07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関観光検定089 

【質問】

下関市彦島の生まれで、映画で活躍、のちにテレビにも出演、また広告界に進出した俳優のさきがけにもなった女優がいました。
戦前から戦後にかけて活躍したこの女優は、保護司としても活動、さてだれでしょうか。

【答え】

小暮実千代

【解説】

小暮実千代は、下関市彦島福浦町生まれ。
梅光女学院、日大芸術学科卒業。
昭和13年に松竹大船撮影所に入社「愛染かつら」で映画デビューしました。
個性的な美女として活躍。
戦後は「青い山脈」「自由学校」など300本以上の映画に出演。
後テレビにも出演。また広告界に進出した俳優のさきがけで「マダム・ジュジュ・クリーム」や「サンヨー夫人」のコマーシャルは有名。
昭和30年から戦災孤児のボランティア活動をはじめ、昭和48年からは女優では初めての保護司として活動。
平成2年に72歳で亡くなりました。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行

Posted on 2019/07/17 Wed. 10:05 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

17

下関観光検定088 

【質問】

下関に生まれ、日本を代表する大女優となった田中絹代ですが、七歳で大阪に移り住むまで通っていた小学校の名称はなんでしょうか。

【答え】

下関市立王江尋常小学校

【解説】

大正5年、絹代は下関市立王江尋常小学校に入学しましたが、経済的な理由により翌年には、母ヤスの実兄の住む大阪天王寺に移ることになりきした。
現在、田中絹代が二年生一学期まで在籍した王江小学校図書館には、「田中絹代コーナー」が設置されています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行

Posted on 2019/07/16 Tue. 11:39 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

16

下関観光検定087 

【質問】

佐々部清監督の下関が舞台の作品の第一弾は「チルソクの夏」で、日韓の高校生の陸上部員の淡い恋を描いた作品です。
題名のチルソクは韓国語ですが、何を意味しているでしょうか。

【答え】

七夕

【解説】

下関出身の佐々部清監督の下関の映画第一弾は「チルソクの夏」です。
この映画はまた、下関フィルムコミッション第一回支援作品でもあります。
関釜親善陸上競技大会で出会った釜山の男子高校生と下関の女子高生の淡い初恋を描いたこの作品は、純粋で切ない初恋の想い出を呼び覚まし感動が下関から全国へ広がった作品です。
タイトルのチルソクは韓国語で七夕のことです。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行

Posted on 2019/07/14 Sun. 10:07 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

14

下関観光検定086 

【質問】

旧不動貯蓄銀行下関支店は、昭和9年に建てられましたが、当時非常に珍しい建物でした。
その理由は何でしょうか。

【答え】

免振構造

【解説】

旧不動貯蓄銀行下関支店は、昭和9年に南部町に建てられました。
建物は鉄筋コンクリート造り地上三階、地下一階建て、この建物は全体的には重厚な印象の建物ですが、当時では非常に画期的な基礎部分に「免振構造」が採用されています。
この建物は、現存する世界初の実用免振建物であるといわれています。
現在は、山口県労働金庫下関支店となっています。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行

Posted on 2019/07/13 Sat. 11:14 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

13

下関観光検定085 

【質問】

阿弥陀寺町の海峡が一望できる小高い丘の上に、昭和初期に建てられた鉄筋コンクリート造り三階建ての白亜の建物があります。
この建物は現在記念館となっていますが、なんの記念館でしょうか。

【答え】

藤原義江記念館

【解説】

阿弥陀寺町の海峡が一望できる小高い丘の上に、鉄筋コンクリート三階建ての白亜の建物があります。
これは英国系商社ホーム・リンガー商会の代理店として設立された瓜生商会が、社長の息子であるM・リンガーのために建てた住宅です。
建設は昭和11年。その後、瓜生商会支配人宅などとして使用されましたが、昭和53年以降、日本にオペラの基礎を創りあげた藤原義江に関する資料を公開する「藤原義江記念館」として使われています。
これは藤原の父であるN・B・リードが明治・大正期、瓜生商会の支配人をしていたことによります。


関門海峡歴史文化検定問題集より 下関商工会議所発行

Posted on 2019/07/12 Fri. 09:42 [edit]

category: 下関観光検定

TB: --    CM: 0

12