09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

彦島の年表18 

彦島の年表18

昭和五十五年 1980年

巌流島に憩いの広場を開設。


昭和五十六年 1981年

西山木材港の建設起工。


昭和五十七年 1982年

彦島ー大和町間の水門橋が全面改修。

向井小学校、向井町に開校。


昭和六十一年 1986年

ヒヨドリ彦島に大挙襲来農作物に被害。

福浦の日東合板が事業閉鎖。


昭和六十三年 1988年

林兼造船、事業不振のため廃業。

関彦橋、全面架け替え工事完了。

西山埠頭完成。


平成二年 1990年

彦島図書館、江の浦町に開設。


平成八年 1996年

巌流島が自然や歴史的環境に配慮した海岸整備をする「エココースト事業」地区として国から指定される。


平成十一年 1999年

下関第一高校、中等教育学校に内定、平成16年4月開校予定。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/14 Sat. 12:26 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

14

彦島の年表17 

彦島の年表17

昭和三十六年 1961年

老の山公園開設。


昭和三十七年 1962年

老の山に第一高校が開校。


昭和四十一年 1966年

福浦湾に木材港・貯木場完工。


昭和四十六年 1971年

彦島し尿処理場が操業開始。

彦島支所・公民館完成。


昭和四十九年 1974年

玄洋中学校吹奏楽部、全国優勝。

地方卸売市場、南風泊市場開設。


昭和五十年 1975年

彦島有料道路・彦島大橋完成。


昭和五十二年 1977年

彦島運動場が完成。


昭和五十五年 1980年

玄洋中学校、本村町に新築移転。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/13 Fri. 09:36 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

13

彦島の年表16 

彦島の年表16

昭和二十年 1945年

三菱重工業彦島造船所、戦後県下初の賃上げスト。


昭和二十二年 1947年

彦島中学校、江の浦町に開校。


昭和二十五年 1950年

彦島警察署設置。


昭和二十六年 1951年

西山小学校、迫町に開校。


昭和二十八年 1953年

本村小学校全焼。


昭和二十九年 1954年

関彦橋、コンクリート橋に架け替え工事完成。


昭和三十年 1955年

玄洋中学校、西山町に開校。


昭和三十二年 1957年

角倉小学校、角倉町に開校。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/12 Thu. 11:55 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

12

彦島の年表15 

彦島の年表15

昭和二年 1927年

裁縫実践女学校開設。


昭和四年 1929年

初代町長富田恒祐 の公徳碑、老町に建立。


昭和五年 1930年

三菱青年訓練所開設。


昭和六年 1931年

彦島幼稚園開設。


昭和七年 1932年

公益質屋開設。

武者田に塵芥焼却場竣工。


昭和八年 1933年

下関市に合併。


昭和九年 1934年

彦島上水道通水開始。


昭和十一年 1936年

関門鉄道トンネル起工。


昭和十三年 1938年

彦島高等小学校を現在の彦島中学校の地に独立設置。


昭和十六年 1941年

関門鉄道トンネル貫通。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/10 Tue. 09:46 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

10

彦島の年表14 

彦島の年表14

大正十年 1921年

町制施行、彦島町となる。


大正十一年 1922年

六連小学校を廃し、彦島尋常高等小学校の分教場とする。

絞に町営火葬場完成。

彦島町教育会設立。

西山にクロード式窒素(株)設立。

彦島第二小学校、現在の江の浦小学校の地に新築移転。

日東製氷、江の浦工場冷凍庫竣工。


大正十四年 1925年

彦島自動車商会設立(海士郷ー江の浦ー福浦)定期乗り合いおよび貸切。

西楽寺、堂宇改築。

大正十五年 1926年

鈴木商店、第一窒素工業(株)を設立、クロード式窒素(株)を継承。

工業補修学校、青年訓練所開設。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/09 Mon. 11:26 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

09

彦島の年表13 

彦島の年表13

大正元年 1912年

関門汽船(株)、唐戸ー江の浦ー弟子待ー大里の巡航渡船就航。

彦島道路工事着工。

海士郷ー竹崎間渡船、村営となる。


大正二年 1913年

巌流島に灯台点灯。


大正三年 1914年

彦島に公立職業紹介所設置。

三菱船舶部、彦島造船所を建設。


大正五年 1916年

日本金属(株)彦島精錬所建設。

中部鉄工所設立。


大正七年 1918年

彦島坩堝(株)設立。

彦島実業補修学校創立。

與治兵衛ケ瀬を爆破除去。

江の浦座竣工。


大正九年 1920年

林兼商店、冷蔵庫建設。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/08 Sun. 11:17 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

08

彦島の年表12 

彦島の年表12

明治四十年 1907年

彦島尋常高等小学校、現在地に新築移転。

彦島第二尋常小学校設立。

福浦郵便局、和文電信取扱開始。


明治四十二年 1909年

役場庁舎竣工。

彦島村の五地区と六連島の漁業組合が統合、彦島村漁業組合設立。

彦島村信用組合設立。

六連税関監視所を設置。

竹の子島灯台が完成。


明治四十三年 1910年

彦島青年団創設。


明治四十四年 1911年

彦島船渠(株)設立。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/07 Sat. 11:59 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

07

彦島の年表11 

彦島の年表11

明治二十二年 1889年

市町村制施行、彦島村となる。


明治二十七年 1894年

彦島村が委託で海士郷・伊崎間の渡船を開始する。

江の浦に検疫所を設置。


明治三十一年 1898年

江の浦海岸の埋め立て完成。


明治三十二年 1899年

彦島全島を要塞地帯に編入。

六連島に検疫所を設置。


明治三十五年 1902年

島内の五部落と六連島に漁業組合設立。


明治三十七年 1904年

福浦に家畜検疫所を設置。


明治三十八年 1905年

大日本人造肥料、福浦に工場建設。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/04 Wed. 11:07 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

04

彦島の年表10 

彦島の年表10

明治七年 1874年

志磨・富観・迫西・田の首・竹の子島の五小学校を開設。


明治九年 1876年

六連島小学校を開設。


明治十年 1877年

西楽寺、西南戦争の傷病兵を収容する臨時病院となる。


明治十六年 1883年

彦島が赤間関区に編入される。


明治十九年 1886年

志磨小学校に他の小学校を併合、他は逐次分校または廃止となる。


明治二十一年 1888年

本村棚田に志磨小学校新築移転。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/03 Tue. 12:25 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

03

彦島の年表9 

彦島の年表9

慶応元年 1865年

五卿、下関から太宰府に落ちる途中、福浦に一泊する。

長府藩、下関・彦島沖の測量を行う。


慶応二年 1866年

彦島・赤間関の兵が海峡通過の船を検査する。


慶応三年 1867年

高杉晋作、新地林邸において死去。満二十七歳。


明治三年 1870年

海賊に備えて赤間関・彦島に警備兵を置く。


明治四年 1871年

廃藩置県により彦島は豊浦県に属す。

六連島灯台が完成する。


明治五年 1872年

明治天皇西国巡幸。
六連島灯台を視察される。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/10/02 Mon. 13:33 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

02

彦島の年表8 

彦島の年表8

嘉永二年 1849年

七月に吉田松陰が藩命により引島の台場を巡察する。


嘉永六年 1853年

竹の子島、蓋井島に砲台を築造する。


安政元年 1854年

引島の砲台で試射を行う。


安政二年 1855年

引島で農民130人の教練を行う。


安政三年 1856年

六連島の妙好人お軽同行、死去。


文久三年 1863年

山床・六連島・蓋井島などにある唐船打ち払い用の古塁を廃し、新たに要害を選んで新鋭の大砲を備える。


元治元年 1864年

三条実美ら五卿、福浦、弟子待などの台場を巡察。

四カ国連合艦隊、彦島の山床、弟子待の砲台を攻撃し、砲を略奪する。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/09/28 Thu. 15:40 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

28

彦島の年表7 

彦島の年表7

享保二年 1717年

異国船六連島に来泊。
長府・小倉・福岡各藩協力して追い払う。


享保三年 1718年

引島・六連島など六ヶ所に砲台を築く。


享保六年 1721年

長府藩家臣細川志津満ら数十名検地のため来島。
長江浦を名合浦、江合の浦を江の浦、小福浦を福浦、山の尾を山郷、伊佐木の浦を伊佐浦、麻植山を老の山とそれぞれ改称する。


明和四年 1767年

幡生八幡の分霊を勧請し、六連島八幡宮を創建する。


享和元年 1801年

六連島の「お軽」誕生。
のち浄土真宗の「妙好人伝」にお軽同行としてあがめられる。


文政三年 1820年

竹の子島に金刀比羅神社を讃岐から勧請する。


文政十三年 1830年

福浦甲山に忌宮末社金刀比羅神社を勧請する。
福浦金刀比羅神社境内に小田南核、富観台之記碑を建立。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/09/27 Wed. 11:05 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

27

彦島の年表6 

彦島の年表6

寛永六年 1629年

六連島に肥やし網(イワシの地引)漁法起こる。


寛永十五年 1638年

西国より海賊が横行し略奪。彦島の人々が本土下関へ移住する。


寛文二年 1662年

専立寺本堂建立される。


元禄二年 1689年

勝安寺が引島から豊前田に移る。


元禄四年 1691年

藩主、中国九州地区など碁打ち二十四人を招き、引島小戸で碁会を催す。
これが六夕囲碁の始まりである。


享保元年 1716年

六連島に寧波船漂着。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/09/26 Tue. 11:09 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

26

彦島の年表5 

彦島の年表5

天正九年 1581年

六連島に西教寺建立される。


文禄元年 1592年

豊臣秀吉御座船日本丸、関門海峡の瀬で遭難。
彦島より小舟十二隻をもって援助。
秀吉報奨として金十貫を下賜する。


慶長元年 1596年

豊前国小倉城主、細川忠興家老有吉主膳ら二十名、検地のため来島。


慶長七年 1603年

毛利秀元長府入府。
毛利勘解由ほか九名来島。


慶長十七年 1612

宮本武蔵、佐々木小次郎、舟島において試合。
小次郎敗れる。


元和六年 1620年

長府藩主毛利秀元、小倉藩主細川忠利と議して長府領の文字ケ関と小倉領の彦島とを交換し、彦島の名を引島と改める。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より

Posted on 2017/09/25 Mon. 10:49 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

25

彦島の年表4 

彦島の年表4

弘安9年 1286年

第四代河野通久を総領と定め、分家権之進、久之進、幸之進、通之進の四家をもって永代、東西南北の核組に分かち、その畔頭と定める。


正和二年 1313年

彦島八幡宮を宮の原に建立、光格殿より御神体を移す。
彦島八幡宮サイ上がり神事の始まり。


元中八年 1391年

田の首八幡宮創建される。


天文十二年 1543年

河野光右衛門庄屋を仰せつけられる。


天文十七年 1548年

海賊が来襲し、島民伊崎などに移転するもの多し。


天文二十一年 1552年

大内義長、劍二腰を彦島八幡宮に寄進。


古老が語る郷土の今昔「ひこしま発展誌」より 

Posted on 2017/09/24 Sun. 10:56 [edit]

category: 彦島の年表

TB: --    CM: 0

24