10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島さんぽ95-10 本村 

IM1G_7956.jpg

IM1G_7958.jpg

IM1G_7959.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 15:58 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

06

彦島さんぽ95-9 本村 

IM1G_7953.jpg

IM1G_7954.jpg

IM1G_7955.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 15:56 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

06

彦島さんぽ95-8 本村 

IM1G_7949.jpg

IM1G_7951.jpg

IM1G_7952.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 15:54 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

06

彦島さんぽ95-7 本村 

IM1G_7946.jpg

IM1G_7947t.jpg

IM1G_7948.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 15:53 [edit]

category: ふるさと散歩

TB: --    CM: 0

06

彦島さんぽ95-6 本村 

IM1G_7942.jpg

IM1G_7944.jpg

IM1G_7945.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 15:51 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

06

故郷の花々065 

y065.jpg
関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 09:30 [edit]

category: 故郷の花々

TB: --    CM: 0

06

王子さまの耳はロバの耳 

王子さまの耳はロバの耳
ポルトガルの昔話


 むかしむかし、王さまとおきさきさまがいました。
 二人には、子どもがありませんでしたが、二人とも子どもがほしくてなりません。
 そこで王さまは、あるとき三人の妖精(ようせい)をよんで、子どもをさずけてくれと、たのみました。
 すると三人の妖精は、
「そのねがい、かなえてあげましょう」
と、やくそくして帰りました。
 そしてひと月たつと、おきさきさまに王子がうまれました。
 三人の妖精は、それぞれにおくりものをすることにしました。
「世界一美しい王子に、なりますように」
と、一人の妖精がいいました。
「思いやりのある、かしこい王子になりますように」
と、二番目の妖精がいいました。
 三番目の妖精は、はじめの二人とおなじことをいおうと思っていたので、こまってしまいました。
 うまいことばが、思いつかないので、
「それでは王子に、ロバの耳がはえますように、そうすれば、けっしていばることのない王子になるでしょう」
と、口からでまかせをいったのです。
 王さまはビックリして、このさいごのねがいだけは、とりけしてくれとたのみました。
 けれども三人の妖精は、さっさと帰ってしまいました。
 まもなく王子には、ロバの耳がはえてきました。
 王さまは、
(これはこまった。やがて王になるものが、ロバの耳を持っているとわかったら、国民の笑いものになるぞ)
と、考えて、すっぽりと耳までかくれるボウシをつくらせました。
 王子はそのボウシを、朝から晩までかぶっていました。
 王子は大きくなって、髪をきらなければならなくなりました。
 王さまは、とこや(→髪の毛をきる人)をよんで、
「王子の髪をきってくれ。しかし、ボウシの下に見たものを人にはなしてはならないぞ。はなすと、命がないものと思え」
と、いいました。
 とこやは、ボウシの下に見たものを、はなしたくてはなしたくてたまりません。
 でも、王さまのことばを思いだして、ジッとだまっていました。
 ある日、とこやは教会へいきました。
 そして、
「神父さま。わたしは、だれにもいってはならない秘密をもっています。もしいえば、ころされてしまうのです。けれどもわたしは、だまっているのがつらくてなりません。どうしたらいいでしょうか?」
と、そうだんしました。
 すると神父さんは、こういいました。
「谷間へいって、穴をほりなさい。そして穴の中へ、そのひみつをなんどもいいなさい。そうすれば、きっと胸がかるくなるだろう。そのあと、穴に土をかぶせておけば、そのひみつはもれないでしょう」
 そこでとこやは、谷へいって穴をほると、
「王子さまの耳は、ロバの耳! 王子さまの耳は、ロバの耳!」
と、なんどもなんどもさけびました。
 そして、土をかぶせて家に帰りました。
 しばらくすると、とこやが穴をほったところに、アシがはえました。
 そこへヒツジ飼いがやってきて、そのアシをきって笛(ふえ)をつくりました。
 ヒツジ飼いがアシの笛をふくと、笛は一人でに、
「王子さまの耳は、ロバの耳。王子さまの耳は、ロバの耳」
と、うたったのです。
 この話はまもなく、町じゅうにひろまりました。
 そしてとうとう、王さまの耳にもとどいたのです。
 そこで王さまは、ヒツジ飼いにアシの笛を持ってきて、ふいてみるようにいいつけました。
 ヒツジ飼いは王さまの前にすすみでて、アシの笛をふきました。
 すると笛は、
「王子さまの耳は、ロバの耳。王子さまの耳は、ロバの耳」
と、うたいはじめました。
 こんどは、王さまがアシの笛をふいてみました。
 するとやっぱり、笛は、
「王子さまの耳は、ロバの耳。王子さまの耳は、ロバの耳」
と、うたいました。
「このことを知っているのは、とこやのほかに、いないはずだ」
と、いって、とこやをよびにやりました。
 とこやは、穴をほってその中に、ひみつを大声でさけんだことや、土をかぶせて穴をうめておいたことを王さまにはなしました。
「けしからん! やくそくどおり、首をはねてやるぞ!」
と、王さまは、カンカンになって怒りました。
 そのとき、わかい王子がでてきていいました。
「とこやには罪はありません。どうか、とこやの命をたすけてやってください」
 そして、
「わたしの耳のことは、もう、みんなが知っています。いまさらかくしているひつようはありません。ロバの耳をもっていても、わたしはきっと、りっぱな王になってみせます。さあ、みなさん、よくごらんなさい」
と、いって、かぶっていたボウシをとりました。
 ところがふしぎなことに、王子の頭には、もうロバの耳はありませんでした。
 じぶんのひみつをしゃべったとこやの命をすくった、このりっぱな王子さまには、いばらないようにするためのロバの耳は必要なかったからです。
 そしてそのときから、あの笛も「王子さまの耳は、ロバの耳」と、うたうことはなくなったそうです。

おしまい
関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 09:29 [edit]

category: 世界昔話

TB: --    CM: 0

06

彦島さんぽ95-5 本村 

IM1G_7939.jpg

IM1G_7940.jpg

IM1G_7941.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 09:24 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

06

彦島さんぽ95-4 本村 

IM1G_7934.jpg

IM1G_7935.jpg

IM1G_7936.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 09:22 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

06

彦島さんぽ95-3 本村 

IM1G_7931.jpg

IM1G_7932.jpg

IM1G_7933.jpg

関連記事

Posted on 2012/11/06 Tue. 09:21 [edit]

category: 彦島さんぽ

TB: --    CM: 0

06