれて血が流れて来ました。
(痛いけど、がんばらないと)
 そうして掘り続けて夜が明けるころ、なんとまわりが八キロもある大きなくぼ地を作ったのです。
 だいだらぼうは、泥だらけの手でおでこの汗をふきました。
 顔が、泥と血で汚れました。
 だいだらぼうは腰をさすりながら山へもどると、大あくびをしてやっと眠りました。
 何も知らず集まって来た村の人たちは、大きなくぼ地を見てびっくり。
「だれだろう? ひと晩でこんな大きな沼を作ったのは」
「だいだらぼうが、やってくれたんだ。ありがたいこった、ありがたいこった」
 若者も年寄りも、手を取り合って喜びました。
 それからまもなく、だいだらぼうは大足村(おおだらむら)へ遊びに行きました。
 大足村は、だいだらぼうの故郷です。
 だいだらぼうが姿を見せると、みんなが集まって来ました。
「よく来たなあ、元気だったか」
「だいだらぼう、久しぶりだなあ」
 だいだらぼうは、みんなが喜んでくれたのでうれしくてたまりません。
「いやあ、おれもこの通り大きくなったから、恩返しに来たんだよ。何かおれに出来ることはないか?」
 すると村長が、目に涙をためて言いました。 
「お前は本当にいいやつじゃ。子供のころのお前が、あんまりよく食うもんだから、村には食べ物がなくなって、追い出したというのに」
「いやあ、追い出されたんじゃねえ。勝手に出て行ったんだ。今でも、みんなよく食べ物をくれたと感謝してんだ。なあ、それより何かおれに出来ることないか」
 村長はうなずいて、東の方を指さしました。
「なら、たのまれてもらうけどな。村の東にある哺時臥山(くれふしやま)のせいで、日の出がおそくなって困っとるんじゃ。日の出がおそいもんで、みんな朝ねぼうしてしまうんじゃよ。だから、朝寝坊山(あさねぼうやま)って呼んでいるんじゃ」
 村の人たちも言いました。
「そうだ。朝ねぼうするから仕事がおくれてな、そのおかげで村は、いつまでたっても貧乏なままだ」
「だいだらぼうよ、あの朝寝坊山を、どこか遠くへ運んでくれねえか」
 だいだらぼうは、力強くうなずきました。
「よし、まかせてくれ」
 だいだらぼうは、さっそく朝寝坊山のふもとを掘り始めました。
 穴が掘れると、そこに指をつっこんで
「うーん」
と、朝寝坊山を地面からひきちぎろうとしましたが、なんといっても相手は山です。
 持ちあげようとすると、だいだらぼうの足が地面にめり込んでいきました。
 そしてそのたびに、ゴゴゴゴゴーッと、地震がおきます。
 だいだらぼうの汗は、大雨のように村の人たちの上に降りました。
「もう、ひといきだ!」
 歯をくいしばり、力をふりしぼって、だいだらぼうは朝寝坊山を持ちあげました。
 バリバリバリー!
 ついに朝寝坊山は、地面から離れました。
 だいだらぼうは朝寝坊山を持ちあげて、腰のあたりでかかえました。
「けど、どこへ引っ越すかなあ。朝寝坊山が移ってきて困る人がいたら、いやだしなあ」
 だいだらぼうは朝寝坊山をかかえたまま、あちこち見まわしました。
「うん? ・・・ああ、あそこがいい」
 だいだらぼうは、のっしのっしと北西の方へ歩き出しました。
 そこは、誰一人住んでいない土地です。
 だいだらぼうは大足村から八キロも、朝寝坊山をかかえて行きました。
 そして、
 ドスーン!
 空にひびが入るかと思うような大きな音をたてて、朝寝坊山の引っ越しが終わりました。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 11:56 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

19

思い出写真館124 

f124.jpg
【西山】
関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 10:00 [edit]

category: 思い出写真館

TB: --    CM: 0

19

下関海峡マラソン5 

IM1G_8332.jpg

IM1G_8333.jpg

IM1G_8334.jpg

IM1G_8335.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 09:55 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19

下関海峡マラソン4 

IM1G_8324t.jpg

IM1G_8325.jpg

IM1G_8326.jpg

IM1G_8327.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 09:53 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19

下関海峡マラソン3 

IM1G_8320.jpg

IM1G_8321.jpg

IM1G_8322t.jpg

IM1G_8323.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/19 Mon. 09:50 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

19