03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部

かった
 借りた。

がっちんこ
 頭と頭を鉢合わせすること。

かっぺき
 家の周りの生垣や擁壁。
 家の近くの小さな森や林。

かっぽん
 駒下駄。女の子のぽっくり下駄。

がてら
 ついでに。

かてん
 勝てない。叶わない。

かど
 家の前の庭。

がと
 ほど。

かな
 (語尾)…かな。
 念を押す時。

かなぎらす
 金切り声をだす。叫ぶ。泣きわめく。

かなぐる
 かじりつく。

がに
 蟹。

かねしゃ
 茅や藁を円く編んで頭に乗せカネリの桶の台座にすること。

かねり
 頭に野菜や桶などを載せて売り歩く女の行商人。
 頭に乗せる桶。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/28 Fri. 10:00 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

28

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部

かたに
 天秤棒の片方で担ぐくらいの軽い荷。

かたはし
 もう一方の。

かたひなか
 1日の半分。半日。

かたへら
 片一方。

かたまる
 集まる。
 まとまる。

かたみち
 どっちみち。いずれにしても。
 執拗な。

かたらう
 一緒に。
 相談する。

かたる
 歌を唄う。
 音頭をとる。
 だます。

かたろー
 一緒に。
 相談する。

かちあう
 出会う。鉢合わせする。

かつえど
 空腹に悩む人。飢えた人。

かつがつ
 どうにかこうにか。かろうじて。ようやく。

かつぎ
 頭に野菜や桶などを載せて売り歩く行商人。

かっける
 走る。駆ける。
 痛む。

かっこ
 下駄。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/28 Fri. 09:38 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

28

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部

かたかた
 左右不揃い。

かたがた
 くれぐれも。
 ついでに。

かたから
 初めから。最初から。
 まったく。全然。

かたぐ
 担ぐ。荷おう。
 人をだます。人をかつぐ。
 人をおだてる。

かたくち
 小さな鰯。
 一方だけ注ぎ口のある陶器。

かたげる
 担ぐ。

かたし
 椿の実。

かたーし
 片足。
 もう一方の。
 片端。
 椿の実。

かたすけ
 肩に当てる布。

かたつぶり
 かたつむり。でんでんむし。
 片目をつむる。

かたつら
 片一方。片側。半面。

かたづる
 偏る。傾く。一方に寄る。

かたでま
 暇を見て。暇な時に。片手間。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/27 Thu. 11:02 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

27

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部

かすれる
 目が疲れてはっきり見えないさま。

かせ
 渡せ。
 海胆。

かせご
 難産の末に生まれた子供。

かぜむき
 風向き。

かせる
 食べさせる。

がそ
 …ほど。

がぞう
 食用のカニ。

かた
 家。
 格好。
 嫁ぐ。

がた
 家。
 格好。
 干潟。
 建て付けが狂う。
 体のあちこちが痛む。
 長患いで不安な時。

かたい
 信用。
 堅実。倹約。
 宵っ張り。
 貞操堅固。
 真面目。

かたいし
 椿の実。

かたお
 かたわ。不具者。身体障害者。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/26 Wed. 10:28 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

26

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部

かけや
 大きな木槌。大きな金槌。

かげら
 かけら。小片。

かけらかす
 走る。走らせる。

かける
 走る。駆ける。カッケルとも、

かげる
 欠ける。割る。

かげん
 病気。病状。

かごむ
 奥へ入る。奥へ引っ込む。隠れる。
 背が曲がる。
 お辞儀をする。

かさ
 腫れ物。おでき。
 梅毒。

かさばる
 かさむ。

かじける
 凍える。かじかむ。

かす
 無駄。無駄な人。
 空くじ。
 水に漬ける。水に浸す。

かずえる
 数える。

かずく
 かぶる。

かすり
 上前をはねること。利潤をとること。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/26 Wed. 09:47 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

26

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部

かかり
 手始め。とっかかり。
 後継。
 構え。

かかりもん
 出費。税金。

かかりご
 後継ぎの男の子。相続人。

かかる
 関わりあう。
 喧嘩で相手に向かっていく。
 試験に合格する。
 引っかかる。
 扶養してもらう。

かがる
 縫う。繕う。
 すすける。
 いぶす。

かきもの
 書類。
 古文書。
 契約書。
 証拠書類。

かぎる
 爪でひっかく。
 小さく砕く。

かく
 田を耕す。
 粉をかき混ぜる。
 褌を締める。
 荷を担ぐ。

かぐ
 割る。欠ける。

かくい
 囲い。堀。
 四角なもの。

かぐる
 ひっかく。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/25 Tue. 10:06 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

25

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部

がい
 とても。非常に。甚だ。

かいかい
 おでき。腫れ物。
 おかゆ。
 買い物。

かいさ
 さっぱり。皆目。全然。どうも。どうにも。

かいさく
 開作。埋立地。干拓地。

かいさら
 少しも。さっぱり。

かいしょ
 能力。甲斐性。

かいひろい
 貝拾い。潮干狩り。

かえ
 (語尾)…かえ。

かえご
 交換する。取り替えっこ。

かえさら
 さっぱり。

がえんをはる
 我をはる。

かおつなぎ
 紹介する。
 初対面の時の贈り物。

かか
 母。お母さん。
 妻。女房。

がが
 魚の骨。
 蛾。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/25 Tue. 09:03 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

25

下関の方言 か…の部 

下関の方言 か…の部


 (語尾)…か。


 (語尾)…が。
 …ほど。

かー
 (語尾)…かー。

かーかー
 カラス。
 お母さん。

かーくろしい
 塩辛い。
 のどが渇く。

かーら
 瓦。屋根。
 川原。
 小川。
 井戸。

かーらけ
 素焼きの盃。
 陰毛の無い女。

かあい
 かわいい。綺麗。いじらしい。

かい
 (語尾)…かい。

かいい
 かゆい。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/24 Mon. 10:31 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

24

下関の方言 お…の部 

下関の方言 お…の部

おもし
 漬物石。
 文鎮。
 おもり。

おもて
 前庭。玄関。玄関先。
 座敷。客間。
 顔。面。
 能面。
 戸外。

おもやい
 もやい。共同で使うこと。

おやかましい
 面倒をかけた。
 お邪魔しました。

おゆるしなんせー
 許してください。ごめんなさい。

およがす
 おだててうまく利用する。

おらぶ
 叫ぶ。大声で怒鳴る。

おらん
 居ない。死ぬ。

おりや
 住居。

おりゃー
 俺は。私は。

おりょー
 あらまあ。おやまあ。

おれる
 折れる。
 折り合う。和睦する。
 納まる。

おろす
 篩で粉をおろす。
 大根をおろす。
 子供を流産させる。
 人にケチをつける。
 新品を使い始める。

おんぼー
 火葬場の番人。
 琵琶法師。

おわえる
 追う。追いかける。

おわえご
 追いかけっこ。鬼ごっこ。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/24 Mon. 10:00 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

24

下関の方言 お…の部 

下関の方言 お…の部

おばち
 魚の尻尾。尾びれ。

おびー
 尼僧。比丘尼。

おひーさま
 お姫様。お嬢さん。
 太陽。お日様。

おびおびする
 びくびくする。恐れおののく。

おひつ
 米櫃。
 鎧櫃。

おひどうさん
 ご苦労様。お疲れ様。

おびん
 小娘。やんちゃ娘。

おへや
 隠居部屋。
 隠居した老人。

おべん
 お世辞。おべっか。

おまえ
 座敷。表座敷。

おみや
 足。

おめこ
 女陰。
 性交。

おもいで
 思い切り。
 大変。非常に。

おもえ
 意味を強めるために語尾につける。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/23 Sun. 11:14 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

23

下関の方言 お…の部 

下関の方言 お…の部

おとこむすび
 作った輪の中に紐の端を通して引っ張る結び方。

おとさん
 お父さん。

おどし
 案山子。鳴子。

おとつい
 おととい。一昨日。

おとと
 お父さん。

おとど
 男の兄弟。

おとなしい
 静かな。
 温和な。
 やさしい。
 地味な色。

おどま
 私。自分。
 私たち。我々。

おとりこし
 仏事。在家の報恩講。

おどれ
 貴様。オドリャーとも、

おとろしい
 恐ろしい。怖い。

おとんぼ
 末っ子。

おないどし
 同じ年。

おなごし
 女中。女の手伝い人。女性労働者。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/22 Sat. 10:15 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

22

下関の方言 お…の部 

下関の方言 お…の部

おついのみ
 おつゆの実。具。

おついこー
 お世辞。おべんちゃら。お追従。

おつくり
 刺身。

おつけ
 おつゆ。汁。吸い物。

おっちゃーた
 おられた。御在宅でした。

おっちけ
 まもなく。やがて。続いて。

おってじゃった
 おられた。御在宅でした。

おてつく
 落ち着く。
 頭痛腹痛が治る。
 世帯を持つ。

おと
 手紙。便り。音信。通信。

おとがい
 顎。

おとこ
 小間使いの男。下男。
 床の間。
 寝床。

おとこおんな
 おてんばな女。男勝り。

おとこし
 男性。下男。

おとこじり
 尻からげ。尻端折り。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/22 Sat. 09:27 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

22

下関の方言 お…の部 

下関の方言 お…の部

おそおしい
 恐ろしい。こわい。
 よそよそしい。

おそぎり
 昼を過ぎても晴れない霧。

おそそ
 女陰。
 性交。

おそわれる
 悪夢にうなされる。

おだつ
 肩こりがひどくなる。腫れ物が疼く。

おだん
 私。自分。俺。

おたんちん
 阿呆。間抜け。馬鹿。

おつかい
 買い物。届け物に行く。
 祭りや行事の案内人。

おちゃ
 間食。おやつ。
 休憩。一服。

おちゃっぴー
 小娘。おてんば娘。やんちゃ娘。おきゃんな娘。

おちゃとう
 仏前に供える茶の湯。茶の湯。

おちびより
 雨模様。天気が下り坂。

おちょくる
 からかう。セガウとも、

おちる
 ご飯を釜から米櫃に移す。

おつい
 おつゆ。汁。吸い物。味噌汁。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/21 Fri. 10:00 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

21

下関の方言 お…の部 

下関の方言 お…の部

おこり
 怒れ。
 叱り。叱ってください。
 熱のためによる悪寒。

おごる
 怒る。叱る。
 騒ぐ。ふざける。

おこわ
 餅米を蒸した飯。
 ああおそろしい。

おさら
 お手玉。オジャミとも、

おさらい
 稽古。練習。
 勉強。宿題。

おしこみ
 押入れ。戸棚。

おじぶん
 食事時。

おじや
 雑炊。味噌を入れたお粥。

おじゃみ
 お手玉。

おす
 船を漕ぐ。絽を漕ぐ。

おすえる
 教える。

おせ
 大人。成人。
 立派。青年。

おせぶる
 大人ぶる。

おせらしい
 大人びた子供。

おそえる
 教える。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/21 Fri. 09:39 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

21

下関の方言 お…の部 

下関の方言 お…の部

おき
 炭火。

おきだ
 置き石。夕涼み台。

おきゅうど
 おきゅうと。

おきんたま
 へつらう。おべんちゃら。

おく
 やめる。中止する。手を休める。
 残す。

おくれ
 下さい。

おげ
 苔。黴。

おけんたい
 当然という顔をしているさま。自分のもののように振る舞う。

おご
 海藻の一種。

おごーさん
 奥さん。

おこし
 腰巻。
 ダルマ。
 盃。
 来る。いらっしゃい。

おこぜ
 毒針を持った魚で味噌汁にすると美味い。

おごれんさん
 良家のお嬢さん。若奥さん。奥さん。

おこらえね
 許してください。
 我慢しなさい。

おこらえた
 怒られた。叱られた。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/04/20 Thu. 10:56 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

20