07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関の方言 め…の部 

下関の方言 め…の部

めしつぎ
 飯びつ。
 しゃもじ。
 旅館などの女中。

めじな
 目つき。

めしょーがつ
 見て楽しむ。

めたたき
 瞬き。

めだち
 春の若葉や若芽の出る季節。
 初潮前後の娘。

めったやたら
 いくらでも。無制限。

めっちょー
 小娘。

めつっぱり
 欲張り。

めつんぼ
 盲目。

めとんぼ
 目くら。
 計画性のない人。

めのは
 ワカメ。

めぼ
 ものもらい。

めめ
 目。
 いけません。

めめよ
 …してはダメよ。

めら
 女。

めらんかお
 知らぬふり。

めんたし
 ありがとう。
 前を失礼。

めんたま
 眼球。

めんずこんず
 何もかも一緒にしてしまうこと。

めんどう
 無理を言った。
 お世話になりました。

めんどうしい
 面倒な。

めんぼう
 目の細い人。

めんめ
 私。自分。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/24 Thu. 10:17 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

24

下関の方言 め…の部 

下関の方言 め…の部

めー
 …してはだめよ。

めーあん
 名案。

めーめ
 お前。
 俺。

めーめー
 各自。自分自分。

めいめん
 自分。

めがす
 壊す。割る。

めきい
 めっきり。
 急に。

めぐ
 壊す。割る。砕く。

めくされ
 目の悪い人。

めくそ
 目ヤニ。
 ほんの少し。

めげる
 壊れる。

めご
 かご。ざる。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/23 Wed. 11:28 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

23

下関の方言 む…の部 

下関の方言 む…の部

むさい
 長持ちがする。

むさぶりつく
 うるさくつきまとう。

むしけ
 癇癪。

むしょ
 墓地。

むしん
 頼みごと。お願い。

むせる
 蒸しあがる。
 喉に詰まる。

むなおち
 鳩尾。

むねがわるい
 胸くそが悪い。腹が立ってならぬ。

むりい
 無理に。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/22 Tue. 11:19 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

22

下関の方言 む…の部 

下関の方言 む…の部

むいに
 むげに。

むえる
 暑い。蒸し暑い。

むかう
 反抗する。手向かいする。

むかぜ
 ムカデ。

むかば
 前歯。

むがむほう
 無茶苦茶。

むき
 好み。
 希望。
 本気。
 立腹。

むぎこ
 麦の粉。

むぎめしのき
 馬酔木。

むくばる
 痛みによって腫れる。鈍痛。

むごい
 ひどい。残酷な。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/21 Mon. 15:05 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

21

下関の方言 み…の部 

下関の方言 み…の部

みなあみな
 皆がみんな。全部が全部。

みにならん
 落ち着いてできない。
 何を食べているかわからない。
 美味しくない。

みば
 見栄え。

みみ
 針の穴。

みみをふく
 内緒話。
 そっと知らせておく。

みみたぼ
 耳朶。

みみど
 針の穴。

みみのす
 耳の穴。

みやがらす
 宴会などで最後の一人になるまで残って飲んでいる人。

みやこぐさ
 ゲンノショウコ。

みやす
 めやす。目処。

みやすい
 やさしい。たやすい。

みやわす
 やめる。中止する。

みんがほとけ
 見ぬうちが花。

みんこう
 見ないまま。

みんごと
 見ないように。目につかないように。

みんまに
 見ないうちに。

みんものきよし
 見ぬものきよし。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/21 Mon. 10:07 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

21

下関の方言 み…の部 

下関の方言 み…の部

みそ
 べそ。

みそおけ
 出不精者が珍しく外出すること。
 田舎者の都会見物。

みそくそ
 悪口。コテンパン。

みそしる
 濃霧。

みたい
 …のように。…のような。

みたて
 葬式。
 診断。

みたもない
 みっともない。恥ずかしい。
 見たくない。
 二度と見たくない。

みちをあける
 花嫁の挨拶回り。
 花婿の挨拶回り。

みちがあいた
 花嫁や入り婿の挨拶回りが済んだ。

みてくれ
 外観。格好。

みてる
 なくなる。終わる。

みと
 田の水口。

みど
 溝。
 針の穴。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/20 Sun. 14:52 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

20

下関の方言 み…の部 

下関の方言 み…の部


 見なさい。
 試してごらん。

みい
 見なさい。
 試してごらん。
 竹かごの一種。

みいな
 みんな。全部。

みお
 船の航行に適した海の水路。

みけん
 家柄。家名。

みして
 見せて。

みしる
 むしる。むしり取る。

みしろ
 むしろ。

みす
 簾。

みずがあわん
 離婚。

みせえ
 見せなさい。
 貸せ。

みせぶらかす
 見せびらかす。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/19 Sat. 14:52 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

19

下関の方言 ま…の部 

下関の方言 ま…の部

まよーしにあわん
 とうてい間に合わぬ。

まるきり
 全然。まるで。

まるぼし
 大根を丸のまま干した物。

まるむし
 ゾウリムシ。

まろーと
 目にできる腫れ物。ものもらい。

まわりまんぼ
 あちこち。どこもかしこも。
 順番

まん
 運。巡り合わせ。

まんくそ
 運。
 不運。
 気分。

まんぐり
 都合。やりくり。
 盗む。隠す。

まんなおし
 厄落とし。厄払い。

まんま
 そのまま。
 そのとおり。
 ご飯。

まんまさん
 仏様。仏壇。寺院。

まんまんあっ
 南無阿弥陀仏。

まんまんこ
 ままごと。

まんまんさん
 仏様。

まんみ
 大うそつき。

まんやく
 大厄。

まんやみ
 真っ暗闇。

まんり
 非常に長い道のり。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/18 Fri. 10:28 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

18

下関の方言 ま…の部 

下関の方言 ま…の部

まどうもの
 悪い人。

まどえ
 償え。

まなか
 半間。

まひげ
 眉毛。

まひょーし
 到底間に合わぬ。
 てんで役に立たん。

まぶりつく
 縋りつく。
 まとわりつく。
 塗りつける。

まぶれる
 まみれる。

まま
 ご飯。

ままこ
 遊びの仲間に入れてもらえない子。

まめ
 元気。達者。
 お大事に。
 器用。
 女陰。

まめおとこ
 女の子たちに混ざって遊ぶ男の子。

まめのこ
 大豆のこな。きな粉。

まやい
 暇。

まよー
 迷う。

冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/17 Thu. 10:18 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

17

下関の方言 ま…の部 

下関の方言 ま…の部

またげる
 跨ぐ。

まち
 畠の一区切り。

まちっと
 も少し。もうちょっと。

まちば
 街中。市街地。商店街。

まっさら
 真新しい。新品。

まつだいもん
 末代もの。

まっちゃれ
 待ってやれ。

まっちょくれ
 待ってください。

まっつい
 同じ。

まっつじ
 山のてっぺん。峠の頂上。

まっと
 もっと。まだまだ。

まっとー
 正直。真面目。

まつわら
 松原。

まどう
 弁償する。償う。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/16 Wed. 11:02 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

16

下関の方言 ま…の部 

下関の方言 ま…の部

まえだれ
 前掛け。エプロン。

まえる
 参る。参詣。

まえん
 家計が苦しい。
 仕事がうまく行かない。
 仕事が忙しい。

まがりど
 曲がり角。

まくじ
 目ヤニ。

まくじら
 目くじら。

まくばる
 配る。

まぐれる
 紛れる。

まける
 かぶれる。
 値引き。

まけんしょ
 負けん気。

まじろむ
 まどろむ。うたた寝。

まぜくる
 混ぜる。引っ掻き回す。

まぜめし
 かやく飯。五目飯。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/14 Mon. 12:42 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

14

下関の方言 ま…の部 

下関の方言 ま…の部


 時間。
 もう一度。
 運。

まー
 まあ。
 しないだろう。
 しないよ。

まーが
 ないであろうが。

まーす
 回す。

まーで
 ないだろうよ。

まーま
 カタツムリ。

まーり
 周り。近所。

まいまいこ
 カタツムリ。

まう
 よく働く。
 順調。
 目が回る。

まえがしら
 前髪。額。

まえがみ
 丁稚。奉公人。

冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/13 Sun. 11:49 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

13

下関の方言 ほ…の部 

下関の方言 ほ…の部

ぼんとんぼ
 赤とんぼ。

ほんに
 本当に。

ほんにほんに
 そうだそうだ、

ぽんぽら
 節を抜いた竹の筒。

ほんま
 本当。

ほんや
 母屋。

ほんやね
 瓦葺の屋根。

ぼんれい
 盆の里帰り。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/12 Sat. 10:58 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

12

下関の方言 ほ…の部 

下関の方言 ほ…の部

ほれやす
 気が変わりやすい。人に惚れやすい。
 なんでも欲しがる。

ほらまん
 幸運。

ぼろ
 失敗。
 不手際。
 自分の内面。

ぼろきち
 フクロウ。

ほろける
 ほどける。
 落ちる。

ほろせ
 湿疹。蕁麻疹。

ほろほろ
 愚痴を言う。

ほん
 本当に。
 とても。大変。

ぼんくう
 ボンクラ。阿呆。

ほんこほんこ
 赤ん坊を大切に可愛がっている様子。

ぼんちゃん
 坊や。

ほんど
 表戸。
 雨戸。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/12 Sat. 10:19 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

12

下関の方言 ほ…の部 

下関の方言 ほ…の部

ほたえる
 ふざけて騒ぐ。

ほたに
 大根や人参の丸煮。
 ぐつぐつ煮詰めること。

ほたるぐさ
 ツユクサ。

ほっかり
 落胆。気落ち。
 安心。安堵。

ほとくら
 懐。

ほとばかす
 ほとびらせる。

ほとぶる
 ふやける。

ほとほり
 世間の好奇な目。関心。

ほねがましい
 小骨の多い魚。
 理屈の多い人。

ほねなし
 信念のない人。

ぼぼ
 女性性器。
 性交。

ほめく
 ほてる。熱がある。

ほやけ
 皮膚にできる赤や黒の斑点。

ほり
 庭園の池。

ほりきり
 掘割。


冨田義弘著「下関の方言」赤間関書房刊より

Posted on 2017/08/11 Fri. 09:57 [edit]

category: 下関弁辞典

TB: --    CM: 0

11