10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

故郷の花々068 

y068.jpg
関連記事

Posted on 2012/11/12 Mon. 14:39 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

12

星の金貨 

星の金貨
グリム童話


 むかしむかし、あるところに、小さな女の子がいました。
 お父さんもお母さんも死んでしまって、女の子の持っている物は着ている服と、親切な人がくれた一切れのパンだけです。
 頼る人のいない女の子は、神さまだけを頼りに野原へ出て行きました。
 すると、貧しい男の人がやって来て言いました。

「お願いだ。わたしに何か食べる物をおくれ、もう、腹ぺこなんだ」
 食べる物といっても、女の子には一切れのパンしかありません。
 このパンをあげてしまったら、女の子の食べる物がなくなってしまいます。
 でも女の子は、持っていたパンを全部あげて言いました。

「神さまのお恵みが、ありますように」

 そして先へ歩いて行くと、1人の子どもがやって来て泣きながら言いました。

「さむい、頭がさむいよう。ねえ、何かかぶる物をちょうだい」
 そこで女の子は、自分のボウシをあげて言いました。

「神さまのお恵みが、ありますように」

 またしばらく行くと、今度は上着がなくてこごえている子どもに会いました。

 女の子は自分の上着を脱ぐと、その子どもにあげて言いました。

「神さまのお恵みが、ありますように」

 また先へ歩いて行くと別の子がスカートを欲しがるので、

 スカートをあげて言いました。

「神さまのお恵みが、ありますように」

 とうとう女の子は、森にやって来ました。
 あたりはもう、すっかり暗くなっています。

 そこへまた1人の子どもがやって来て、下着を欲しがりました。
 下着をあげると、女の子は裸になってしまいます。
 女の子は、少し迷いましたが、
(暗い夜だから、だれにも見えやしないわ)
 女の子はこう考えて下着を脱ぐと、とうとうこれもあげて言いました。

「神さまのお恵みが、ありますように」

 こうして女の子が何一つ身につけずに立っていると、突然空から星が落ちてきました。

 そしてその星は、ピカピカ光る金貨になったのです。

 気がつくと裸だったはずの女の子は、いつの間にか立派な服を着ていました。

「ああ、神さまありがとう」
 女の子は金貨を拾い集めると、そのお金で一生幸せに暮らしたということです。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/11/12 Mon. 14:36 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

12

彦島さんぽ95-50 本村 

IM1G_8106.jpg

IM1G_8107.jpg

IM1G_8108.jpg

IM1G_8110.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/12 Mon. 14:33 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

12

彦島さんぽ95-49 本村 

IM1G_8103.jpg

IM1G_8104.jpg

IM1G_8105.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/12 Mon. 14:31 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

12

彦島さんぽ95-48 本村 

IM1G_8100t.jpg

IM1G_8101.jpg

IM1G_8102.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/12 Mon. 14:29 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

12