04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

彦島のけしき

山口県下関市彦島から、風景・歴史・ものがたりなど…

下関駅と壁画 

下関駅と壁画

駅はその町の顔。
駅はその土地の玄関だという。
とすれば下関駅は、下関の顔であり、そして玄関でもある。

他に一ノ宮地区には山陽新幹線の新下関駅もあるが、ここは在来線の下関駅について書こう。

山陽本線の前身、山陽鉄道が厚狭から赤間関市まで全線開通したのは明治三十四年五月で、その時、赤間関駅も同時に開業した。
それは、まもなく下関駅と改めることになるが、今の西細江の海岸沿いに門司港駅によく似た駅舎が建っていた。

わが国最初の展望車付きの特急列車もこの駅を基点として走り、関門連絡船や関釜航路の乗客もこの駅に足跡を残した。
下関駅は本州最西端の終着駅であると同時に九州への橋渡しと、大陸への玄関口として華やかな四十余年を過ごした訳であった。

その下関駅が西細江から現在地に移ったのは関門鉄道トンネル開通の昭和十七年秋。
そして駅移転の日から下関駅は「新駅」、西細江の跡地は「旧駅」とそれぞれ呼び分けられることになる。

海底トンネルは、下関・門司間を西日本における電化第一号で結んだ。
だから人々は電気機関車のピーッと鳴らす警笛を珍しがって、わざわざその音を聞きに出かけたものであった。

また新駅は、戦時中の完工にもかかわらず構内の主要な箇所はもとより、ホームの洗面所や便所にまで大理石をふんだんに使って話題をまいた。
さらに豪華な一、二等待合室と広大な三等待合室はこの駅の自慢でもあった。

今、下関駅の中央部にある名店街は、三等待合室の約七十パーセントをつぶして充てたものである。
一、二等待合室も当時に比べればいくらか狭くなっているが、ここには大きな壁画があった。
確か大東亜共栄圏を描いた地図であったような気がするが、今ではそれを見ることはできない。

壁画といえば、駅の日本食堂に関門トンネル掘削工事のたくましい絵がある。
縦約二メートル、横約一メートル五十で、あまり大きくはないが、おでん売り場の湯気に当てられながら食堂のお客を見下ろしている。

素掘りのトンネル内で膝をついて、削岩機を操る工夫と、つるはしを握った二人の男、それにおそらくこれもドリルを使っている後ろ向きの二人の力強い姿が壁に浮き出ている。

トンネル工事は昭和十一年九月の起工で十四年四月に豆トンネルが貫通し、十六年七月には本トンネルが通じた。
そして公式に運転営業を開始したのは十七年十一月十五日であった。

しかし、その時はまだ単線で、そのまま工事を続けて複線になったのは十八年十二月三十日だが、起工から約四年八ヶ月の間に延べ三百四十七万人作業員が従事し、三十四人の殉職者がでた。
その慰霊碑は彦島の関門トンネル入り口に立てられているが、シーズンには河豚刺しが食べられると評判の日食の壁画を鑑賞しながら当時の難工事に想いを馳せるのも意義がある。

また、この絵の右側にもかなり大きな壁画があったと記憶するのだが、二、三の日食従業員に訊ねても覚えていないという。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房

Posted on 2017/05/24 Wed. 10:53 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

24

赤間関・馬関・下関 

赤間関・馬関・下関

本州の最西端、三方を海に面しているせいか海岸線の長さは日本一と言われる下関は、人口約二十七万、中国地方では広島、岡山に次ぐものの、中程度の上位にランクされる都市。
といっても、明治二十二年、わが国に初めて市制が布かれた時にはその仲間に入っていたから、日本で一番古い都市の一つだと言うこともできる。

昔は、赤間ヶ関と呼んだ。
赤目の魚がいたからだとか、赤馬の関だとか、海の汐水、つまり閼伽だとか、その由来は諸説分分。
赤目の魚は鯛のことで、赤馬は大きな船という意味だが、ここでは詮索はすまい。

幕末になって赤間ヶ関は何故か、馬関と呼ばれるようになる。
赤間ヶ関とか赤馬が関と書いていたものを、六字から三字の呼び名に縮めてしまう感覚は、現代の若者に通じるものがある。
それは永い鎖国の夢がようやく覚めかけた頃でもあった。

この馬関の呼び名は、テレビや小説で馴染み深いが、演ずる役者たちは必ずと言ってよいほど、馬関のバにアクセントを置く。
テレビを見ていてこれほど不愉快なことはない。
自分の住んでいる土地がとんでもない語調で呼ばれたりすれば、そのドラマ内容が薄っぺらなものに見えてくるのは当然だろう。

馬関は、どこにもアクセントを置かないバカンである。
つまり馬関戦争とか馬関海峡と呼ぶ場合と同じ調子のバカンで発すれば、地元の人々も満足してくれる。
馬関という呼称は現在でも下関の旧市内以外の山村漁村地域の古老の間で生きていて「明日は馬関に行ってくる」という会話もしばしば聞かれる。
かえって馬関に住んでいる下関市民のほうが、バカンの存在をすでに忘れかけているのかもしれない。

ところで下ノ関という呼び名も本当は、かなり古いが赤間関市を改めて正式に市の名称を下関市としたのは明治三十五年のことである。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房

Posted on 2017/05/23 Tue. 10:33 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

23

ぶらり歩けば 

ぶらり歩けば

日曜日…多くの人が街にあふれる。
デパートやスーパーはふくれあがり、駅には人の波が高くうねる。
お隣の町、小倉や黒崎、博多にまで買い物に出かける人、リュックを担げば九州にしか山はないとでも言いたげな足取りで闊歩する人、遊園地や温泉などの観光地めざしてうきうきと改札口を走り抜ける人、人、人、
いつの頃からか、私たちはレジャーに踊らされるようになった。

日曜日…。
出かけるには些か億劫だし、それに金もない。
中にはそんな人もいる。
何の目的もなく雑踏に紛れ込んでうろつき、ただ時間を潰して帰ってくる。
そんな人もいるに違いない。

日曜日だから…。
どこかへ出かけなければ気が済まないという子供が、近頃は多いという。
子供同士で遊ぶ方法を知らない現代っ子たちは休日を待ちかねて、デパートや行楽地へ「行こうよ」「連れてってよ」と親にねだる。
パパゴン、ママゴンと呼ばれる親たちもまた、子供達を放任することが出来ず、急に相互を崩して一緒に出かけることになる。

日曜日…。
前夜から降り続いていた雨が昼過ぎに上がる。
新聞を隅々まで読み尽くして、あとは何をするでもなく退屈を囲っていた顔が、からりと晴れた青空を見上げて明るくなる。
だが、もう改まって出かけるような時間ではない。
そんな時、下駄をつっかけてぶらっと歩く近くの小路や小丘を歩いてみる気にはならないものか。

すみからすみまで、下関のことは何でも知り尽くしているという人は多い。
しかし、そんな人は大抵、赤間神宮、住吉神社、功山寺、水族館などを頭に描いているだけに過ぎない。

パンフレットで紹介され、絵葉書で売り出されたそれらも、下関の一つの顔であろう。
常に上品ぶって心の内奥を見せてくれない他所ゆきの顔だ。
だが、本当の姿はそんなところになんぞあろうはずがない。

下関の、もっとも下関らしい顔は、街を歩いていてふと眼に止まった路地に何気なく入ってみることにより接することができる。

一人通れば、野良犬でさえも避けなければならないほど狭い急坂を登ってみよう。
石垣の途切れたあたりに遠く海峡の波が光っていたりすると、私たちは永い間忘れていた下関の生き様をそこに見る思いがするに違いない。

ベンガラ色の出格子のそばに昔ながらのお地蔵さんが新しいよだれ掛けを貰って嬉しげであったり、響灘に落ちる太陽が真っ紅に染まってくるくる回るさまが谷あいの家並みを通して眺められたり、思わぬところに素晴らしい風景が私たちのまわりにはあるものだ。

何も考えずに、気軽に歩いてみるのもいい。
お寺の境内に佇んで天を衝くような古木を見上げるのも楽しいだろう。
墓地に入って歴史で名高い人の名前を見出しても、それがどんな人であったかなどは考えまい。

とにかく、自分の住んでいる町を歩くことから始めよう。
何度も何度も、暇をみては歩き続ければ、やがてそれらの路地や神社仏閣についても、いろいろ知りたいと思うようになる。
お墓の人物の事蹟を調べるのは、それからでも良いわけだ。

だから、ぶらたん氏も、むつかしいことはあえて考えず、ひたすら関の町を歩くことにした、とまあこういう訳である。


冨田義弘著「下関駅周辺 下駄ばきぶらたん」
昭和51年 赤間関書房

Posted on 2017/05/22 Mon. 09:39 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

22

女生徒だけの最後の卒業式 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
女生徒だけの最後の卒業式(平成17年)
IMG_3048_201705121119360e5.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:19 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

管弦楽部全国三位 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
管弦楽部全国三位(平成5年)
IMG_3047_20170512111652ca3.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:17 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

グランド斜面工事 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
グランド斜面工事(平成4年)
IMG_3046_20170512111342ab1.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:13 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

遠足 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
遠足(昭和63年)
IMG_3045_20170512111059f81.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:11 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

管弦楽部全国大会 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
管弦楽部全国大会
IMG_3043_20170512110833a4d.jpg

IMG_3044_20170512110835cfa.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:08 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

昭和62年 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
昭和62年
IMG_3040_20170512110540076.jpg

IMG_3041_201705121105428ab.jpg

IMG_3042_201705121105431c7.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:06 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

学級園 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
学級園(昭和61年)
IMG_3039_20170512110311821.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:03 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

南高祭 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
南高祭(昭和59年)
IMG_3038_2017051211002353a.jpg

Posted on 2017/05/12 Fri. 11:00 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

12

昭和58年 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
昭和58年
IMG_3035_20170511113953d88.jpg

IMG_3036_20170511113954514.jpg

IMG_3037_201705111139558db.jpg

Posted on 2017/05/11 Thu. 11:40 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

11

体操部 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
体操部(昭和57年)
IMG_3034_20170511113741ef8.jpg

Posted on 2017/05/11 Thu. 11:37 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

11

昭和54年 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
昭和54年
IMG_3030_20170510130436b00.jpg

IMG_3031_201705101304387f8.jpg

Posted on 2017/05/10 Wed. 13:05 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

10

卒業式 

山口県立南高等学校「百年のあゆみ」より
卒業式(昭和53年)
IMG_3029_2017051012592142b.jpg

Posted on 2017/05/10 Wed. 12:59 [edit]

category: 下関あれこれ

TB: --    CM: 0

10