11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

フクが踊る【南風泊漁港】 

フクが踊る【南風泊漁港】


奇岩に根をからませた野菊が、冷たさを増した潮風に全身を揺らせながら、行く秋と名残を惜しんでいました。

竹ノ子島は一周およそ2キロメートル、彦島とは「昭和橋」で結ばれています。
この島は、彦島の西端に位置するため、灯台や潮流信号所があり、関門海峡に出入りする船舶にとっては、大切な所です。

台場ヶ鼻の潮流信号所は、明治42年に創設されたもので、図形や色によって潮流を表示していましたが、現在では電光板へと変っています。

潮が引いた海辺には、小さなニナが無数に見られ、あちこちの岩場では、釣りを楽しむ人の姿がありました。

竹ノ子島をめぐって、フクの水揚げ量が全国の九割を占める南風泊漁港へ進むと、ちょうど接岸中の船からフクを水揚げ作業中でした。
船の生簀から網ですくわれたフクは、手早く市場内の活魚槽に運ばれ、午前3時20分からのセリを待ちます。

トラフクの大きなものは、一匹五万円もするという説明には一同驚きの声をあげたものです。

市場内の見学を終え、市指定文化財の貝化石層が見られる西山海岸へ。
下関の海岸線の中でも特異な景観です。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/25 Mon. 10:32 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

25

輝く海辺を行く【田の首】 

輝く海辺を行く【田の首】


潮の香りに囲まれた彦島の海辺は、人の通行をかたく拒んで、寄せつけないところもあります。
弟子待から田の首への海岸線も、通り抜けができません。

そこで、日露戦争当時、海軍の兵舎があったことから「海軍山」とよばれる高台を経て、田の首へと向かいます。

途中、昭和57年4月開校した向井小学校や、田の首八幡宮、造船所の巨大なクレーンをながめながら下って行くと彦島田の首町で、小さな船溜まりがあります。

波打ち際には、完成間近な貨物船の壮大さを、一層強調するかのように、小さな漁船がつながれていました。

運輸省の検潮基準点の標識を後に、家並みを通り抜け、再び海へ出ると、彦島の最南端です。

近くに、昭和46年12月に完成した南霊園の墓標がアベリアの可憐な花に囲まれて、静かな秋の光をいっばいに受けたやすらかな光景を見せてくれます。

ここからは塩浜町へは、干潮の時のみ探訪することができますが、海岸線コースの中でも難所の一つです。

大小の岩伝いにえよそ1キロメートル。
海峡の流れを隔て、戸畑、若松の工場群がせまってくる眺めを左に、岬をまわると、福浦金刀比羅宮の森、入り江に浮かぶ輸入木材の群列、福浦町の連なる甍が、眺めを一変させてくれます。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/23 Sat. 09:52 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

23

360度の展望【老の山公園】 

360度の展望【老の山公園】


戦前は「要塞地」現在は平和のシンボル「公園」というところが多くありますが、その一つに老の山公園があります。

彦島の県立下関第一高校入口バス停、徒歩で約15分登ると、360度の展望が開けます。

下関市街、関門海峡、西山と北九州の工業地帯、六連島から響灘、足元には彦島と本州を結ぶ日本第二のコンクリート橋「彦島大橋」が見えます。

この公園は、昭和44年から本格的に整備がすすめられ、芝生広場、展望台、休憩広場、植栽や遊戯施設を整えているほか、勤労青少年ホームも設置されており、次代をになう青少年の情操教育の場となっています。

また、本格的な野外ステージ、外周園路の整備、藤棚の設置、花木植栽など魅力ある公園整備が進められ、火ノ山公園に次いで大規模な公園となっています。

明治以降、砲台陣地が構築され、要塞の地であったこの地が、憩いの場として市民に利用されている意味を味わってみたいものです。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/22 Fri. 10:44 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

22

波頭をつま先に海辺を【西山】 

波頭をつま先に海辺を【西山】


緑の木々の中をまっすぐ天へ伸びる270段の石段、途中で一休みして登りつくと、そこは福浦金刀比羅宮の社殿で、幕末に吉田松陰が彦島を巡視したとき、立ち寄っている地でもあります。

参拝ののち、再び海岸へ戻って西山方面へ進むと、彦島地区の下水道終末処理場が右にあります。
彦島地区の下水道水洗化率は昭和57年末で23パーセント。
水洗化可能地域では、改造工事の促進が望まれるところです。

北九州と本市を結ぶ七つのルートの一つ、山九渡船の桟橋を左にするあたりは、昭和60年度の完成を目指して、西山木材港の工事が進んでいます。

海岸沿いに歩いた道は、荒田バス停からバス道路を進み彦島八幡宮へ。
彦島八幡宮は彦島の氏神で、10月21日に執り行われる「サイ上り神事」は市指定文化財で、市内でも有名な祭りの一つです。

さらに進んで彦島西山町一丁目の高台は、砲台のあった跡地で、円形の土盛りの上に立つと、360度の展望の中に、北浦の海岸線、六連島、九州の工場群、山並みそして海峡を見渡すことが出来ます。

小さな入り江をめぐって、竹ノ子島へは、奇岩もあって、楽しい海岸めぐりのコースです。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/21 Thu. 09:58 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

21

七里七浦をめぐる【彦島海岸】 

七里七浦をめぐる【彦島海岸】


彦島の海岸は「七里七浦」といわれ、およそ28キロメートルにわたって大小の入り江が、島を形づくっています。

彦島は壇之浦の源平合戦のとき、平家の拠点であったため、平家伝説に由来する遺跡もあり、そのなかの幾つかを探訪します。

彦島公民館を出発して、江の浦の古い家並み通り抜け「清盛塚」と「岩刻古墳」を経て、江の浦公園からバス道路と分かれて南へ入ると、やがて海が見えます。

巌流島が手の届くほどの距離に浮かび、遠くに関門橋も望めるのどかな海峡の風景は、すばらしいものです。

江の浦から弟子待への海岸線は、石油などのタンクが林立する珍しい雰囲気があります。

さらに進むと、昭和60年度末の完成をめざして、大規模な造成工事が行われている「田の首公園」があり、海道には、日露戦争に備えて明治35年に造られた「水雷発射場跡」があります。

この発射場から50メートルも海峡へ突出した石組みの上では、釣り人が無心に釣り糸を垂れていました。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/20 Wed. 09:56 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

20

彦島の氏神【彦島八幡宮】 

彦島の氏神【彦島八幡宮】


屋根の銅板が美しい緑色をみせている「彦島八幡宮」は、彦島の氏神として、多くの人々に親しまれています。

平治元年十月、河野通次が自ら祭りの主となって宇佐神宮より、分霊を勧請したものと伝えられ、別の名を「灘八幡」「子安八幡宮」ともいわれ、航海安全、安産の神様として、広く知られています。

秋の大祭には、八百年前から伝えられている「サイ上り神事」が行われます。
「サイ上り」とは「サァ上がらせ給え」と云う言葉が変化したものといわれ、市の無形文化財に指定されています。

この神事は、彦島開拓の十二苗祖の一人である河野通次が、舞子島の海中から、御神体を引き上げた故事に始まると伝えられ、今もなお十二苗の子孫の人達が、武具甲冑を身に付け、祭りに参列します。
この日だけは、日頃通れない、三井東圧の構内を通り抜け、海岸に出ると、そこには古い鳥居があります。

境内には、縄文時代の始めごろの遺跡である「宮ノ原遺跡」があり、この地の古さを物語っています。

また、仲哀天皇が弓を立てられたという松の碑があり、ここにも仲哀伝説がありました。

八幡宮の近くには、海水浴場があり、夏には多くの海水浴客でにぎわいます。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/19 Tue. 10:34 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

19

急な石段を登る【福浦金刀比羅宮】 

急な石段を登る【福浦金刀比羅宮】


指呼の間に望む北九州。
海峡を東へ、西へとよぎる船は、初夏の光を浴びて純白の航跡を描く、ここ福浦金刀比羅宮からのながめです。

数年前に福浦と荒田を結ぶ海岸道路が開通し、彦島西部地域の道路網が整備されました。
「この道が開通するまでは、彦島緑町を大まわりしなければ行けませんでしたから、随分便利になりました」と、地元の方はよろこんでいます。

海岸道路の取り付け部分、福浦湾の入口、湾と海峡をながめる位置に福浦金刀比羅宮があります。
鳥居から見上げる石段は、天に至るかのように真っすぐ伸び。繁茂する木々のトンネルを抜けたところに、上の鳥居があります。

石段を一気に駆け登ろうとしたものの中ほどでダウン。
胸の動悸を静めるのに数分かかりました。

ここ福浦金刀比羅宮は、吉田松陰が18歳のときに、藩命によって台場視察のため、北浦、下関をめぐったときに立ち寄ったことが「廻浦紀略」に記されているほか、幕末に「都落ち」した七卿のうち五卿が参拝したこともあります。

外国から運ばれてくる材木の荷役作業がみられる福浦港、古い街のたたずまいをとどめる家並みなど、新旧おりなす金刀比羅宮のあたり福浦は、風情に富んだ地でもあります。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/18 Mon. 11:53 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

18

ツツジの見ごろ【老の山公園他】 

ツツジの見ごろ【老の山公園他】


桜前線が北上するといよいよ「ツツジ」の登場です。

ツツジを漢字で書くと「躑躅」です。
むずかしい漢字です。
語源には、あしぶみする、たたずむ、という意味があります。

ツツジの花があまりにも美しいので見とれて立ち止まるという意味かもしれません。

さて、昭和48年に市の花木に指定されて以来、公園・街路にたくさんのツツジが植えられました。
品種は、ほとんどが「平戸ツツジ」で、現在市内には、約10万9千株のツツジが育っています。
この内、公園に、約8万2千株、街路に、約2万7千株あり、ちょうど4月24日の先帝祭あたりから見ごろとなります。

ところで、火の山公園と老の山公園が株数も多く、目を楽しませてくれます。
両公園では、次のとおり花祭りも行われます。

老の山公園「花まつり」は、5月上旬一日を利用して、野外ステージでは、音楽会、平家おどりなどのアトラクションがあり、売店もたくさん出店します。

火の山公園「火の山ツツジ祭り」は、5月上旬の三日間で、当日は苗木の販売、子供スケッチ大会、アトラクションなどがあります。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/17 Sun. 11:36 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

17

日本最古の洋式灯台のある島【六連島】 

日本最古の洋式灯台のある島【六連島】


六連島は、彦島の北方海上およそ5キロメートル、竹崎から市営渡船の六連丸で25分のところにあります。

島の広さは、0.69平方キロメートル、高い所で海抜約100メートルほどの小さな島ですが、中央の小高い丘には、世界でも三ヶ所しかないといわれる「雲母玄武岩」があり、国の天然記念物に指定されています。

この島は「没利島」と日本書紀に記され、古くから日本の歴史に登場しています。

江戸時代の真宗の熱心な信者として名高い、お軽同行は、この島の人で西教寺に碑があります。

また、灯台は日本の洋式灯台の中では最も古く、明治4年11月に完成し、同5年に明治天皇が行幸されました。
灯台の横に明治天皇行幸の碑が建っています。

島の最も高い丘は、近代科学の粋を集めた自衛隊のレーダー基地がありますが、毎年7月9日の七社祭、10月4、5日の六連八幡宮の献湯祭などの祭事が古くから続いて行われているなど、素朴なたたずまいも残っています。

六連島へは竹崎の桟橋から一日四回の定期船が通っています。

楽しい島の探訪にでかけてみませんか。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/16 Sat. 09:23 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

16

潮の花散る【筋ヶ浜】 

潮の花散る【筋ヶ浜】


彦島と伊崎は指呼の間にあり、小瀬戸を漁船が行きかっています。

伊崎の家並みの先には造船工場が数社あり、仰ぎ見るとクレーンが、左右へ忙しく動いていました。

工場の外れで道も途切れ、やがて「彦島大橋」があり、海辺へ下って行くと、北浦の山並、六連島、北九州、彦島の竹ノ子島などが望まれ、風景が一変します。

響灘に面した海辺には、真砂を背景に、大波が千々に散り、潮の花を一瞬の間咲かせては消えていきます。

筋ヶ浜には、昭和40年に運転を開始した公共下水道の終末処理場があり、旧市内地区約二万二千世帯の下水を処理し、衛生的な生活を進めるために、24時間運転をしています。

このほか「食肉センター」があり、年間約2000頭の牛と、豚約8000頭などが処理され、毎年7月には畜霊祭が執り行われます。

金比羅公園下あたりの海辺では、明治のころまで凧揚げが盛んで、揚がっているタコの糸を切って落とす「かけ合い」が行われる日は、応援のために店を閉め、芸者をくり込ませて、三味線が出る、太鼓が出る、歌が出るなどで、日が六連の沖に落ちるまで、金比羅の浜は終日どよめいたということです。

長崎と並んで有名だった凧揚げが、復活する日はないものでしょうか。


下関市教育委員会編「わがふるさと見て歩き」昭和58年発行

Posted on 2019/11/15 Fri. 09:56 [edit]

category: わがふるさと見て歩き

TB: --    CM: 0

15