10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

キツネの恩返し 

キツネの恩返し


 むかし、まずしいむしろ織(お)りがいました。その男は毎ばんわらでむしろを織り、それを売ってなんとかくらしていました。

 ある日、いつものように町に行く途中(とちゅう)、子供たちが何かを取り囲んでさわいでいます。
 近づいてみると、小さな一ぴきの子ギツネがいじめられていました。かわいそうに思った男は
「その子ギツネをおれに売っておくれ」
と言いました。子供たちは
「今までかせいだお金を全部くれたら売ってやる」
と言います。
 お金を全部わたしてしまったら自分のくらしができなくなる、そう思いあきらめて行こうとしたのですが、ふり返ると子ギツネが
「助けてください」
という顔をしているようにみえました。
 男はたまらなくなり子供たちのところに引き返し
「わかった、お金をやるからキツネを渡しなさい」
とお金を全部子供らにやってしまいました。

「さあ、もうだいじょうぶ。山にお帰り」
そういって男は子ギツネをにがしてやりました。キツネはうれしそうにぴょんぴょんとはねながら、何度もふり返って山の中に消えていきました。
 
 何日かたったある日、男が町から帰る途中、石がきのへいの中から
「ぽーん」
何かが飛んできてドスンと道に落ちました。
 拾ってみるとなんとそれはお金の束でした。どうしてお金がふって来たのか、ふしぎに思っていると、とつ然
「どろぼう!」
とさけぶ声。
 びっくりしてお金をもったまま、ものすごいいきおいでにげてしまいました。

 村はずれまでかけて来た男がぜえぜえ息を切らしていると、わきのしげみがごそごそ、この前の子ギツネが顔を出しました。
 子ギツネはくすくす笑いながら
「そのお金はこの間助けてくれたお礼だよ」
と言いました。男はほっとしましたが、ちょっとムッとして
「だけど、どろぼうはひどいではないか。びっくりしたぞ」
と言い返しました。
 すると子ギツネが
「だって、あんたはいったんおれを買うのを、やめようとしただろう?あのときおれはとってもがっかりしたんだぞ」
その話を聞いた男は、たしかにそうだ、見すてられると思ったときキツネはとても悲しかっただろうな、悪かったなあと反省しました。そしてだれかを助けるときはまよわずやることにしようと決めました。
 
 男は子ギツネを助けたことでさずかったお金を上手に使って仕事をはじめることにしました。男の仕事はたいへんうまくいったそうです。
関連記事

Posted on 2012/11/07 Wed. 10:24 [edit]

category: 日本の民話

TB: --    CM: 0

07

彦島さんぽ95-15 本村 

IM1G_7976.jpg

IM1G_7977.jpg

IM1G_7978.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/07 Wed. 10:18 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

07

彦島さんぽ95-14 本村 

IM1G_7973.jpg

IM1G_7974.jpg

IM1G_7975.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/07 Wed. 10:16 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

07

彦島さんぽ95-13 本村 

IM1G_7970.jpg

IM1G_7971.jpg

IM1G_7972.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/07 Wed. 10:14 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

07

彦島さんぽ95-12 本村 

IM1G_7967.jpg

IM1G_7968.jpg

IM1G_7969.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/07 Wed. 10:12 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

07